第88回 年末年始の長期不在にそなえた防犯強化のすすめ

 今年も残すところあと数日。年の瀬も迫り、大掃除や暮れの買い物など何かと慌ただしい日が過ごされる方も多いのではないでしょうか。その一方で、忙しさを乗り切れば年末年始のお休みが待っていします。帰省や旅行などでご自宅を留守にしがちな時期だからこそ、今一度防犯対策を見直してみてはいかがでしょうか。
 そこで今回は、ご自宅の防犯強化にお役に立つサービスメニューをご紹介します。

長期の不在時こそ防犯強化を

 年末年始に始まり、ゴールデンウィークやお盆休みなど、長期の休みを利用して旅行や帰省される方にとっては、留守宅の安全は気がかりなものです。実際に、2013年中に発生した侵入窃盗のうち、住宅を狙ったものが全体の約半数を占める57,891件。そのうちの、約70%が留守宅を狙った空き巣となっています。
 中には「うちには盗まれるものはないから大丈夫」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、泥棒が狙うのはけっしてお金持ちの家だけではありません。実際にはパソコンや家電、さらには食料品までも目当てに侵入されることがあります。
 どんな家でターゲットになりうることをしっかりと肝に銘じ、しっかりと対策を立てましょう。

防犯強化に役に立つサービスメニュー

 「セコム・ホームサービス」では、セキュリティのプロであるセコムだから提供可能な「安全・安心」に関するメニューをご用意しています。以下で、サービスメニューの一例をご紹介します。

(1)カギの安全対策
 カギは防犯対策の基本。しっかりと強化しておきたいポイントです。「カギの安全対策」では、ピッキングやサムターン回し、カム送りといった不正解錠の手口に強いものや、不正な合カギの複製対策がされたものまで、防犯強化に有効な玄関カギを多数ご用意しています。
 そのほかにも、ドアや窓に2つの錠を取り付ける「ワンドア・ツーロック」による防犯強化のご提案のため、さまざまなタイプの補助錠やカギ付きのクレセント錠などを用意しています。

写真:防犯性能の高いリバーシブルタイプのディンプルシリンダー
防犯性能の高いリバーシブル
タイプのディンプルシリンダー

写真:玄関ドアの補助錠
玄関ドアの補助錠

写真:窓の補助錠
窓の補助錠

(2)ガラスのメンテナンス
 窓ガラスの防犯強化をお考えの方におすすめなのが「ガラスのメンテナンス」。サービスでは「SECOMあんしんガラス」、もしくは「SECOMあんしんフィルム」を使った防犯強化をご提案します。
 「SECOMあんしんガラス」は、簡単には貫通されない強固な防犯ガラス。2枚の合わせガラスの間に強じんな特殊フィルムを中間膜としてはさむことで、衝撃を受けても貫通しにくい構造を実現しています。
 また、現在お使いのガラスを入れ替えずに防犯強化をしたい方には、「SECOMあんしんフィルム」があります。「SECOMあんしんフィルム」は、厚み約0.39mmの強靭なPET(※)製の防犯フィルム。破壊行為で瞬時に破られ粉々に飛び散るガラスの飛散を防止し、簡単に貫通することを防ぎます。

※PET...ポリエチレンテレフタレート

写真:強靭な防犯フィルムで破壊行為に対して簡単に貫通することを防止(SECOMあんしんフィルム)
強靭な防犯フィルムで破壊行為に対して
簡単に貫通することを防止
(SECOMあんしんフィルム)

写真:ハンマーなどでの破壊行為に対しても、貫通を許さず、侵入を阻止(SECOMあんしんガラス)
ハンマーなどでの破壊行為に対しても、
貫通を許さず、侵入を阻止
(SECOMあんしんガラス)


 「セコム・ホームサービス」では、今回ご紹介したサービスメニュー以外にも「防犯砂利の敷設」など、暮らしの不安に関するサービスをご用意しています。お困りごとがありましたらぜひ一度「セコム・ホームサービス」までご相談ください。