防犯対策・セキュリティのセコムトップ > セコムの社会貢献活動 > 世界少年野球推進財団

子どもの安全

世界少年野球推進財団

  • 子どもたちに囲まれる王貞治氏とハンク・アーロン氏

世界に広がる野球と友情の輪
 1990年に、世界のホームランキングである王貞治氏と、アメリカの野球界を代表するハンク・アーロン氏が提唱して開催されたアメリカ・ロサンゼルスでの世界少年野球大会を機に1992年8月に設立。これまで93の国と地域から5000名以上の少年少女が参加し、日本・アメリカ・カナダ・プエルトリコ・台湾で大会を開催。セコムはこの取り組みに賛同し、活動を応援し続けています。
 2015年8月、千葉県成田市で開催された第25回「世界少年野球大会」千葉大会では、王貞治、ハンク・アーロンの両氏も参加。14カ国・地域の130人の少年少女が野球教室で野球の基礎を学び、中華台北と大韓民国のチームを招待して、千葉県内12のチームと国際交流試合を行いました。
豊かで健やかな子どもの成長を願う
 セコムは、世界少年野球推進財団の協賛スポンサーとして、世界少年野球大会や国内で開催されている少年野球教室の取り組みを応援することで、豊かで健やかな子どもたちの成長を願っています。

子どもの安全

月刊 長嶋茂雄
セコム防犯ブログ
月水金フラッシュニュース
暮らしのあんしん百科
美味食材
ページの先頭へ