週刊ニュースサプリ

雪が降った日に適した服装って

更新日:2014.02.20

今年は、日本海側を中心に積雪が多くなっています。
気象庁の季節予報によると、気圧配置の関係で日本に寒気が流れ込みやすくなっていて、例年より寒い冬になっているのだそうです。滑りやすい雪道では、子どもたちの登下校も心配です。子どもたちの登校時間にあたる朝6~7時台は、晴れていても気温が低いので、雪や氷が固まっていることも考えられます。

雪が降れば視界が悪くなり、交通事故への注意も欠かせません。雪に興奮していつもより注意が散漫になってしまうケースもあります。今回は、雪の日に子どもたちが安全に通学路を歩けるよう、転倒防止に役立つ歩き方や、交通事故の防止につながるポイントなどをピックアップしました。雪に慣れていない地域の方はもちろん、雪に慣れている地域の方も油断大敵ですので、ぜひご覧ください。

▼ 知っていますか?雪が降った日に適した服装
雪が降ったときの危険は、滑りやすくなるだけではありません。端によけた雪のために道幅が狭くなったり、樹木などに雪が覆いかぶさって見通しが悪くなったりすることなども挙げられます。また周囲の音を雪が吸収してしまうため、まわりの変化に気づきにくくなりがちです。足元を警戒しつつ、周囲への注意もしなければならないので、雪が降った日は、なるべく身軽に動ける服装を心がけてください。

<雪の日に適した服装は?>
○ 動きやすいものを選ぶ
厚手の服を重ね着するよりも、薄くてもあたたかい肌着などで調整しましょう。上着はクッション性の高い中綿やダウンなどで、防水性のあるものが適しています。転んだときの衝撃を和らげるため、お尻を覆うくらいの長さがおすすめです。

○ 小物を利用する
帽子や手袋などは、防寒にもなりますし、転んだときの衝撃を緩和する役割も果たしてくれますので活用しましょう。首元をあたためると保温効果が高いですが、長いマフラーよりもネックウォーマータイプのほうが邪魔になりません。

○ 両手をあける
高学年になるとランドセルを使わなくなる子も多いですが、雪が降った日は、両手があいてバランスを取りやすいリュックなどがいいと思います。ほかの荷物も手に持ったり肩に掛けたりせず、なるべくひとつにまとめるようにしましょう。

○ 滑りにくい靴を選ぶ
靴底に大きな凹凸がある滑りにくい素材の靴を選びましょう。ゴム底の長靴などがおすすめです。履き慣れたスニーカーは、靴底がすり減って滑りやすくなっていることも多いので、確認してくださいね。登校前に家の前で、安定して歩けるかどうか試し歩きをしてください。

役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン

  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 月水金 フラッシュニュース
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム