第9回
ITパスポート試験にチャレンジしました(2)

実際に試験を受ける

試験を申し込む

Q.試験はどうやって申し込めばよいですか?
 申込はITパスポート試験の専用サイトで行うことができます。
(ITパスポート試験専用サイトはこちらicon
1:利用者情報の登録
 まず、専用サイトで利用者IDを取得しましょう。
 その後、住所や氏名などの個人情報を入力します。
2:受験の申込
 次に、受験申込画面で、試験会場・受験日時・受験料金の支払い方法を登録します。
 支払い方法や受験申込時の時間により、予約可能な試験日が異なります。
 クレジットカード決済であれば最短で申込日の翌日に受験ができますよ。
3:確認票の印刷
 最後に確認票が画面に表示されます。
 受験番号などが書いてあるので、印刷して当日試験会場に持参してください。
Q.当日持っていくものとしては何がありますか?
 最低限必要なものは、確認票と身分証明書の二つです。
 他に時計、ハンカチ、ティッシュ、目薬は受験会場の机の上に置くことができます。
 また、メモを取るためのペンや紙は会場で用意してあります。
 ありがとうございます。会場に行って受験してきます。

受験をしてきました

 試験はどのような感じでしたか?
 自分が希望した会場で受付を済ませ、注意事項を読みました。その後パソコンの前に座って待っていると試験開始時間になり、画面にある問題を読んで回答を選択していきました。長時間画面を見続け、目が疲れるので目薬が役に立ちました。
 制限時間内に解き終え、少し緊張しながら試験終了ボタンを押すと、すぐに採点され得点が表示されました。
 すぐ結果が分かるのはCBT方式の試験ならではの良さですね。
 基準点をクリアすれば合格となりますが、合否については、経済産業大臣により判定されるので、正式な発表は後日となります。
Q.合否はいつ分かりますか?
 専用ホームページで発表日を確認できますが、およそ1~2カ月後になります。合格者の受験番号は官報や、情報処理技術者試験センターのホームページに掲載されます。
 ありがとうございました。
 ITパスポート試験に出てくる問題は、情報技術分野の基礎の部分です。分からなかったところ、苦手なところはもう一度勉強して身につけてください。ぜひ上位の資格にもチャレンジしてみてくださいね。

第9回 ITパスポート試験にチャレンジしました12

長嶋茂雄さん 看板豆知識・伝説・語録
暮らしに役立つ “暮らしのノウハウ”体験レポート
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
関連サービスのご案内