頑張るシニア応援サイト おとなの安心倶楽部

SECOM 信頼される安心を、社会へ

これだけは知っておきたい 熱中症対策のキホン

熱中症の症状

 熱中症が危険であることは知っていても、気づいたときには「いつの間にかなっていた」というケースも多くあります。何かの作業に集中していて水分補給が遅れたり、水分補給をしなければと思ったときにはすでに水がのどを通らなかったり、移動しようとするとふらついてしまい、動けなかったりするケースなどもあります。
 どのような状態になると、熱中症の危険が迫っているのでしょうか。

熱中症の危険信号

 もしも、下記のような症状に気づいた場合は要注意。熱中症の危険信号ですので、すぐに涼しいところで水分補給をして休憩してください。
症状

めまいや顔のほてり

めまいや立ちくらみ、顔がほてるなどの症状が出たら、熱中症のサインです。
一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出る場合もあります。
症状

筋肉痛や筋肉のけいれん

「こむら返り」と呼ばれる、手足の筋肉がつるなどの症状が出る場合があります。
筋肉がピクピクとけいれんしたり、硬くなることもあります。
症状

体のだるさや吐き気

体がぐったりし、力が入らない。吐き気やおう吐、頭痛などを伴う場合もあります。
症状

汗のかきかたがおかしい

ふいてもふいても汗がでる、もしくはまったく汗をかいていないなど、汗のかきかたに異常がある場合には、熱中症にかかっている危険性があります。
症状

体温が高い、皮ふの異常

体温が高くて皮ふを触るととても熱い、皮ふが赤く乾いているなどの症状も熱中症のサインです。
症状

呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

声をかけても反応しなかったり、おかしな返答をする。または、体がガクガクとひきつけを起こしたり、まっすぐ歩けないなどの異常があるときは、重度の熱中症にかかっています。すぐ医療機関を受診しましょう。
症状

水分補給ができない

呼びかけに反応しないなど、自分で上手に水分補給ができない場合は大変危険な状態です。この場合は、むりやり水分を口から飲ませることはやめましょう。すぐ医療機関を受診しましょう。
出典:「熱中症ゼロへ」プロジェクト(netsuzero.jp
 特にスポーツ時および仕事時の熱中症は、主に日なた(炎天下)で発生しています。スポーツ時の熱中症は10歳代の若年層に多く、仕事時は20歳代~50歳代で多く発生しています。また日常生活では、散歩中、草むしり、自転車乗車中、バス停でのバス待ちなどの屋外で発症するほかに、室内での家事、飲酒、店番などでも発症しています。 上記のような症状に十分ご注意ください。
 また、このような症状は、重症度に応じて3つの段階に分類されます。 それぞれの重症度における具体的な症状と、対処法については、次ページをご覧ください。

次のページを読む