第82回 夏場のお庭のお手入れもおまかせ!「お庭のお手入れ」サービスのすすめ

 6月も残すところあと数日となり、間もなく夏の到来です。気温の上昇とともに木々の枝葉が生い茂るこの時期、ご自宅の庭で植栽を楽しまれる方にとっては、剪定や害虫駆除などあれこれお手入れに追われている頃ではないでしょうか。
 そこで今回は、そうしたお庭のお手入れに関するお困りごとを解決する「セコム・ホームサービス」のメニュー、「お庭のお手入れ」サービスを紹介します。庭木の剪定から造園まで、専門知識の豊富なスタッフがきめ細かくお手入れするこのサービス。美しいお庭づくりに役立ててみてはどうでしょうか。

害虫予防や安全対策にも役立つ夏季剪定

 春から夏にかけて気温が上昇していくと、植栽の成長も進んでいき、時に枝葉が繁茂し過ぎることもあります。そのため、6月から8月には夏季剪定を行い、成長し過ぎた枝葉を切り落として枝と枝の間隔を空け、樹形を整える必要があります。これを行わないと、植栽の内側の枝葉に日光が十分に当らず枯れてしまうこともありますし、風通しが悪くなることで害虫が発生しやすくなります。
 また、これから台風シーズンを迎えるにあたり、枝が折れて飛ばされるのを防いだり、家の周りの見通しを良くすることで、泥棒が侵入しようとするのを通行人に見えやすくするなど、安全面での効果も期待できます。

プロの仕上がりを提供する「お庭のお手入れ」サービス

プロの仕上がりを提供する「お庭のお手入れ」サービス
植栽のプロが丁寧に仕上げます
プロの仕上がりを提供する「お庭のお手入れ」サービス
危険な害虫も専用の薬剤で徹底的に駆除します

 ただし、夏季剪定といっても、実施する時期は植栽の種類によってバラバラですし、高所の作業などご家庭で行うには危険が伴う場合もあります。だからこそ、そんな時はプロに相談するのも一つの手。「セコム・ホームサービス」の「お庭のお手入れ」サービスでは、専門のスタッフが適切な剪定時期を見極め、プロの技できれいに仕上げるので安心です。
 下の写真が実際の剪定作業の例です。うっそうと茂っていた植栽もすっきりきれいになったのが分かります。また、雑草がかなり伸びる時期でもありますので、除草作業なども合わせて行うのもおすすめです。

 さらに、この時期は害虫の活動も活発になりますので、早めに対策するのがおすすめ。害虫のなかには植栽だけでなく、人体に害を与えるものもありますので、そうした危険な害虫の駆除はプロにおまかせください。

  • (剪定前)うっそうと生い茂っていた
  • (剪定後)風通しも良く涼しげに

花壇の植え替えもプロの技で

バスルームの専門清掃
イングリッシュガーデンなど
ご要望に合わせて仕上げます

  「セコム・ホームサービス」の「お庭のお手入れ」サービスでは、植栽の剪定以外にも花壇の植え替えなども行えます。たとえば、暑い夏には少しでも涼しさを演出できるよう、ブルーサルビアやオレガノなど青や紫色の花を植えるなど、季節に合わせて花の入れ替えをご提案することも可能。花の色合いだけでなく、高さや配置など全体のバランスを考慮したプロならでは仕上がりが楽しめます。


 今回紹介した以外にも、お庭に防犯効果のある砂利を敷き詰める「防犯砂利の敷設」や石畳の敷設などの造園工事も受け付けております。お庭の植栽でお困りの方がおられましたら、ぜひ一度「セコム・ホームサービス」までご連絡ください。