毎日の生活を快適に過ごすためにも、家の中はいつでもくつろげる空間でありたいもの。お気に入りの家具や小物でお部屋を装飾して、自分好みのインテリアを築くのもひとつの手です。
しかしその時、忘れずに行いたいのが室内の防災対策。万が一の備えがあってこそ、安心してくつろげる空間はできるものです。
そこで今回は、室内の防災対策のひとつとして、「セコム・ホームサービス」がご提案する「住環境改善フィルム(飛散防止フィルム)」のご紹介をします。
備えあれば憂いなし。「うちは大丈夫だから」と油断せずにぜひご参考ください。

災害発生時、自宅に潜む思わぬ危険

普段、安全と思っているご自宅も、災害時には思わぬ危険が潜んでいるもの。例えば、大きな地震が発生した場合、実はケガの多くが家の中で起きています。主な要因としては、家具などの転倒のほかに、割れたガラスの飛散・落下など。家具や窓ガラスはたいていのご家庭にあるものなので、どのお宅にも起こりうる危険と言えます。
また、ガラスに限って言えば、地震だけでなく台風や事故などで飛来物が衝突し、割れて落下する可能性もあります。万が一、割れたガラスが人に当たってしまったり、割れたガラスのうえを人が踏みつけてしまったら大ケガのもとです。そうならないためにも、普段から用心して、災害に備えておくことが大切です。

フィルムを使ったガラスの災害対策

災害時のガラス飛散・落下対策として有効なものに、ガラスの飛散・落下防止用の薄いフィルムを貼り付ける方法があります。このフィルムを貼り付けておけば、万が一地震や飛来物によってガラスが割れたとしても、フィルムにガラスがくっついているため、まわりに飛び散ることを防ぐことができます。
フィルム自体は、ホームセンターやインターネット通販で購入でき、施工もご家庭で可能です。しかし、フィルムはロール状にして売られているものが大半で、窓ガラスのサイズにあわせて自分でカットする必要があります。ご自宅のガラスの寸法にあわせてピッタリとフィルムをカットするのは、なかなか難しいものです。
また、フィルムの貼り付けも、ガラスとの間に隙間ができないようきっちり密着させなければなりません。もし、フィルムとガラスの間に隙間が残ってしまうと、見た目も悪いうえに、そこからフィルムがはがれてしまう原因となるので注意が必要です。

フィルムの施工も「セコム・ホームサービス」におまかせ

「セコム・ホームサービス」では、災害時のガラス飛散・落下防止を目的とした「住環境改善フィルム(飛散防止フィルム)」の施工を扱っております。先ほど説明したとおり、ご家庭できれいにフィルムを貼るのは至難の業です。「自分で貼ろうとしたけど、上手に貼ることができない」とお困りの方がいましたら、ぜひご相談ください。
以下で、実際の施工の流れを簡単にご紹介します。

(1)窓ガラスの清掃および接着剤の塗布

まず施工する窓まわりの養生を行い、施工作業で汚れないようにします。
窓ガラスに一面に洗剤を混ぜた水をかけ、汚れをクリーニングしていきます。そして次に、フィルムを接着するための特殊な溶剤を混ぜた水をガラス一面に吹きかけます。

(2)フィルムの貼り付け

専用の道具を使用して、ガラスにフィルムをしっかり貼り付けていきます。この時、ガラスとフィルムの間に空気が残らないようにしっかり密着させることが仕上がりを左右します。

(3)完成

最後に、水気をしっかり拭き取ってあげれば完成です。さすがプロの仕事だけあって、シワを残さないきれいな仕上がりです。

以上が、フィルムの貼り付け工程になります。特に貼り付けの作業は、プロならではの技術が発揮されます。仕上がりのきれいさを求めるなら、やはりプロにお任せするのが一番です。

夏の節電対策やプライバシー保護にも活躍

「セコム・ホームサービス」が扱う「住環境改善フィルム(飛散防止フィルム)」には、ガラスの飛散・落下防止効果のほかにも、外からの紫外線を遮断する効果も備えています。紫外線は家具などの日焼けの原因となるもの。お気に入りの家具を長く大事に使いたい方にはオススメです。
また、「住環境改善フィルム」のラインアップには、ガラスの飛散・落下防止効果と紫外線遮断効果の2つにプラスして、夏の節電対策やプライバシー保護の効果を付加したものもあります。目的にあわせてフィルムの種類を選べますので、以下を参考にしてください。

(1)日照調整フィルム

太陽の光を反射することで、室内に入り込む熱線の量を調整する効果を持つフィルムです。これから夏場に向け気温があがっていきますが、日照調整フィルムを貼ることで、室内の温度の上昇を抑えることができます。夏の節電対策にもってこいです。

(2)プライバシー保護フィルム

通常の透明なガラスをすりガラス調の外観に変え、目隠し効果でプライバシーを保護するフィルムです。
住み始めた当初はあまり気にならなくても、ライフスタイルや近隣の住宅環境の変化によって、周囲の人目が気になりだすこともあります。そのような時、ガラスを張り替える手間やコストかけず、手軽に施工ができてしまうこのフィルムは便利です。

このように、「住環境改善フィルム」は防災対策のほか、夏の節電対策やプライバシー保護など、さまざまの用途で活躍します。※
フィルム施工にかかる金額や施工可否などは、ご自宅のガラスの面積や種類によって変わります。お見積もりは無料で可能ですので、ご興味を持たれた方は、ぜひ一度「セコム・ホームサービス」までご連絡をください。

※「住環境フィルム」には防犯性能はありません。