第56回 梅雨のカビ対策もおまかせ「セコム・ホームサービス」の専門清掃メニュー特集

5月に入って気温も高くなり、蒸し暑さを感じる日も出てきました。やがて季節は梅雨を迎え、ますます湿度が高くなることが予想されます。そうなると、考えなくてはならないのがカビ対策。家の中に発生するカビは、一度根を深く張ってしまうと取り除くのが大変難しくなります。ですので、そうなる前に早めに対策をしておくことが大切です。
そこで今回は、梅雨の時期のカビ対策におすすめの「セコム・ホームサービス」の専門清掃メニューをご紹介します。

梅雨の時期、早めのカビ対策が大切

梅雨の季節は、雨の日が多く湿度が高くなりがちなうえ、気温も上がりますのでカビが繁殖しやすい季節です。バスルームや洗面所、トレイ、キッチンなどの水まわりは、カビの栄養が豊富にある場所なので注意が必要。普段からこまめに掃除をして、カビ予防をすることが大切です。
また、すでにカビが発生してしまった場合でも、まだ初期の段階でしたら軽くこすってあげるだけで落とすこともできます。しかし、長期間たってしまったものについては、根が深く張ってしまっていることが多いため、漂白剤などで殺菌するなどの方法が必要です。それでも、奥のほうまで根を張ってしまったものについては、落としきれないこともありますので、やはり早め早めの対策が大切になります。
そこでおすすめなのが、梅雨に入る前に一度、カビの発生しやすい場所をプロの手で徹底的に掃除して、カビの栄養となる汚れを取り除いてしまう方法。カビ予防にもなりますし、そのあとご家庭で掃除する手間もグっと楽になります。

カビ対策におすすめの「セコム・ホームサービス」の専門清掃メニュー

「セコム・ホームサービス」では、梅雨の時期のカビ対策におすすめの専門清掃メニューをさまざまご用意しています。そこで今回は、カビの発生しやすい場所別にメニューをご紹介していきます。

(1)バスルーム

専用洗剤を使って、浴槽を掃除していきます専用洗剤を使って、浴槽を掃除していきます

手が届きにくい排水口もおまかせください手が届きにくい排水口もおまかせください

湿度も高く、汚れがたまりやすいバスルームは、何かと掃除が大変な場所。髪の毛や皮脂、水アカに石鹸カスなど汚れの原因も多く、カビの繁殖にも適した環境であるため、放っておくと汚れやカビがどんどん広がっていきます。
特にカビは、浴槽やドア、窓枠のゴムパッキンに一度根を深く張ってしまうと取り除くのが非常に困難です。そうならないためにも、日ごろからバスルーム内を十分に換気して、水分を取り除いてあげるとともに、皮脂や石鹸カスなどカビの栄養となる汚れをよく掃除してあげることが大切です。
「セコム・ホームサービス」の「バスルームの専門清掃」では、プロのスタッフがバスルームの天井、床、壁、浴槽にはじまり、照明、窓、ドア、排水口、シャワーヘッド、蛇口などの隅々にいたるまで、プロならではの専用洗剤を使って徹底的に掃除します。

(2)洗面所

洗面台の頑固な汚れも専用洗剤で落とします洗面台の頑固な汚れも専用洗剤で落とします

棚の扉など、洗面所の隅々まで掃除します棚の扉など、洗面所の隅々まで掃除します

洗面所にもバスルーム同様、石鹸や整髪料、化粧品など、カビの栄養となる汚れが多くあります。また、これらの汚れは、長期間放置しておくと頑固に付着してしまい落とすのが大変です。使用後に石鹸や整髪料、化粧品をしっかり洗い流してあげるとともに、乾拭きをして、水分をしっかり拭き取ってあげることが汚れを防ぐ第一歩です。
「セコム・ホームサービス」の「洗面所の専門清掃」では、洗面台上部の棚や照明、洗面台、排水口のほか、洗面台下部の棚まで専用洗剤と器具を使って掃除。また、普段の掃除で忘れがちなオーバーフロー穴(洗面ボウルの側面に空いている穴)など、こまかい部分についてもおまかせください。

(3)トイレ

頑固な尿石も専用洗剤で落とします頑固な尿石も専用洗剤で落とします

ウォシュレットなども取り外して掃除しますウォシュレットなども取り外して掃除します

トイレも水を使用するため、湿度が高くなりやすく、カビの発生に注意したい場所。またカビ以外にも、便座や便器に付着した尿石に雑菌が繁殖することでアンモニアが発生し、臭いの原因となります。梅雨は、雑菌の繁殖が活発になるため、臭いもきつくなりやすいので、対策が必要です。
「セコム・ホームサービス」では、カビはもちろん、頑固にこびりついた尿石についても、プロのスタッフが徹底的に掃除しますので、カビ対策だけでなく臭い対策にもお役立ちします。そのほか、床や壁など便器以外についてもきっちり対応します。

(4)キッチン

専用洗剤とスポンジやブラシで頑固な油汚れを落としていきます専用洗剤とスポンジやブラシで頑固な油汚れを落
としていきます

取り外せる部品は、洗剤につけ置きして掃除します取り外せる部品は、洗剤につけ置きして掃除し
ます

キッチンまわりもカビに注意したい場所。例えば、シンクは、水気が多いうえ、生ゴミや油などカビの栄養分になるものがあるため、カビの繁殖にはもってこいの場所です。シンクを触ってみてヌルヌルしたり、黒ズミが目立つようになってきたら、カビが繁殖している可能性があるので、要注意と言えます。ほかにも、キッチン下の収納スペースは、湿度が高く、油や調味料を保管するケースが多いため、それらが内部でこぼれたりすると、カビの繁殖につながりやすくなります。キッチンは食事を作る場所ですので、衛生面には特に気をつけたいもの。
「セコム・ホームサービス」の「キッチンの専門清掃」では、コンロやシンクのほか、キッチンの壁や棚の表面・内部まで掃除します。特に、コンロなど頑固な油汚れが気になる場所は、部品を分解して専用洗剤で徹底的に掃除します。

そのほかにも、「エアコンの専門清掃」や「レンジフードの専門清掃」など、家の中をさまざまな部分について、「セコム・ホームサービス」では専門清掃メニューをご用意しています。梅雨前のカビ対策でお悩みでしたら、ぜひ一度「セコム・ホームサービス」までご相談ください。