頑張るシニア応援サイト おとなの安心倶楽部

SECOM 信頼される安心を、社会へ

第22回
2016/08/30

海外に誇れる日本の街

長崎 数々の歴史的事件の舞台(前編)

長崎は坂の街。戦国時代にはキリシタン大名・大村純忠がキリスト教の布教に努め、ヨーロッパ文化を取り入れた。江戸時代になって徳川幕府の鎖国令が出された後は、世界に開かれた唯一の港に。坂本龍馬たち維新の志士たちもこの街を拠点とした。幕末には横浜、函館とともに開港され、先の戦争では原子爆弾の被害を受けるなど、歴史の節目節目で大きな事件に遭遇した街でもある。後半は路面電車で街を巡った。

路面電車で龍馬の足跡を

長崎路面電車
長崎路面電車
 翌日は朝から路面電車で街を散策することにした。長崎電気軌道の路面電車はどこまで乗っても120円。500円の一日乗車券もある。本数が多いのでとても便利だ。
 まずは長崎駅前から蛍茶屋行に乗って諏訪神社で降りて、日本三大祭りの一つで、龍踊りなどで有名な長崎くんち(10月7〜9日)の舞台、諏訪神社へ。境内には小さな動物園もある。ここはお祭りのときもう一度来たいなあ。
 さらに電車に一駅揺られて新大工町で下車。案内看板を頼りに坂と石段を上がり、若宮稲荷の赤い鳥居を抜けて「亀山社中記念館」を目指す。坂本龍馬たちが設立した日本初の商社が亀山社中。
亀山社中記念館
亀山社中記念館
記念館は当時の間取りを復元して、龍馬たちの姿を偲ばせてくれる。展示してあった月琴の音色を係の人に聴かせていただいた。月琴は龍馬が生涯の伴侶としたお龍さんが演奏した楽器でもある。
 向かいの売店では、窓の外を眺めながら、亀山社中から龍馬たちが見たであろう長崎の景色について、お店の方からお話を聞いた。長崎の人たちは親切でお話好きだ。それだけ郷土に誇りを持っているのだな。
 新大工町から正覚寺下行路面電車に乗り、思案橋で下車。思案橋と行っても橋はすでになく、欄干が交差点の四隅にあるだけ。その欄干も中井昭・高橋勝とコロラティーノのムード歌謡「思案橋ブルース」のヒットで、あとからつくられたものらしい。名前の由来は、橋を渡って遊里・丸山に行くかどうか思案したからという。丸山は、幕末にはさまざまな事件や謀議の舞台にもなった場所だ。
史跡料亭花月
史跡料亭花月
 歩いて5分ばかり、周囲にはカステラの福砂屋の本店など、時代を感じさせる建物も多く残っている。当時の面影を今に残すという「史跡料亭花月」を訪れる。建物の立派さにまず驚く。今にも向こうから龍馬たちが歩いてきそうだ。
 お昼には卓袱料理を松花堂弁当風にしたランチメニューがあるそうだが、前日までに予約が必要と言うことであきらめた。

復元された奉行所を見学

 ぶらぶらと長崎の繁華街を歩いてめがね橋を渡ったあと、路面電車で長崎駅前に戻る。お昼は、前に入ったことのあった「飛龍園」という長崎チャンポンの店を目指したが、なんと2013年に閉店。唐灰汁を麺に使った本格的なチャンポンが食べられる店でテレビでも紹介されていたのに・・・。本当に今回の取材はランチ運が悪い。
 あきらめて長崎駅ビル「アミュプラザ長崎」で海鮮のランチ。さすがに港街だけあって、魚は新鮮だ。
 食後は駅周辺を歩いてみることにした。まずは、勝海舟寓居跡の碑がある「本蓮寺」まで。大村氏の時代にはポルトガルの宣教師がつくったサン・ラゾロ病院とサンジョアン教会があった場所で、秀吉のキリシタン弾圧後に現在の寺が建てられた。殉教者たちが投げ込まれたという井戸には「南蛮幽霊井戸」という伝説が残っているそうだ。
 坂を上がって、秀吉の命でフランシスコ派宣教師6人と日本人信徒20人が処刑された「日本二十六聖人殉教の地」、「聖無動寺」、長崎四大唐寺のうち「福済寺」「聖福寺」などを経て「長崎歴史文化博物館」へ。午前中、亀山社中記念館向かいの売店から見た景色がこのあたりだ。
 展示室2階は、歴史文化展示ゾーンと長崎奉行所ゾーンに分かれていて、奉行所ゾーンは博物館の建築工事の際に発掘された長崎奉行所遺構を元に忠実に復元された長崎奉行所復元展示ゾーンがおもしろい。3階は企画展示室になっている。
 地図を見てわかったのだが、先ほどの諏訪神社はすぐ隣といってもいい距離。街がコンパクトにまとまっているのも長崎のいいところだ。
 文化博物館から少し歩いた桜町小学校の中には、江戸初期の教会の遺構と、長崎で発見されたキリスト教の遺物を見ることができる「サント・ドミンゴ教会跡資料館」がある雨水を利用した排水溝跡などから昔の人々のエコな暮らしぶりも見えてくる。
 キリシタン弾圧によって改宗したキリスト教徒が書いた「きりしたんころび証文」がある「西勝寺」、原爆で消失し再建された中町教会などを経て駅前まで、ゆっくり歩いて2時間ちょっと。意外に、たっぷり観光をした満足感がある。 歩くのはしんどいが坂と歴史が長崎の魅力だ。そんなことをしみじみ感じた旅であった。


取材先
  • 【鎮西大社・諏訪神社】長崎市上西山町18-15 TEL: 095-824-0445
  • 【史跡料亭・花月】長崎市丸山町2-1 TEL: 095-822-0191
  • 【亀山社中記念館】長崎市伊良林2-7-24 TEL: 095-823-3400
  • 【長崎歴史文化博物館】長崎市立山1-1-1 TEL: 095-818-8366
※このコラムは『セコムライフ』2009年秋号に掲載した記事をベースにWEB用に再構成したものです。

第22回 長崎 数々の歴史的事件の舞台(後編)

長嶋茂雄さん 看板豆知識・伝説・語録
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
関連サービスのご案内
関連サービスのご案内
  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV