頑張るシニア応援サイト おとなの安心倶楽部

SECOM 信頼される安心を、社会へ

第13回
恐い病気が隠れていることもある「めまい」

 今回のテーマは、治らないと思っている方も多いという「めまい」です。
 東京都杉並区にある久我山病院・耳鼻咽喉科の宮地麻美子先生にお話しを伺いました。

Q.めまいの種類は?

 大きく分けると、自分や周りがグルグル回っている感じの「回転性めまい」、体がフワフワした感じ、雲の上を歩いているような感じの「浮動性めまい」、立ち上がるとクラッとし、時に目の前が暗くなる「立ちくらみ様(よう)めまい」の三つに分けられます。

Q.原因は何ですか

「回転性めまい」の多くは耳(内耳)の異常が原因で起こります。「浮動性めまい」の多くは脳の異常が原因で起こります。「立ちくらみ様めまい」の多くは、起立性低血圧など血圧の変動や、循環系の異常が原因で起こります。
 ただ、それが原因のすべてではありません。「回転性めまい」は脳出血や脳梗塞(のうこうそく)など脳の異常でも起こることがあります。「浮動性めまい」は耳の異常でも起こることがあります。
 このほか、更年期障害やストレスが原因で起こることもあります。

Q.検査法は?

 まず、患者さんに、「どういうめまいか」「ほかに症状はないか」「何をしているときに起こるか」など、問診をします。それで8割方は診断がつきます。耳以外の脳や心臓などの異常が疑われる場合は、CTやMRIを撮り、その結果によって脳外科や循環器科を受診していただきます。患者さんの中には、「めまい=脳の異常」と思われれている方がいますが、私の診断経験ではそれは1~2割で、残りの半分は耳の異常が原因です。

Q.耳のめまいで多い病気は?

【メニエール病】
 激しい回転性めまいで、片方の耳が難聴になったり、耳鳴りがしたり、耳が詰まった感じがします。
【良性発作性頭位めまい症】
 頭を動かしたとき、たとえばベッドから起き上がったときにグルグル目が回る病気で、じっとしていると収まりますが、少しでも頭を動かすと目が回ります。女子サッカーの澤穂希選手のめまいもこの病気で、ヘディングを繰り返すことによって、体のバランスを保つ働きをする内耳が故障したのではないかと思います。この病気は耳のめまいの中で最も多く、患者さんの20%~40%を占めると言われています。
【前庭神経炎】
 激しい回転性めまいで、2~3日ずっと目が回り、そのあと1週間は歩行困難になります。半年経ってもフラフラする人もいます。
 そのほか、突然、耳の聞こえが悪くなって、回転性めまいを引き起こす「突発性難聴」、急激な気圧の変化によって回転性めまいや難聴、耳鳴りを引き起こす「外リンパ瘻(ろう)」、中耳炎が内耳に及ぶとフワフワめまいが起こる「中耳炎によるめまい」もあります。

Q.どのように治療するのでしょうか

「メニエール病」は内耳を満たしているリンパ液が増加し、内耳がむくむことによって起きるので、浸透圧利尿剤でむくみを取れば治ります。
「良性発作性頭位めまい症」は前庭にある耳石がはがれて半規管内に入って浮遊するために起きるので、この状態に慣れるために体と頭を動かす運動療法を行えば治ります。3年ほどめまいの薬を飲み続けて治らなかった患者さんが、「良性発作性頭位めまい症」と診断され、この運動療法を1週間やったら完治した、といったケースもありました。
「前庭神経炎」も安静にし、ステロイドを点滴し、2~3日後から運動療法を行うと治ります。
 薬でも運動療法でも治らない場合、たとえば「メニエール病」なら、内耳を切開してリンパ液を抜く手術を行いますが、浸透圧利尿剤が普及して以降は手術をすることは少なくなりました。

Q.めまいが起きたときの心得は?

 不安感や緊張感から、血圧が急激に上がったり、過呼吸になったりして、めまいが悪化したり、手がしびれたりすることがあるので、あわてないこと。横になり、安静を保ち、抗めまい薬など処方された薬があれば服用すること。そして、病院に行くことです。
 ただし、めまいとともに、意識が遠くなる、頭痛がする、手足がしびれる、ろれつが回らなくなる、ものがだぶって見える、首が痛くなるなどの症状が出たら、すぐ救急車を呼んでください。この場合は脳出血や脳梗塞、脳腫瘍(のうしゅよう)の可能性が高いからです。

Q.めまいが起こらないよう日常生活の心がけは?

 規則正しい食事をとり、睡眠も十分にとること。ストレスをためないこと。また喫煙は控え、お酒やコーヒーも飲み過ぎないことなどです。なお、旅行に行くときは主治医に相談しましょう。
もしも、めまいが起こったら・・・
あわてず、静かなところで横になり、めまいがおさまるまで安静を保つ あわてず、静かなところで横になり、めまいがおさまるまで安静を保つ
どんなめまいか、どんなときに起こるかをしっかり伝える どんなめまいか、どんなときに起こるかをしっかり伝える
意識が遠くなる、手足がしびれるなどの症状がでたら、すぐに救急車を呼ぶ 意識が遠くなる、手足がしびれるなどの症状がでたら、すぐに救急車を呼ぶ

これ以外にも・・・ 実は、気になってる症状ありませんか?

宮地 麻美子(みやじ・まみこ)
久我山病院
耳鼻咽喉科
【略歴】
東邦大学医学部卒業、医学博士。専門は耳鼻咽喉科一般、めまい、音声障害。西横浜国際総合病院、相模原協同病院などを経て、2003年から久我山病院(2010年~常勤)に勤務。日本耳鼻咽喉科専門医、補聴器適合医、身障者認定医。

第13回 恐い病気が隠れていることもある「めまい」

長嶋茂雄さん 看板豆知識・伝説・語録
健康に暮らす 健康お悩み相談室

特別インタビュー 熱中症対策

今夏も暑い日本 熱中症への対策は?

特別インタビュー 熱中症対策

正しい知識と対策で防ぐ「熱中症」

役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
関連サービスのご案内
関連サービスのご案内
  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV