第90回 大掃除シーズンにも活躍の「セコム・ホームサービス」の「専門清掃」

 キッチンや浴室、トイレ、洗面台など、いわゆる水まわりと呼ばれる場所は、毎日の生活に欠かせないだけにいつでもきれいにしておきたいものです。
 その一方で、油汚れや水アカ、黒カビなど、油断すると汚れが付着しやすい場所だけに日々のお掃除でお悩みの方も多いのではないでしょうか。
 そこで今回は、水まわりのお掃除をグッと楽にする「セコム・ホームサービス」の新メニュー「水まわりコーティング」をご紹介します。

水まわりに付着するさまざまな汚れ

 水まわりの汚れとひと口にいっても、水道水に含まれるカルキ(塩素)やシリカなどが原因の水アカ、皮脂や石鹸カスを養分に繁殖する黒カビ、さらにキッチンなら油汚れとさまざまな種類があります。
 キッチンや浴室、トレイ、洗面台などは毎日の暮らしなかで使用する場所ですから、見た目や衛生面からも清潔に保ちたいもの。しかし、水まわりで良く使用されるステンレスやホーローなどの素材の表面には、目には見えない凹凸がたくさんあり、そこに汚れが入り込んでしまうとお手入れが面倒になります。
 また、いずれの汚れも長期間放置しておくと頑固にこびりついてしまうため、日ごろからこまめにお掃除することが大切です。
 しかし、お仕事をされていたり育児で手がいっぱいなど、忙しい方にとってはお掃除はなるべく簡単に終わらせたいものです。そうした時にお役立ちするのが「水まわりのコーティング」です。

きれいを保ち、日々のお手入れも簡単になるコーティング処理

 セコム・ホームサービスが提供する「水まわりのコーティング」は、キッチンや浴室、トイレ、洗面台などの水まわりに専用のコーティング剤を塗布することで、表面にガラス被膜を形成し、表面を保護するものです。
 これにより素材の表面の凹凸が埋まって平らになり、保護膜でガードされるため汚れがつきにくく、きれいな状態が保たれます。また、仮に汚れがついても保護膜の表面なのでゴシゴシこすらずに小さな力できれいにすることができ、日々のお手入れが簡単になります。
 では実際の作業の流れを見てみましょう。

(1) 掃除

写真:

 コーティング剤を塗布する前に汚れを掃除していきます。
 長年の汚れもプロの手が専用洗剤を使ってしっかりと落としてしていくので、ご家庭で行う掃除とは一味違うきれいな仕上がりになります。

(2) 養生

写真:

 余分な場所にコーティング剤が付かないよう洗面所まわりを養生していきます。

(3) コーティング剤の塗布

写真:

 ボウル部分や蛇口、排水口まで全体にコーティング剤を塗布します。
 塗りムラがあると仕上がりがデコボコになって見ばえが悪くなるため、スポンジを使って全体が均一で平らになるよう丁寧に作業していきます。
 塗り終わったあと、4時間ほど乾燥させて完了です。


以上が作業の流れになります。使用するコーティング剤は耐久性にすぐれているため、効果は5年間継続します。また、人体に有害な成分を使用していないため、小さなお子さまがいるご家庭でも安心してご利用いただけます。


「セコム・ホームサービス」では、今回ご紹介した「水まわりのコーティング」のほかにもキッチンやバスルーム、洗面所、トイレの「専門清掃」など、水まわりのきれいに保つさまざまなサービスをご用意しています。暮らしのお困りごとは「セコム・ホームサービス」までぜひご相談ください。