頑張るシニア応援サイト おとなの安心倶楽部

SECOM 信頼される安心を、社会へ

第13回
2016/04/12

海外に誇れる日本の街

横浜 懐かしくて新しいエキゾチック・タウン(前編)

海外、特にヨーロッパを旅して感心するのは、何百年も昔の歴史的な街並みがきれいに保存されて、それが街の個性になっている、ということ。だが、日本にだって古きよきものを残しながら、個性的な街づくりをしている都市がある。神奈川県横浜市だ。そんな横浜の街を歩いてみよう。

いつも普請中というエネルギー

 私にとって横浜はとても思い出深い街だ。39年前、社会人生活のスタートを切ったのが横浜だったのだ。大学を出て入社した会社の最初の勤務地は、横浜市中区尾上町の交差点の角のビルにあった。当時まだ国鉄だった根岸線に乗って、関内駅まで毎日のように満員電車に揺られて通っていたことを思い出す。
 今は、どんな風に変わっているのだろうか。期待と不安が混じった思いで、JR横浜駅に降り立った。
 横浜駅はずっと普請中の駅、という印象がある。降りると必ずどこかで工事をしている。私が新米社会人だった頃、当時の国鉄横浜駅は東口の再開発が始まったばかり。海運会社が入ったビルや倉庫などが並んでいて、デパートや地下街のある西口に比べると商業や観光面では立ち遅れていた東口を中心に港湾部の大規模なリニューアル・プロジェクトが動き出したところだったのだ。
 そして時は流れ、取材の日も駅はやはり工事中だった。それでいて、ホームに立つとどこかに懐かしさが感じられる。日々生まれ変わっていくエネルギーを持ちながら、古き良き時代の空気を残している。横浜は駅から受ける印象からして不思議な街だ。
横浜みなとみらい21
横浜みなとみらい21
 JR根岸線に乗り換えて桜木町で下車。
目の前に広がるのは横浜の新都心「横浜みなとみらい21」である。事業着工は1983年。かつて、このあたりには、国鉄高島線の操車場と貨物専用の東横浜駅、三菱重工業横浜造船所などがあったのだ。東急東横線もここが始発だった。
 開発が本格化したのは、1980年代後半から。最大のきっかけは市制100周年、開港130年記念事業として1989年に開催された「横浜博覧会」である。90年代になると、「パシフィコ横浜(横浜国際展示場)」、「横浜ランドマークタワー」、「横浜銀行本店ビル」、「クイーンズスクエア」などが相次いでオープン。2004年には東急東横線と連絡する「横浜高速鉄道みなとみらい線」が開通して、東京都心・渋谷とも1本で結ばれることになった。現在は、東京メトロ副都心線を経て西武池袋線、東武東上線と結ばれ、埼玉方面とも直通になっている。
 駅からは動く歩道が奥まで断続的に続いている。まずはランドマークタワーの展望台フロア(スカイガーデン)に上がって、みなとみらい21の全体像をざっと眺めることにした。
 横浜ランドマークタワーは1993年に開業。高さは295.8メートル。大阪市に「あべのハルカス」が完成するまでは日本一高いビルだった。展望台フロアの高さは272メートル。たしかに、見晴らしはすばらしい。ただ残念なことに、上から見えるはずだった足下の様子がよくわからない。やはり、歩くしかないようだ。

歴史遺産を大切にする街

日本丸メモリアルパーク
日本丸メモリアルパーク
 タワーに隣接する「ドックヤードガーデン」は、1896(明治29)年竣工の三菱重工業横浜造船所第2ドックを保存活用したもの。国の重要文化財にも指定されている。第1ドック跡は、かつて「太平洋の白鳥」「海の貴婦人」と呼ばれた帆船「日本丸」を係留する「日本丸メモリアルパーク」として保存されていて、こちらも重要文化財に指定。
 古いものを壊したり埋めて、その跡に新しいものを建てるのが、わが国の再開発の標準的な手法になっているが、ここでは、歴史的な遺産を大切にして、港のイメージを守りながら街づくりがおこなわれていている。やはり大人の街なのだ、と感じる。
 みなとみらい21の街歩きを楽しんだあと、桜木町駅から再びJR根岸線に乗り関内に出た。思い出の地だが、さすがに、昔の職場はなくなっていた。合併して近隣に移転したらしい。入っていたビルも所有者が移り、きれいにリフォームされて面影すらない。
 近くの馬車道の角には、松任谷由美の歌にも登場したアメリカンスタイルのコーヒーショップがあったはずなのだが見つからない。残業後のラーメンが楽しみだったカウンターだけの中華料理店もない。何本も映画を観た映画館はホテルになっていた。わかっていたこととはいえ、ちょっと寂しい。
 後編では、今でも街に残っている懐かしいものを探して馬車道を海側に歩くことにしよう。


取材先住所
  • 【横浜ランドマークタワー】横浜市西区みなとみらい2-2-1 TEL:045-222-5015
  • 【日本丸メモリアルパーク】横浜市西区みなとみらい2-1-1 TEL:045-211-0280
※このコラムは『セコムライフ』2008年夏号に掲載した記事をベースにWEB用に再構成したものです。

第13回 横浜 懐かしくて新しいエキゾチック・タウン(前編)

長嶋茂雄さん 看板豆知識・伝説・語録
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
関連サービスのご案内
関連サービスのご案内
  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV