頑張るシニア応援サイト おとなの安心倶楽部

SECOM 信頼される安心を、社会へ

これだけは知っておきたい 熱中症対策のキホン

熱中症になってしまったら?

 もしも熱中症になってしまったら、どのように対処すればよいのでしょうか?熱中症は生命にかかわる病気ですから、症状にあわせて適切な対応を行ってください。
 熱中症の症状と対処方法について、重症度に応じて3つの段階に分類しています。

熱中症の分類

分類 症状 重症度 治療
I度 めまい、大量の発汗、失神、筋肉痛、筋肉の硬直(こむら返り)  

通常は入院を必要としない

安静、経口的に水分とナトリウムの補助
II度 頭痛、嘔吐、倦怠感、虚脱感、集中力や判断力の低下

入院治療が必要

体温管理、安静、十分な水分とナトリウムの補給(経口摂取が困難なときは点滴で)
III度
(重症)
深部体温39度以上の高熱と下の症状のうち、いずれかひとつ
(1)中枢神経症状(意識障害、小脳症状、けいれん発作)
(2)肝・腎機能障害
(3)血液凝固異常

集中治療が必要

体温管理(体表冷却、体内冷却)、呼吸、循環管理
出典:日本神経救急学会

I度:現場での応急処置で対応できる軽症

【発症する症状】
●めまい・失神
 「立ちくらみ」という状態で、脳への血流が瞬間的に不十分になったことを示し、“熱失神”と呼ぶこともあります。
●筋肉痛・筋肉の硬直
 筋肉の「こむら返り」のことで、その部分の痛みを伴います。発汗に伴う塩分(ナトリウムなど)の欠乏により生じます。
●手足のしびれ・気分の不快
【対処法】
 すぐに日陰など涼しい場所に移動し、スポーツドリンクなどで水分や塩分(電解質)を補給してください。また、衣服をゆるめるか脱がし、氷で首や脇、足の付け根など体を冷やして休憩してください。

II度:病院への搬送を必要とする中等症

【発症する症状】
●頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感
 体がぐったりする、力が入らないなどがあり、「いつもと様子が違う」程度のごく軽い意識障害を認めることがあります。
【対処法】
 病院での診察が必要です。誰かが付き添って病院へ行くか、救急車を呼ぶかして、医師の診断を受けてください。

III度:入院して集中治療の必要のある重症

【発症する症状】
●II度の症状に加え、意識障害・けいれん・手足の運動障害
 呼びかけや刺激への反応がおかしい、体にガクガクとひきつけがある(全身のけいれん)、真直ぐ走れない・歩けないなど。
●高体温
 体に触ると熱いという感触です。
●肝機能異常、腎機能障害、血液凝固障害
 これらは、医療機関での採血により判明します。
【対処法】
 迷わず救急車を手配して、病院へ搬送してください。救急車を手配した段階で、体を冷やすなどの応急処置を行ってください。
 現場で確認すべきことは、「意識がしっかりしているかどうか」です。少しでも意識がおかしい場合には、II度以上と判断し、病院での診察が必要です。「意識がない」場合は、すべてIII度と判断し至急救急車を手配してください。

応急処置は、具体的に何をすればいい?

 熱中症を疑ったときには、放置すれば生命に関わる緊急事態であることを認識してください。重症の場合は救急車を呼ぶことはもとより、現場ですぐに体を冷やし始めることが必要です。
1. 涼しい環境への避難
 風通しのよい日陰や、できればクーラーが効いている室内などに避難させましょう。
2. 脱衣と冷却
  • 衣服を脱がせて、体から熱の放散を助けます。きついベルトやネクタイ、下着はゆるめて風通しを良くします。
  • 露出させた皮膚に水をかけて、うちわや扇風機などで扇ぐことにより体を冷やします。下着の上から水をかけても良いでしょう。
  • 氷のうなどがあれば、それを前頚部の両脇、脇の下、大腿の付け根や股関節部に当てて皮膚の直下をゆっくり流れている血液を冷やすことも有効です。
  • 深部体温で40度を超えると全身けいれん(全身をひきつける)、血液凝固障害(血液が固まらない)など危険な症状も現れます。
  • 体温の冷却はできるだけ早く行う必要があります。重症者を救命できるかどうかは、いかに早く体温を下げることができるかにかかっています。
  • 救急車を要請したとしても、その到着前から冷却を開始することが求められます。
3. 水分・塩分の補給
  • 冷たい水を持たせて、自分で飲んでもらいます。
    冷たい飲み物は胃の表面から体の熱を奪います。同時に脱水の補正も可能です。
    大量の発汗があった場合には汗で失われた塩分も適切に補える経口補水液やスポーツドリンクなどが最適です。食塩水(水1lに1~2gの食塩)も有効です。
  • 応答が明瞭で、意識がはっきりしているなら、口から冷やした水分をどんどん与えてください。
  • 「呼び掛けや刺激に対する反応がおかしい」、「応えない ( 意識障害がある )」ときには誤って水分が気道に流れ込む可能性があります。また「吐き気を訴える」ないし「吐く」という症状は、すでに胃腸の動きが鈍っている証拠です。これらの場合には、経口で水分を入れるのは禁物で、病院での点滴が必要です。
4. 医療機関へ運ぶ
  • 自力で水分の摂取ができないときは、点滴で補う必要があるので、緊急で医療機関に搬送することが最優先の対処方法です。
  • 実際に、救急搬送される熱中症の半数程度がIII度ないしII度で、医療機関での輸液 ( 静脈注射による水分の投与 ) や厳重な管理 ( 血圧や尿量のモニタリングなど )、肝障害や腎障害の検索が必要となってきます。
 2012年夏の日本救急医学会に集められたデータでは、熱中症の約半数がⅠ度で、II度が約3割、III度が約2割となっているということです。熱中症は誰しもかかる可能性があります。しっかりと対策して暑い夏を乗り切ってください。