中級篇No.1

中級篇No.1

タテのカギ

1. 火災による煙、熱、炎を感知器が自動的に感知して、ベルなどで火災の発生を知らせる設備。
2. 地震の強さを表す数値。気象庁では0から7までを10階級に分けています。
3. 何人かがグルになって悪いことを企むこと。
4. 鍵を差し込む部分が円筒状になった錠を「○○○○○錠」と言います。
8. 学校の公式なサイトではなく、非公式なサイトを「学校○○○○○」と言います。
11. 「ワンドア○○ロック」は一つのドアに二つの錠を取り付けること。
13. 物を壊すこと、傷をつけること。「名誉○○○で訴える」という言い方をします。
14. 「○○管理」とは、危機を回避するための活動をすぐに始められるように準備しておくこと。

ヨコのカギ

1. 地面が揺れる現象。コレが多いことから日本列島を「○○○列島」とも言います。
3. 死体を調べること。検察官などが変死者の死体を調べること。
5. 直感、第六感のこと。「犯人は土地○○がある」
6. 警察のこと。「○○回りをする」などと言います。
7. 青少年を導いたり助けたりすること。学校の先生は生徒が非行に走らないように繁華街などを歩いたりします。
9. 「セキュリティ○○○」とは、住宅街全体がセキュリティシステムで守られた街区のこと。
10. 英語では、別れ際に「幸運を祈る」「元気で」という気持ちを込めて、「グッド○○○」と言います。
12. 光、熱、煙、炎、音、振動などに反応する感知器のこと。
13. 鍵のこと。0から9までの10個の数字ボタンを使って解錠する電気錠を「テン○○錠」と言います。
14. 刑事事件で、検察官が裁判所に公判を請求すること。
15. セコムでは異常が発生したときに駆けつける緊急対処員を「○○○エンジニア」と呼んでいます。
16. 現金や有価証券などを保管する収納庫。

中級篇No.1~512345