週刊ニュースサプリ

東日本大震災から学んだ教訓

更新日:2014.03.07

2011年3月11日に発生した東日本大震災。あれから3年が経過しました。東日本大震災の被災者の皆様に、あらためて心からお見舞い申し上げます。
私たちにできることは、現実から目を背けず、東日本大震災の教訓を未来に活かすこと。東日本大震災の発生から3年を迎えた今、大震災から得た教訓を整理したいと思います。

■地震が起きたとき最優先すべきことは?
地震が起きたとき、まず最初にするのは「身を守ること」です。東京消防庁が東日本大震災のあとに行った行動調査によると、地震時に火を使っていた人の7割以上が「地震を感じたとき」に火を消しており、「揺れが収まったとき」に消した人はわずか1割程度。また、火を使っていなかった人の中では、地震発生時に「そのまま様子を見た」という人が約4割と最も多く、「身を守った」と答えた人は2割もいませんでした。

もちろん火を消すことは大事ですが、それよりもまず身の安全を確保することが最優先。緊急地震速報を聞いたり揺れを感じたときには、すぐに身の安全を確保しましょう!また身の安全を確保できる場所がどこにあるか常に意識しておきましょう。
※現在の都市ガスやプロパンガスは、震度5程度の揺れを感知するとガスの供給が遮断されるため、地震による出火の危険は低くなっています。

■普段から大切な"備え"とは?
備蓄品の準備や、家具類の転倒防止対策などをしたご家庭が多いと思います。また、ご家族との連絡手段や、集合場所・避難場所を再確認した方もいるでしょう。こうした"備え"をすることは、非常に大切です。ですが、東日本大震災の経験から、もうひとつ大切な"備え"を学びました。それは情報収集のための"備え"です。

広範囲で大きな揺れを観測した東日本大震災では、首都圏でも交通機関がストップし、電話やメールが使用できなくなりました。大地震が起きたときに何がどうなるか、正確に予測することは困難です。ラジオを携帯するなど、信頼できる情報を得る方法をいくつか把握しておくといいと思います。もちろん防災無線スピーカーに耳を傾けるなど、災害に遭ったその場で得られる情報には、細心の注意を払うようにしましょう。
災害用伝言ダイヤルなど、普段使い慣れていないツールは、いざ使おうとしてもうまくできないものです。使い方を練習しておくことが大切です。

■ いざというときに頼れるのは○○
何かあったときに頼れるのが「地域力」。日ごろから近隣同士の交流があれば、それぞれの家庭事情や住んでいる状況を知ることができます。住民としての意識も自然と高くなり、非常時の役割分担や助け合いもスムーズになるはずです。

親がそばにいられない状況になったとき、学校はもちろんですが、近隣の方々に助けてもらう場面もあると思います。「困ったことがあったら○○さんのおうちに行きなさい」と言える信頼関係を、子どものためにもつくっておけるといいですね。

役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン

  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 月水金 フラッシュニュース
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム