第92回 より光沢のある仕上がりが提供可能になった専門清掃「床のコーティング」

 ご自宅のフローリングを「手間をかけずにキレイに保ちたい」という方におすすめなのが、セコム・ホームサービスの専門清掃「床のコーティング」。これまでは光沢を抑えたコーティング剤だけでしたが、このたび光沢のある仕上がりのものが加わり、2種類から選べるようになりました。
 そこで今回は、新しくなった「床のコーティング」についてご紹介します。

耐久性に注意が必要なワックス

 ご家庭の中でもすっかりおなじみとなったフローリングですが、材質が木のためそのままの状態で使用すると、汚れや摩擦、傷などによる劣化が起きることもあります。
 そのため、表面保護を目的として、ワックスを塗られる方も多いと思います。しかし、一般的なワックスは耐久性が半年から1年のため、定期的に塗り直しが必要になるため、お手入れに手間がかかるのが難点。
 また、ワックスを塗った後は滑りやすくなるため、小さなお子さまやご高齢の方がいらっしゃる家庭では、転倒によるケガの心配もあります。
 そんなお困りごとを一挙に解決するのが「セコム・ホームサービス」のサービスメニュー「床のコーティング」です。

一度の施行で効果は約10年、お手入れが楽に

「セコム・ホームサービス」の「床のコーティング」は、特殊なコーティング剤でフローリングを覆うことで表面を保護し、傷や汚れ、臭いからフローリングを守ります。
 コーティングしたフローリングは汚れが付きにくく落としやすくなるため、日ごろのお手入れは乾拭きか掃除機で十分。気になる時は水拭きも可能です。効果も約10年持続するため、日々のお手入れがグッと楽になります。また、通常のワックスに比べ滑りにくい仕上がりとなっているため、小さなお子さんやご高齢の方がいる場合でも安心してご利用いただけます。
 さらに今回、「もっと光沢のある仕上がりが良い」というお客様からの希望が多かったことからラインナップを追加。光沢があるものと光沢を抑えたものの2種類から選ぶことができるようになりました。

写真:
光沢ありの
仕上げ
コーティング
なし
光沢抑えめの
仕上げ


 では実際の作業の流れを見てみましょう。

(1)家具の移動

写真:家具の移動はスタッフがすべて対応

 室内に置かれている家具をスタッフが移動させます。

(2) 養生

写真:壁や金具にテープを貼って養生

 壁やフローリングに設置されている金具などにテープを貼り、コーティング剤が付着しないように養生していきます。

(3)フローリングの補修(オプション)

写真:フローリングの色にあわせ
補修材で傷を埋めていく

 フローリングに傷がある場合、ご依頼いただけましたら補修材を使ったリペアも承ります。

(4)ワックスの剥離、掃除

写真:剥離剤を使って手作業で行う

 ワックスが塗られている場合は剥離していきます。フローリングへのダメージを抑えるため、専用の剥離剤を使い、手作業で行います。
 続いて、掃除機と水拭きで掃除をしていきます。

(5)コーティング剤の塗布

写真:モップと刷毛で丁寧にコーティング剤を塗布

 広い場所ではモップを、壁の近くなどの細かい作業が必要な場所では小さな刷毛を使って丁寧に塗っていきます。
 塗り終わったあと、約1時間かけて乾燥させていきます。

(6)仕上がりの確認

 塗りムラがないか仕上がりを確認します。問題がなければ、移動した家具を元の場所に戻し、作業完了です。

  • 写真:BeforeBefore
  • 写真:AfterAfter


 以上が作業の流れになります。施工時間は部屋の広さや家具の移動量などによって変わりますが、概ね1日作業になります。
 なお、使用するコーティング剤は安全性に配慮した人や環境にやさしいもののため、施工後は嫌な臭いも残りませんので、すぐに快適にお過ごしいただけます。

セコム・ホームサービス」では、「床のコーティング」のほかにも、フローリングのキズでお困りの方向けに「フローリングのリペア」もご用意しています。ご興味がございましたらぜひ一度、「セコム・ホームサービス」までご相談ください。