頑張るシニア応援サイト おとなの安心倶楽部

SECOM 信頼される安心を、社会へ

特別インタビュー 熱中症対策
今夏も暑い日本 熱中症への対策は?

セコムは、一般財団法人 日本気象協会が推進するプロジェクト「熱中症ゼロへ」のオフィシャルパートナーとして熱中症の撲滅をめざしています。夏本番を迎える前に、同協会の気象予報士・安野加寿子さんに、今年の熱中症の傾向や予防法についてお話を伺いました。

Q.今年の熱中症の傾向について教えてください。

 今年の6~8月の3ヵ月で、日本を取り巻く海洋と大気を分析した結果からいえるのは、この夏も全国的に「暑い」ということです。
 6月から7月にかけては曇りや雨の日が多く、蒸し暑い日が続きそうです。8月は東日本や西日本で平年と同様に晴れの日が多く、暑さが厳しくなるでしょう。
 7月に入ってから、九州地方を皮切りに熱中症の「厳重警戒」エリアが増えてきます。そして、7月下旬ごろの梅雨明けのタイミングで、厳重警戒エリアが本州全土まで、一気に広がることが予想されます。

Q.熱中症を予防するには?

 基本は、水分をこまめにとること。のどが乾く前に意識してとってください。衣服は通気性のよい素材、下着は吸水性・速乾性に優れた素材を。帽子や日傘も有効に使いましょう。睡眠や朝食をしっかりとるといった日々の健康管理も大切です。
 また、梅雨明け直後など、からだがまだ暑さに慣れていないときが要注意。同様に休み中にからだが冷房の涼しさに慣れてしまった、お盆明けも気をつけてください。

Q.とくに注意が必要な人は?

 次のような方は、とくに熱中症に注意してください。
●子ども
乳幼児は、体温の調節機能が不十分で、成人より熱中症にかかりやすいといわれます。ベビーカーも地面に近いため、地表からの熱を受けやすい状態。保護者の方は、とくに気を配ってください。また、飲みたいときだけ水を一気に飲むよりも、こまめに水分をとるように大人がみてあげましょう。
●高齢者
暑さに対する感覚が弱くなっているため、脱水状態に気づきにくく、水分補給も遅れがちです。冷房がきらいな方も多いようですが、まわりの方が注意をはらい、快適な環境をつくってあげてください。
●屋外で働く人
暑くても「仕事だから」と無理してしまいがち。水分補給はもちろん、休憩も十分にとりましょう。作業着などは、できるだけ通気性のよいものを選んでください。
●キッチンで火を使う人
日中、家にひとりでいる主婦の方は、倒れたら発見も遅れて大変です。調理中は換気扇を回し、暑ければ冷房もつけましょう。冷やしたタオルを首に巻くのも効果的です。
●スポーツをする人
炎天下でのスポーツは、熱中症の危険が一層高まります。大量に汗をかくため、十分な水分と塩分の補給が欠かせません。冷水にレモンと適量の塩と砂糖を加えたドリンクがおすすめです。
「熱中症ゼロへ」のサイトでは、さらに詳しい情報を掲載しています。ぜひ参考にしてください。

Q.おすすめのコンテンツは?

 今年新設した「倒れるかも予測」です。このコンテンツは、過去の気象データと消防庁発表の救急搬送人員の情報をもとに、熱中症の症状が重くなる可能性のある人が多いか少ないかを予測しています。毎日、正午の更新で、47都道府県の日別予測を7日先まで公開しています。
 熱中症情報をもっと自分事と受け止めていただくために作成したコンテンツですので、ぜひご活用ください。

これ以外にも・・・ 実は、気になってる症状ありませんか?

安野 加寿子 (やすの・かずこ)
気象予報士/熱中症予防指導員研修講師
【略歴】
2013年、気象予報士の資格を取得。2014年、日本気象協会入社。関西支社にてラジオの気象キャスターやテレビ用原稿・新聞用天気概況の作成などに携わる。
現在は日本気象協会が運営する天気予報専門サイト「tenki.jp」の企画運営や気象コラムの作成を主に担当。

特別インタビュー 熱中症対策 今夏も暑い日本 熱中症への対策は?

長嶋茂雄さん 看板豆知識・伝説・語録
健康に暮らす 健康お悩み相談室

特別インタビュー 熱中症対策

今夏も暑い日本 熱中症への対策は?

特別インタビュー 熱中症対策

正しい知識と対策で防ぐ「熱中症」

役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
関連サービスのご案内
関連サービスのご案内
  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV