防犯対策・セキュリティのセコムトップ > セコムの社会貢献活動 > ジョブシャドウ

子どもの安全

ジョブシャドウ

  • 「仕事に打ち込むセコム社員」を身近で観察してもらう

未来を担う子どもを応援
 2004年以来、公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本が実施する体現型実技演習プログラム「ジョブシャドウ」の取り組みに協力。セコムは、毎年、地域の高校生を受け入れ、社員に数時間ついて、「仕事に打ち込む人の姿」を身近で観察してもらうことで、ジュニア・アチーブメント日本のねらいでもある、将来の進路選択・将来設計・職業選択の一助になることを願い、この取り組みに参画しています。
子どもの可能性が広げる取り組み
 セコムは、セキュリティ・メディカル・情報通信などの事業を通じて多岐にわたる「安全・安心」を社会に提供しています。子どもたちにはさまざまな分野で活躍する社員、異なる部門で働く社員の姿を見て、それぞれの仕事の持つ意味や、社会で働くことの意義を感じてもらい、これからの選択肢を少しでも広げられるよう取り組んでいます。
家族についても考えるきっかけに
「ジョブシャドウ」を通じて、将来の働く自分の姿を考えることはもちろんですが、多くの学生から「毎日働くお父さん、お母さんの大変さが分かりました」「両親に感謝したい」などの声も多くいただいています。

子どもの安全

月刊 長嶋茂雄
セコム防犯ブログ
月水金フラッシュニュース
暮らしのあんしん百科
美味食材
ページの先頭へ