頑張るシニア応援サイト おとなの安心倶楽部

SECOM 信頼される安心を、社会へ

月刊長嶋茂雄

  • 2012年10月01日 更新

第25回 WBC出場決定に思う国際試合の難しさ

第25回
WBC出場決定に思う国際試合の難しさ

 このオフ、日本の野球ファンが球界にかける夢は、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)3連覇でしょう。
 9月初めにプロ野球選手会が来年3月の第3回WBCボイコットを撤回し、出場を決めました。不参加を表明して1年、9月中旬からはアメリカ・フロリダ州、ドイツ、パナマで予選ラウンド開始です。その寸前の出場決定には、正直ホッとしました。ファンの"無言の熱意"が参加決断をうながしたと思います。

写真:長嶋茂雄氏

 弁護ではありませんが、選手会が出場に抵抗したのはわからないでもありません。WBCは大リーグの「野球を世界のスポーツに」との理想とビジネスが一つになった大会です。選手会はそのビジネス面での是正を求めました。
 野球記者、大リーグ事情通などから聞いた背景を受け売りします。野球の国際試合の難しさがわかっていただけると思います。

世界一を決める大会誕生の背景は

世界一を決める大会誕生の背景は

写真:長嶋茂雄氏
 世界の野球団体を統括する組織に国際野球連盟(IBAF)があります。すべての競技がアマ、プロに分かれていた時代からの組織でアマ野球の団体でした。
 ですから大リーグや日本のプロ野球とは無縁でした。IBAFは長年の働きかけで野球を五輪のメダル競技にしました。しかし、五輪にプロ選手の出場が可能になっても、大リーグはレギュラーシーズンと日程が重なるのを理由に選手を派遣しません。
 国際オリンピック委員会は「トップ選手(大リーガー)が出場しない競技は参加資格なし」と、レッドカードを出しました。五輪を失ったIBAFには、それに変わる国際大会が必要です。そこで昨年、WBCを公認大会とし、「世界一を決める大会」と認定しました。
 五輪に背を向けた大リーグの独自の国際大会がWBCです。大リーグは巨大なビジネス組織ですから、「野球を世界のスポーツに」の理想と共に、商売の面でも抜かりなしです。開催時期をシーズン前の3月にして米国内のビジネスを守り、大会の権益総取り体制を固めて国際化のドアをWBCで開いておいたのです。
 日本の選手会はこの大リーグに偏った運営を正そうとしました。しかし、利益分配など、お金だけを問題にしたように観られ、報じられたのは、マイナス・イメージになりました。
『侍ジャパン』ですから「武士は食わねど高楊枝」のことわざどおり(侍は食事をとらなくても、くわえ楊枝で空腹のそぶりを見せない)やせ我慢をしてほしかった。交渉は水面下でやってほしかったですね。

参加し続けることで真の国際大会に

参加し続けることで真の国際大会に

写真:長嶋茂雄氏
 後知恵になりますが、表に出す問題は、グラウンド内の野球のプレーにかかわる面に絞ったほうがこれまでの2大会で日本ファンを熱狂させて2連覇したチャンピオンの物言いにふさわしかったし、ファンにもわかりやすかったと感じています。
 たとえば審判団。国際試合では参加国から出しあうのが常識ですが、第1回大会は大リーグとその傘下のマイナーリーグのメンバー主力で編成されました。日本の優勝で「アメリカ有利判定。誤審の続出。それでもアメリカは決勝に進めなかった」と地元メディアから酷評され、第2回大会では少数ながら各国審判員が加わりました。おそらく第3回はさらにその範囲が広がるでしょう。
 参加国のユニホームは主催の大リーグからのお仕着せでした。大リーグのライセンス権のためですが、国の代表は自国デザインのユニホームを着るものです。次回の日本はアテネと北京の五輪で日本代表が着た白地に縦じま、日の丸のユニホームの一部デザインをWBC用に変えて着ることになったそうです。
 日本は参加し続けて実績を積み、こうして薄紙を重ねるようにWBCを真の国際大会に近づけていくべきでしょう。
 力の入った話になりましたが、理由があります。
 ロンドン五輪でなでしこジャパンが銀メダルを取りました。その勢いを受けて20歳以下の女子ワールドカップでヤングなでしこが3位です。初戦をテレビで見た記者が「ファームレベル、全国放映に耐える試合ではありません」と厳しい評価をしました。
 ところが3位決定戦の瞬間視聴率は30%とか。「日本シリーズでも出ない数字だぞ」と、私は目を丸くしました。国際試合で勝ち進むことにその競技の未来がかかっているのです。
 ボイコットしたら次のWBC大会は2017年。2回大会から8年間の「鎖国」、ぞっとしました。参加決定は本当に良かった。

  • 2012年10月01日 更新
セコム シニアの安全を考える委員会 著 あなたの親は大丈夫?高齢な親を守る安全生活ガイド

第25回 WBC出場決定に思う国際試合の難しさ

長嶋茂雄さんビッグボード壁紙 デスクトップツール無料配信中!
画像

長嶋茂雄さん 看板豆知識・伝説・語録

 歴代のセコムオリジナル長嶋茂雄さんの看板(ビッグボード)と、それにまつわる豆知識のご紹介や、1957年に通算8本塁打で東京六大学リーグ本塁打の新記録を達成してから現在にいたるまでの、長嶋茂雄さんの伝説「NAGASHIMA Living Legend」と、数々の名言を世の中に送りだしてきた長嶋茂雄さんの名言「伝説の長嶋茂雄“語録”」をご紹介します。

長嶋茂雄さんビッグボード壁紙 デスクトップツール無料配信中!

長嶋茂雄さんビッグボード壁紙プレゼント

 東京ドームに現在掲出している長嶋茂雄さんの看板(ビッグボード)をデスクトップツールにして無料配信中です。

長嶋茂雄さん 看板豆知識・伝説・語録
月刊 長嶋茂雄
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
関連サービスのご案内
関連サービスのご案内
  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV