地球環境を守ることは、今や私たちひとりひとりが考えなくてはいけない重要なテーマ。
このコーナーでは、今日からすぐに実践できるエコライフのアイデアをご紹介していきます。
今回は、日本の暮らしに古くから息づいてきた「ふろしき」。

「ふろしきは、すぐれたエコアイテム」と笑顔で話してくださったのは、環境省の3R推進マイスターも務める、ふろしき研究会代表の森田知都子さん。
京都にある、ふろしき研究会代表の森田知都子さんにその魅力について教えていただきましょう。

ふろしき研究会代表
森田知都子(もりた・ちずこ)

ふろしきを、エコバッグに

何度も繰り返し使え、レジ袋などのゴミを出さないふろしき。繰り返し使えるということは、おのずと省資源、省エネにつながります。 地球温暖化を促進する二酸化炭素の発生も軽減することができます。
日本では、年間約300億枚のレジ袋が流通していると言われます。多くの人が、ふろしきをエコバッグとして使用したら、この枚数もぐんと減るのではないでしょうか。

"ふろしきごとプレゼント"という発想

ふろしきが、エコアイテムとして再び注目されるようになり、価格もごくごく手頃なものから高価なもの、またデザインも定番の和柄から洋柄、デザイナーズブランドまで、選ぶ楽しさも増えました。
そこで、ひとつのご提案として、"ふろしきごとプレゼント"という発想はいかがでしょう。プレゼントの品をふろしきで包み、そのふろしきもいっしょに贈るのです。ふろしきを通して相手の方へ、温かい心とともに、エコの輪が広がっていくことでしょう。
また、ふろしきを賢く使いこなすためには、用途や目的に合わせたサイズや素材選びが大切です。
大まかに言って、絹は、かしこまった場に、化繊や綿は、ギフトラッピングなどカジュアル使いに向いています。
サイズは、用途の広い50センチ幅、68センチ幅から揃えるとよいでしょう。

覚えてしまえばカンタン!ふろしきの包み方

最後に、ふろしきの包み方を具体例でご紹介します。覚えてしまえば、意外に簡単です。
ひとつは、一升びんをきりりと結んだ表情が美しい「びん包み」。持ち手もついているので、このまま持って行けるのも魅力です。
もうひとつは、ふろしきを2枚使って包む、華やかな「大輪の花包み」。お気に入りのCDや本などを包んで贈れば、相手の方も喜ばれることでしょう。
ここでご紹介したのは、ふろしきの奥深い世界のほんの一部です。書籍などもたくさん出ていますので、その魅力を再発見してみてはいかがでしょうか。何度も繰り返し使え、レジ袋などのゴミを出さないふろしき。繰り返し使えるということは、おのずと省資源、省エネにつながります。地球温暖化を促進する二酸化炭素の発生も軽減することができます。

びん包み[ふろしき]90cm幅/中身:一升びん

  1. ふろしきの裏を出して広げ、中央にびんを立てる。
  2. 対角線上の二角をびんの上で真結びして、ズレないよう、びんの口を輪ゴムで止める。残りの二角を矢印のように後ろから前にまわし、びんの手前で真結びする。
  3. 輪ゴムをはずし、上の真結びをひとつほどき、それぞれねじって、さらに先を真結びし、持ち手をつくる。

大輪の花包み[ふろしき]柄物50cm幅・無地45cm幅/CDケース2枚を包む例

  1. ふろしき2枚は、花にしたい方を上に裏を出して重ね、CDケースを2枚重ね対角線に置く。
  2. 上のふろしきの四角を中央の上部で寄せる。
  3. 下のふろしきの対角線上の二角も同様に中央の上部で寄せる。片手を使い、箱の上で束ねる。残りの二角を矢印のように後ろで交差させて前にまわし、少し余裕をもたせながら真結びする。
  4. 上に寄せたふろしきの6つの角を、外に向けて広げる。A、B、C、Dを表が外側に出るように折り、先を中央に差し込んで止め、花びらをつくる。aとbも表が外側に出るように折り、先を花びらの下に差し込む。かたちを整える。

監修

森田知都子(もりた・ちずこ)ふろしき研究会代表
コピーライター、ふろしき研究会代表。1992年、ふろしき研究会を発足。「現代生活に活かすふろしき」をテーマにし、伝統の枠を超え、新たな視点からふろしきの使い方を提唱。また、地球環境問題にも取り組み、レジ袋や過剰包装を見直すふろしきを提案している。2007年5月より、環境省3R推進マイスター(容器包装廃棄物排出抑制推進員)に就任。著書に「ふろしきに親しむ」(淡交社)、英文版「GIFT WRAPPING WITH TEXTILES」(講談社インターナショナル)、「風呂敷」(文渓堂)など多数。
【ふろしき研究会ホームページ】http://homepage3.nifty.com/furoshiki/