頑張るシニア応援サイト おとなの安心倶楽部

SECOM 信頼される安心を、社会へ

これだけは知っておきたい 熱中症対策のキホン

熱中症 日ごろできる予防と対策

 熱中症は重症化すれば生命にかかわる病気ですが、予防法を知って守れば防ぐことができます。正しい知識をつけ、しっかりと対策して、猛暑や残暑を乗り切ってください。

1.飲み物による水分補給

 熱中症対策には、「こまめな水分補給が大事」と言われます。それはなぜなのでしょうか。
 暑い日には、知らず知らずにじわじわと汗をかいています。特に、湿度が高い日や風が弱いような日には、汗をかいても蒸発しにくくなり、汗の量も多くなります。汗は、皮膚表面で蒸発して身体から気化熱を奪い体温調整を行いますので、汗をかくことは重要なのです。そして汗の原料は血液中の水分や塩分ですから、体温調節のためには、汗で失った水分や塩分(電解質)を適切に補給する必要があるのです。
●水分補給のポイント
  • こまめに水分補給
  • のどが渇く前に水分補給
  • 1日あたり1.2リットルを目安に水分補給
  • 起床時、入浴前後、就寝前に水分補給
  • 大量に汗をかいたときは塩分(電解質)の適度な摂取も忘れずに
とくに高血圧の方は
就寝前に水分補給を
大量に汗をかいたときは
スポーツドリンクなどを

2.屋外での暑さ対策

 最高気温が30度を超える真夏日や、35度を超える猛暑日は、まず不要不急の外出を控えましょう。やむを得ず、外出するときも以下の準備と対策に心がけてください。
●屋外へ出かけるとき
 暑さを避けるため、体を締めつける服装や、熱を吸収する黒っぽい服装はやめて、暑さを避ける服装にしましょう。また、帽子や日傘を持って外出を。
 真夏日、猛暑日の日は、水分補給のため、水のペットボトルを持って出かけ、途中でなくなればコンビニなどで購入し、水を絶やさないようにしてください。
 特に炎天下では、激しい運動や作業をしないようにしましょう。さらにアスファルトの路上やコンクリート上では強い直射日光の反射熱でそのときの気温より5度前後、高くなります。
 熱中症の症状が出る前に、こまめに水分を補給し、適度に休憩をとりましょう。汗をかいたときは、スポーツドリンクなどで、ほどよい塩分(電解質)の補充も行ってください。

3.室内での暑さ対策

 また、屋内での対策も重要です。特に高齢者の方が、省エネのためにエアコンをつけずに熱中症になり、救急搬送されたり、亡くなられたりするニュースはここ最近目立っています。もちろん、省エネも大事ですが、しっかりと熱中症対策するためには、エアコンの使用も重要です。
●エアコン使用のポイント
 エアコンの設定温度(室内温度)は、28度を超えないように適切な温度となるようにしましょう。また、エアコンの設定温度が24度を下回るなど低く、外気温と室温の差が大きい場合には、部屋に出入りする際に体の負担になります。室内の人数、活動状況、服装などに合わせて調節してください。
 そして、エアコンの風は、冷気が長い時間直接人に当たらないように気流の出口を工夫してください。冷気が部屋の下層のみに溜まってしまわないように扇風機を組み合わせるのも効果的です。ただし、気温が体温よりも高い場合には、エアコンをつけずに扇風機のみを使用する場合は、扇風機が熱風を送ってしまって暑さ対策の逆効果になることがありますからご注意ください。

4.からだづくり

 暑い日が続くと、体がしだいに暑さに慣れて(暑熱順化)暑さに強くなります。  環境省「熱中症環境保健マニュアル」によると、暑熱順化は「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度の運動(ウォーキングなど)を毎日約30分行うと、2週間程度で得られるとされています。日頃からウォーキングなどで発汗習慣を身につけて暑熱順化していれば、夏の暑さにも対抗しやすくなり、熱中症にもかかりにくくなるのだそうです。
 また、規則正しい生活を心がけてください。十分な睡眠をとることや、朝食は抜かないで食事は1日3回きちんと摂りましょう。