冬場の室内環境を快適にする「内窓の設置」

暑かった夏も終わり、少しずつ涼しさを感じるこの季節。せっかく過ごしやすい時期になったのだから、夏の間お世話になったエアコンの掃除やお庭の草木のお手入れをするのもひとつの手。また、やがて訪れる冬に向けて、ひと足早くお部屋の防寒対策を考えてみるのはどうでしょうか。
そこで今回は、冬に向けた先取り情報として、冬場の室内環境を快適にする「セコム・ホームサービス」のサービスメニュー「内窓の設置」をご紹介します。
寒い季節に負けない快適な室内空間を作るのに、おすすめのメニューです。

冬場の窓、よくあるお悩みと言えば

冬場の室内でありがちなお困りごとと言えば、窓の結露(けつろ)。気温の低い朝に窓を見ると、ガラスについた水滴でまわりがビチャビチャになってしまった、という経験をお持ちの方も多いのでは。
結露は、室外の気温が低く、反対に室内が暖かく保たれている時、外気によって冷やされた窓によって、部屋の暖かい空気が冷やされ、水蒸気が水滴となって窓に付着することによっておきます。
こうして発生する結露を放っておくと、窓のサッシやカーテン、付近の床が濡れてしまい、そこからカビやダニが繁殖する恐れがあり、健康の大敵と言えます。
また、外気によって冷やされた窓は、結露以外にもお部屋の温度を下げ、エアコンの暖房効率を悪くします。ご家族の健康や省エネを考えるなら、冬に向けて窓は、ぜひとも対策したいと箇所と言えます。

断熱効果や防音効果の高い、内窓のすすめ

断熱効果や防音効果の高い、内窓のすすめ内窓の設置例

「セコム・ホームサービス」では、冬場の窓のお困りごとを解決するサービスメニューとして「内窓の設置」を提供しています。
内窓を設置することで、元々ある窓との間に空気の層ができることで、断熱効果を生みます。これにより、お部屋の暖房効率が高くなるのはもちろん、室外の気温の影響を受けにくくなるため、結露を防止することもできます。
また、内窓を設置するメリットとして、ほかにも防音効果があります。これは、窓を2重にすることで気密性と遮音(しゃおん)性が高まることによるもので、外窓と内窓の組み合わせで、音を約40dB下げることができます。(※)一般的に、音は10dB下がると約半分に感じられると言われていますので、効果は非常に高いと言えます。

※この遮音性能は「JISで定められた方法」により実験室で測定した値です。実際の建築物の現場で測定したとき、実験室とは音場※が異なるので、それぞれの測定値に差異が生じます。(※音場:音波が伝わっている空間の状況を示す。)

取り付けも簡単、インテリア性もアップ

内窓の施工はとても簡単。窓1枚あたり約1時間で取り付けができます。今ある窓の内側に窓枠を取り付けるだけなので、外壁や柱に手を加えるような大がかりな工事も必要なく、マンションにもおすすめです。

取り付けも簡単、インテリア性もアップ

また、枠組の種類も豊富にそろえています。窓のタイプごとに、引き違い窓、FIX窓、開き窓、テラス窓の4タイプ、色も各6色から選ぶことができ、洋室や和室など、お部屋に合わせてコーディネートができるため、インテリア性もアップします。
さらに、特殊な樹脂を使って作られているため、ホコリを寄せ付けにくく、お手入れも楽で、掃除の時間を短縮できます。

  • 窓やお部屋にあわせて、色や形を選択できます 窓やお部屋にあわせて、色や形を選択できます

断熱効果、防音効果でお部屋の住環境を快適にする内窓。エコや節電対策にもおすすめなので、冬に向けた準備として、お早めに取り付けてみてはどうでしょうか。

「セコム・ホームサービス」では、今回ご紹介したインプラス以外にも、「住まいのメンテナンス」サービスの中でバリアフリーの施工や門扉の設置など、さまざまなリフォームメニューを取り揃えています。「住まいをもっと快適にしたい」とお思いの方、ぜひ一度「セコム・ホームサービス」までご相談ください。