頑張るシニア応援サイト おとなの安心倶楽部

SECOM 信頼される安心を、社会へ

初心者でもわかる!保険の基本

第2回 保険のはじまり(前編)

今回は、保険のはじまりがテーマです。

現在の私たちの生活に深く関わっている保険ですが、保険はいったい、いつ誕生したのでしょうか。意外と知らないその歴史を、損害保険と生命保険に分けてたどってみましょう。

 

まず、近代的な損害保険が生まれるまでの歴史をみていきます。

損害保険の起源

損害保険の始まりは海の上といわれています。
古代ギリシャ時代の海上輸送では、嵐や海賊など予期せぬ危険に遭遇した場合、積荷を海に捨て、船と乗組員を守っていました。そして、その積荷の損害は、荷主と船主で分担し合う習慣であり、この習慣が、損害保険の起源と考えられています。
14世紀になると、航海が失敗したときは金融業者が荷主などに積荷の代金を支払い、航海が成功したときには荷主などが金融業者に手数料を支払うという仕組みをイタリアの商人たちが考え出し、それが「海上保険」に発展しました。
なお、日本でも、16世紀から17世紀の初めに活躍した朱印船の航海の際に同じような制度があったといわれています。

火災保険の誕生

陸上の保険としては、1666年9月のロンドン大火をきっかけにして、海上保険をヒントに考えられた火災保険が登場します。この保険は、過去の火事の発生率と現在の建物数から保険料を設定するといった近代的な保険の根本となるものでした。
さらに18世紀に産業革命が始まると、火災保険のニーズが急速に高まり、多くの火災保険会社が設立されました。
その後、市民生活の発展とともに個人生活から企業活動にかかわる様々な分野の保険が作られ、損害保険はさらに身近なものとなっていきました。

その近代的な保険制度は、幕末から明治維新にかけて外国から日本に入ってきました。そして、1869年に日本人自身によるはじめての損害保険が神奈川県の税関で取り扱われました。さらに1879年には日本初の海上保険会社が、1887年には日本初の火災保険会社が誕生したのです。
さまざまなことが絡み合って、損害保険が誕生したことがわかっていただけたと思います。 次回は、生命保険が生まれるまでの歴史を見ていきましょう。