地球環境を守ることは、今や私たちひとりひとりが考えなくてはいけない重要なテーマ。
このコーナーでは、今日からすぐに実践できるエコライフのアイデアをご紹介していきます。
今回は、暑くなってきた今こそ!快適に、効率良く冷蔵庫を使うための賢い収納法とお掃除テクニックをご紹介します。

アドバイスいただくのは、生活コラムニストとして活躍中のももせいづみさんです。
キレイに整理整頓された冷蔵庫は、快適に使える上に、扉の開け閉めの回数も減って、家計にも地球にもやさしい!
生活関連の著書も多数出されているももせさんに、プロならではのワザを伝授していただきましょう。

生活コラムニスト
ももせいづみ

冷蔵庫の〈収納法〉

冷気を効率よく対流させる「7割収納」

冷蔵庫の収納のいちばんのポイントは、詰め込み過ぎないこと。目安は容量の約7割までです。この7割収納を心がけていれば、冷気も効率よく隅々まで対流し、今の時期とくに心配な雑菌の繁殖も防げます。

収納上手の裏ワザ「コの字収納」「トレー収納」

実際の収納ですが、ラクに手が届く位置から順に、よく使うものを入れていきます。その際、イラストのように「コの字」に収納していくのがベスト。何があるかひと目でわかり、空間もできて冷気の対流を促します。中央に空けたスペースには、夕食の残り物などを入れておきます。

収納に使える、おすすめアイテムをひとつ。それは、百円ショップなどで売っているトレー。使用場面や用途の近いものをトレーごとにまとめて収納するのです。たとえば、ジャムやバターを入れた「パンセット」、佃煮やふりかけを入れた「ご飯セット」。このように分けておくと、朝食のときも、トレーごとサッと取り出せて、とても便利です。

冷凍庫の空きスペースで「乾物収納」

冷凍庫もギュウギュウ詰めはよくありません。しかしある程度、ものが入っているほうが、かえって電力がムダにならないのも事実です。冷凍庫をあまり使わないご家庭は、乾物の保存に利用してみてはいかがでしょう。
昆布やコーヒー豆、お茶など、湿気を嫌う食品を密閉して入れておけば、風味も損なわれにくく長持ちします。

冷蔵庫の〈掃除法〉

掃除の前に、まず「整理」!

冷蔵庫は、掃除の前に、まず「整理」が大事。ポイントは次の3点です。

  1. 整理する「区画」を決める
    一度に手をつけると、作業効率が悪くなる。まずドアポケット、次にチルドルーム・・・といったように一区画ごとに。
  2. そこにあるものをすべて出す
    これが、整理をしながら掃除もできるベストな状態。
  3. 仕分けをして残すものだけをもとに戻す
    このとき、賞味期限の切れたものや不明のものは、思い切って廃棄。期限が迫っているものは、それを使った献立を考え、使い切る工夫を。

掃除にもトレーを有効活用

先の「トレー収納」をやっておくと掃除のときもラク。液だれしやすい調味料などで庫内が汚れるのを防げます。
「今日は、このトレー2枚分」などと「区画」を決めて、取り出したら扉は閉めてしまいます。庫内に頭を入れて、あれこれ作業するより、電力もムダになりません。

中のものを取り出したら、トレーを水洗い。食器洗い機のあるご家庭なら、手軽に除菌までできてしまいます。
その際は、ステンレスなど耐熱性の高いトレーを選びましょう。

冷蔵庫内の掃除には、酢水を使います。酢には、菌の繁殖を抑える効果があります。どこのご家庭にもある酢なら、思い立ったときにすぐ掃除できて、何より安全です。

  • 酢を5倍ほどの水で薄め、固く絞った布巾で庫内を拭く
  • こびりついた汚れは、少量の重曹をつけてこする
  • ドアポケットなどは、中身を全部出してから、取り外して水洗い。野菜室のバスケットなども同様に

監修

生活コラムニスト
ももせいづみ
メーカーで10年間、文化事業の企画などを手がけたのちに独立。現在は生活コラムニストとして、新聞・雑誌等で活躍されている。生活に根ざしたニュートラルな視点で、心地よくラクチンな「暮らし方」「生き方」「働き方」などについて、具体的なアイディアをもとに、情報発信を続けている。現在、「ラクになれなきゃたのしくなれない!」をキーワードにしたプロジェクトを稼動中。
【オフィシャルサイト】http://www.izoomi-m.com/