新学期の体調管理と熱中症

セコムの舟生です。

新学期がはじまったばかりは、体調が変化しやすい時期です。会話のなかから不調の兆しを見つけてあげたいですね。新学期がはじまりましたね。
お子さんはもう休み明けの生活リズムに慣れましたか?

9月に入ったとはいえ、残暑はまだまだ厳しく、夏の疲れがあらわれやすいとき。
運動会の練習や体育の授業などで、急に具合が悪くなる子もいるようです。
まだまだ熱中症に注意が必要です。

今回は、夏休み明けの子どもの体調管理や、油断できない「9月の熱中症」についてお話します。

 

* * * * * * * * *


▼ 夏バテ?熱中症?9月に起きやすい子どもの体調不良
熱中症は、まだ体が暑さに慣れていない梅雨ごろから増えはじめ、暑さがピークとなる7月8月にもっとも搬送者数が多くなります。

9月は、いちばん暑い時期を乗り越えて体も暑さへの耐性ができていますが、その一方で夏の疲れから体力が落ち、夏バテのような症状があらわれたり、熱中症になりやすくなったりする場合もあるようです。

夏休み明けの今の時期、食欲がない、顔色がさえない、体がだるそう、横になりたがる、朝なかなか起きてこないなど、ちょっとした不調が子どもに見受けられたら、注意が必要です。
学校を休むほどでなくても、体が弱っていれば、不調が続いたり、急に熱中症になったりすることも考えられます。

新学期が始まってからしばらくは、子どもの体調の変化を見逃がさないようにしましょう
体調面で少しでも気になることがあれば、あらかじめ学校に申し出ておくなど、保護者の方も細やかな対応を心がけてあげてください。


▼ 熱中症に注意が必要なときとは?
熱中症になりやすい条件についておさらいしておきましょう。

<熱中症になりやすいのはこんなとき>
○ 気温が28度以上で晴天が続いているとき
○ 涼しい日が続いたあと急に気温が高くなったとき
○ 曇天でも湿度が高くジメジメして不快な気候のとき

子どもの熱中症は運動中になることが多いので、上記の条件に当てはまるときの体育の授業などは、いつも以上に注意が必要です。運動会の練習やクラブ活動があるお子さんは特に気をつけてください。応援中や、体育館での練習のときでも、熱中症になる可能性はあります。


▼ 熱中症にならないためには、「こまめに水分を摂る」「熱をためこまない」
熱中症予防の最大のポイントは、水分補給
学校での水分補給のタイミングは、おもに休み時間ですよね。

体育やクラブ活動など、汗をかいたあとの水はとてもおいしいものですが、「のどが渇いた」と感じてから飲むよりも、こまめに水分補給するのが理想的

面倒がらず休み時間ごとに水分を補給するようお子さんに伝えましょう。

このほか熱中症を防ぐ対策としては、
(1) 首元を締めつけない衣服を着せる
(2) 吸汗速乾素材の肌着を着せる
(3) こまめにタオルやハンカチで汗を拭くように習慣づける
(4) 必要に応じて着替えを持たせる

などが効果的です。
汗は体温を下げますが、いつまでも体が汗で濡れた状態では熱が発散されず、熱中症につながります。「汗をかきっぱなしにしないように」ということを言い聞かせておきましょう。


* * * * * * * * *


学校生活のリズムに体が戻るには、少し時間がかかるものです。
夏休み中から規則正しい生活を送っていたお子さんでも、やはり学校で勉強したり運動したりするのは、ちょっと違いますよね。
夏の疲れに加えて、学校生活での疲れも加わっていますので、なるべく無理せず、ゆっくり休息できる時間をつくってあげると良いと思います。

生活リズムを整えて体力をつけ、熱中症を防ぎましょう!





2014年9月 4日(木)

カテゴリー: 災害対策

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索