子どもの自転車利用に潜む交通事故の危険性を考える

セコムの舟生です。

9月21日~30日までの10日間は、「秋の全国交通安全運動」の実施期間にあたります。交通事故防止の徹底を図るため、毎年、春と秋に行われており、街中で見かけるポスターなどでご存じの方も多いかもしれませんね。

警視庁から発表された「子供の交通人身事故発生状況(平成23年上半期)」によると、子どもの交通事故発生件数は近年ゆるやかに減少していますが、事故が発生する状況の傾向には、あまり変化がありません。交通事故の多くは、飛び出しや信号無視、安全確認不足など、本人の交通ルール違反が原因です。動きが活発な男の子は、女の子に比べて約2.6倍もの事故発生率(小学生)というデータもあります。

また子どもの交通事故の割合を見てみると、自転車乗車中の事故が62.3%歩行中の事故が37.5%ですから、自転車乗車中の事故がたいへん多いことがわかります。歩行中だけでなく、自転車乗車中の事故の危険性について、子どもにしっかりと伝えていきましょう。

秋の全国交通安全運動」の期間は、「子どもの交通安全」と向き合ういい機会です。ぜひ親子で注意点を話し合ってみてください。

* * * * * * * * *


▼ 自転車乗車中の交通事故が多い理由は?
子どもの自転車事故でもっとも多いのは、出会いがしらの事故で、実に7割近くを占めています。やはり安全確認不足や、一時停止の怠りなどが原因で、スピードが出るぶん、事故の被害も大きいのが特徴です。

子どもにとって自転車は、より早く、より遠くまで出かけるための力強いパートナーです。その便利さや高揚感から、スピードをゆるめるべきポイントがわからなくなったり、危険を察知できなかったりすることがあるかもしれません。お友だちが一緒ならなおのこと。おしゃべりに夢中で、周囲の状況を見極められないことがあるようです。

自転車は、歩行中よりも広範にわたって素早い状況判断が求められる乗り物です。そのことをまずはお子さんが理解していなくてはなりません。本人が先の危険を予測できることが最終目標ですが、まずは「ここは必ず一度止まること」、「この交差点は曲がってくる車が多いからね」、「ここではカーブミラーを見ようね」など、情報をインプットしてあげることも役に立ちます。


  ▼ 自転車事故を防ぐためにできること
  自転車での交通事故を減らす基本は、身体にあった自転車に乗ること。大きすぎて足がつかなかったり小さくて運転がきゅうくつだったりすると、それだけで操作に支障が出ます。子どもは成長が早いので、サドルやハンドルの高さを保護者の方がこまめに調整してあげてください。

そのほか、自転車に乗る上での基本ルールをあげてみましょう。

【自転車に乗るときの基本ルール】
● 信号を守る
● 道路の左側を走る
● 歩道を走るときは車道に近い側をゆっくり走る(歩行者が多いときは押して歩く)
● 二人乗りはしない
● ヘルメットをかぶる
● 自転車で横に並んで走らない
● 友達と話しながら走らない
● ハンドルにものをかけたり、手に荷物を持ったりしない
● 暗くなったら必ずライトをつける
● 「止まれ」の標識のある場所では必ず左右の安全確認を

どれも当たり前のことですが、慣れてくると「これくらい大丈夫!」と過信しがちです。お子さんが自転車に乗っているところを頻繁に見るようにして、きちんと交通ルールを守っているかどうか、正しい乗り方をしているか、よくチェックしてみてくださいね。

* * * * * * * * *

子どもが公共の道路で危険を察知し、状況を適切に判断できるようになるには長い時間がかかります。頭では理解していても、お友だちとふざけていたり何かに気をとられたりしていて、交通事故に巻き込まれる可能性はあります。まずは、通学路やよく遊びに行く場所までの道のりを一緒に歩いたり、自転車で走ったりして、注意点を繰り返し教えてあげてください。





2011年9月22日(木)

カテゴリー: 事故防止

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索