お部屋の片付けもプロにおまかせ「整理・収納」サービス

快適な生活のためにも、家の中はいつもすっきりと片付けておきたいもの。しかし、分かっていても、ついつい捨てられずにあれこれ物をしまい込んでしまい、収納スペースがいっぱいになってしまうことはよくあります。「きっといつか使うから・・・」といって、結局タンスの奥で眠ったままになっている物も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、そうした片づけのお困りごとを解決する「セコム・ホームサービス」のサービスメニュー「整理・収納」をご紹介します。
面倒な片づけも、収納のアドバイスをしながらしっかりサポートします。

お部屋の片づけ、よくあるお困りごと

住み始めた当初はきれいに片付いていた家も、時間とともに不用品やめったに使用しない物であふれかえるのはよくあること。「いつか使うだろう」と思って、大切に取っておいた物が、結局あったことすら忘れてしまうほど、奥のほうに追いやられてしまうこともあります。
また、いざ片づけようと思っても、限られた収納スペースに物を上手に片づけるのはなかなか難しいもの。 見た目は当然きれいにしたいですし、それ以上に、片づけた物が楽に出し入れできるようにしないと、せっかくきれいに片づけても、出し入れのたびにまわりが散らかってしまい、またすぐに元の状態に戻ってしまいます。
あれこれ難しいお部屋の整理・収納、そんな時は思い切ってプロに頼んでみてはどうでしょうか。

「セコム・ホームサービス」の「整理・収納」サービス

「セコム・ホームサービス」では、お部屋の片づけでお困りの方に向け、「整理・収納」サービスを提供しています。一人では何かと大変な片付けも、スタッフが収納のアドバイスをしながらしっかりサポートするので、グッと楽になります。
そこで今回は、納戸とキッチンの作業現場の一例をご紹介します。

■納戸の整理・収納

  1. まず始めに、全ての物を収納スペースから出して養生マットの上に置きます。
  2. 中にしまってある物が、実際にどの程度の使用頻度なのかをお客様に確認してもらいます。ここでお客さまが不要と判断した物は、あとで捨てるため別によけて置きます。
  3. 残すと決めた物を収納していきます。使用頻度の少ないものは奥へ、高いものは手前へ保管していきます。一番良く使う物は目線の高さへ置くと、出し入れが楽です。また、手前に置くものはキャスター付の収納ボックスに入れておくと、奥の物を取り出す際に楽なのでおすすめです。
  4. 収納後に、捨てるものに分類されたものを再度、お客様に確認してもらいます。
  5. 最後に掃除機で床を清掃して終了です。
  • 作業前作業前
  • 作業後作業後

■キッチンの整理・収納

  1. キッチンの引き出しからすべての物を出し、養生マットの上に置きます。
  2. 賞味期限切れかどうかを分類して、賞味期限切れについて、お客様に捨てるべきか確認していただきます。
  3. 次に、開封済みかどうかで分類し、さらにアイテム別にも分類していきます。(調味料系・缶詰系など)
  4. それぞれの分類ごとに収納していきます。物は立てて収納するのが原則。賞味期限ラベルがあるものは立てた時に期限が見えるように収納していきます。
    また、シンクの下の収納スペースは温度が伝わりやすく、湿気が多いので、食品類(例えばお米やお醤油・油のボトルなど)は入れないようにします。反対に、通常コンロの下の収納スペースに入れているお鍋やフライパンなどをシンクの下に移し、コンロ下に食品を収納します。
  • 作業前作業前
  • 作業後作業後
  • 作業前作業前
  • 作業後作業後

以上が、「整理・収納」サービスの流れになります。散らかっていて、どこに何があるのかわかりずらかった収納スペースもきれいに片付きました。
また、細かい字で書かれた薬の使用期限をチェックして、薬箱を整理することや、引っ越し前で荷物のサイズダウンが必要な場合のお手伝いもおまかせください。

「セコム・ホームサービス」では、今回ご紹介した「整理・収納」サービスのほかにも、「お部屋のお模様替え」やリフォームを扱う「住まいのメンテナンス」など、お部屋をより快適な空間に変えるさまざまなサービスを扱っています。住まいの悩みもまとめて「セコム・ホームサービス」までご相談ください。