左半分が水アカ落とし後、右半分が水アカ落とし前

普段、何気なくのぞいているバスルームや洗面所の鏡。買ったばかりの頃はピカピカだったのに、時間とともに曇りがかっていくこともしばしば。毎日見る場所だけに、いつまでもきれいにしていたいものです。
でも、鏡は傷がつきやすい場所だけに、汚れも頑固になると、なかなかご家庭では手が出しにくいもの。「汚れは気になるんだけど、どうしていいかわからないし・・・。」とお悩みの方も多いのでは。
そこで今回は、「セコム・ホームサービス」にこの春から加わる新メニュー、「鏡の水アカ(ウロコ)落とし」をご紹介します。曇った鏡もプロの手にかかれば・・・。

鏡につく水アカの正体は

バスルームや洗面所の鏡を良く見てみると、表面に白いウロコ状の水アカがついていることはありませんか。普段からこまめにお掃除しているのに何で、と思われる方もいるかもしれません。実はその汚れ、私たちが普段使っている水道水が原因なのです。
水道水のなかには、カルキ(塩素)やシリカといった成分が溶け込んでいます。それらが、水道水に混じり鏡の表面に付着すると、やがて汚れとなって蓄積していき、白いウロコ状の水アカとなるわけです。
ですから、せっかくこまめにお掃除をしても、そのあとで鏡についた水気をしっかり拭き取ってあげなければ、そこからまた水アカが発生してしまうわけです。
また、水アカの原因には、私たちが普段使う石鹸のカスも含まれます。入浴後は、鏡についた石鹸をしっかり洗い流してあげることも必要です。

頑固な水アカ、取るのは難しい?

鏡に付着した水アカも、比較的軽度のものであれば、クエン酸やお酢など酸性の液体をティッシュや雑巾に染み込ませて、鏡の表面に湿布することで落とすこともできます。
また、ホームセンターなどでも、鏡の水アカ取り用の洗剤を売っており、こちらでもある程度のまでは落とすことができます。しかし、成分に研磨剤を含むものが多いため、落とそうとするあまり、力を入れすぎてしまうと、鏡の表面に細かい傷をつけてしまうことがあるので注意が必要です。
しかし、上記はあくまで軽度の水アカの場合であって、頑固にこびりついてしまった水アカでは、簡単に落とすことはできません。もしやるとしても、鏡の表面にこびりついた水アカを物理的に削り落とす必要があるため、ご家庭で落とすのは非常に難しいようです。ですので、そうならないためにも、バスルームや洗面所を使用したあとは、水アカの原因となるカルキやシリカを残さないよう、十分に水分をふき取ることが大切です。

すでにこびりついてしまった水アカはプロにお任せ!

特殊な洗剤で水アカを除去

では、もしすでに、鏡に頑固な水アカがこびりついてしまっているとしたら、そんな時はお掃除のプロにぜひご相談をください。
「セコム・ホームサービス」が提供する「鏡の水アカ(ウロコ)落とし」では、プロならではの専門技術で、水アカ汚れを徹底的に除去します。
作業では、鏡のウロコ取り専用の特殊な洗剤を使って磨くため、鏡に傷がつきにくいうえ、汚れをしっかり落とすことできます。
下の写真を見てのとおり、頑固にこびりついた水アカ汚れも、見違えるほどスッキリです。

  • 作業前。水アカが頑固にこびりつき、映りも悪くなっています。
  • 作業後。水アカもスッキリ落ち、見違えるほどです。

「セコム・ホームサービス」では、今回ご紹介した「鏡のウロコ取りクリーニング」だけでなく、バスルーム全体をお掃除するメニューもあります。
水まわりの汚れは、頑固なものが多く、なかなかご家庭でのお掃除が難しいもの。そんな時は、プロの技でピカピカにしてみてはいかがでしょうか?
ご興味を持たれた方は、ぜひ一度「セコム・ホームサービス」までご連絡ください。