子どもの安全NEWS バックナンバー

子どもの安全NEWS バックナンバー

転落・誤飲事故 転落・誤飲事故

小1女児が道路脇から川に転落

2016年12月2日(金)

11月27日、福島県会津若松市で、小1女児が川に転落する事故がありました。女児は川の近くの道路脇でひとりで遊んでいましたが、誤って約3メートル下の川に落ちた模様。消防隊員らに救助され、けがはありませんでした。転落や水難の恐れがある場所は、遊び場にしないよう子どもに教えてください。子どもの行動範囲にある危険箇所について大人も把握するようにしましょう。

1歳女児が水路に流され死亡

2016年11月30日(水)

11月24日、山梨県富士吉田市で、1歳女児が水路に転落して流され死亡する事故がありました。事故当時、自宅前で除雪作業が行われていて、雪を流すために水路のふたが外されていました。女児はそこから誤って転落したと見られます。転落や水難事故の恐れがある場所では、子どもの居場所に目を配ってください。とくに乳幼児は危険な場所に近づけないようにしましょう。

公園の排水枡のふたが外れ男児が軽傷

2016年10月21日(金)

10月中旬、静岡県静岡市の公園で、5歳男児が排水枡に転落し、腹部に軽傷を負う事故がありました。男児が排水枡の上にかぶせた鉄製のふたに乗った際、劣化が原因でふたが外れ転落したものと見られます。排水枡は排水管の詰まりを防ぐために設置されているもので、公衆トイレや水飲み場などのそばにあります。お子さんが上に乗ったりそばで遊んだりしないよう、教えてください。

小2男児が犬にかまれてけが

2016年10月5日(水)

9月25日、青森県八戸市で、小2男児が2匹の土佐犬に襲われ、腕などをかまれて軽傷を負いました。男児は、路上で自転車に乗って遊んでいた際に襲われました。近隣では普段から犬だけで歩いている姿が目撃されていました。犬は動いているものに襲いかかることがあります。リードをつけていない犬を見かけたら、刺激しないようゆっくり静かにその場を離れるようにしましょう。

4歳男児がマンション3階から転落して意識不明

2016年10月4日(火)

9月22日、神奈川県横浜市で、4歳男児がマンション敷地内で見つかり意識不明の重体です。男児は3階にある自宅で父親と昼寝をしていましたが、自分で鍵を開けてベランダに出て、誤って転落した模様。高さ70cmほどの柵の途中に、足をかけたような跡がありました。転落の危険がある窓には、子どもに開けられないよう補助鍵をつけるなど、十分な対策をしましょう。

もっと読む

マンション9階から転落した3歳男児が死亡

2016年9月8日(木)

9月5日、神奈川県横浜市のマンションで、3歳男児が9階の自宅ベランダから転落して死亡しました。約1.3mの柵を乗り越えて転落した模様。母親は20分ほど外出しており、男児は留守番中でした。幼児は後追いして事故が起きることがあるため、ひとりで留守番をさせるのは避けましょう。また、転落の恐れがあるベランダには日ごろから出ることを禁じ、窓の施錠を忘れないでください。

2歳男児がマンション7階から転落

2016年9月5日(月)

8月30日、東京都葛飾区で、2歳男児がマンション7階にある自宅の窓から転落する事故がありました。男児は足などにけがを負いましたが、命に別状はありません。母親が目を離したすきに、ベッド脇の窓から誤って転落したと見られます。子どものそばを離れるときは、窓を施錠するなど転落対策を徹底し、ベランダや高窓の下には足場になるものを置かないようにしましょう。

6歳男児がマンション8階から転落死

2016年8月17日(水)

8月4日、兵庫県西宮市のマンションで6歳男児が転落死する事故がありました。男児は姉妹とマンション8階にある祖父母宅に遊びに来ており、ベッドで飛び跳ねて遊んでいましたが、誤って窓の網戸を突き破り、転落したもよう。転落の恐れがある場所では、子どもだけで遊ばせない、窓を施錠する、足場になるものを置かないなど、危険の芽を排除しましょう。

用水路に転落した小2男児を救出

2016年7月14日(木)

6月上旬、岡山県岡山市で小2男児が用水路に転落する事故がありました。用水路に自転車のヘルメットを落とし、拾おうとして誤って転落。溺れていたところ、通りかかった3人の大人が男児を救助しました。水際は滑りやすく思いがけない事故が起きることがあります。子どもだけで近づかないのが鉄則。また救助の際も安易に飛び込むと危険ですので注意しましょう。

ブラインドのひもが絡まり窒息する事故に注意

2016年7月6日(水)

消費者庁は、ブラインドやカーテンのひもによる子どもの事故について、平成26年までの5年間で3件の死亡事故が確認されたことを発表しました。6カ月の男児が寝返りをうってベッドから落ちた際にひもが首に食い込み、窒息死する事故などが発生しています。ブラインドやカーテンのひもは子どもが触れない高い位置にクリップでまとめるなど安全対策を施しましょう。

東京消防庁が幼児の高所転落事故に注意喚起

2016年6月8日(水)

東京消防庁の調べによると、2011年から2015年までの5年間で、住宅のベランダや窓から転落して救急搬送された5歳以下の子どもは114人にのぼることがわかりました。エアコン室外機やソファ、布団など、ベランダや窓際にあるものを足場にした事故が多いようです。普段から、窓への施錠や幼児をベランダに出さないことなどを徹底し、ベランダや窓際に足場になりそうなものを置かないようにしましょう。

1歳男児がマンションから転落か

2016年6月2日(木)

5月24日、京都府舞鶴市の駐車場で倒れている1歳男児が見つかり、死亡が確認されました。隣接するマンション6階の自宅から転落した模様です。保護者は「添い寝をしていたらいなくなっていた」と話しており、ベッドから40cmほどの高さにある出窓から誤って落ちたと見られています。乳幼児がいる部屋では窓の施錠を徹底し、足場になるものは置かないようにしましょう。

小1男児が側溝に転落

2016年5月16日(月)

5月7日、新潟県長岡市で、小1男児が道路脇の側溝に転落し、頭などを強く打ち一時意識不明の重体になる事故が発生。その後意識は回復しました。事故が起きた側溝は深さが約1.6m。男児は誤って転落したと見られていますが、警察が事故原因を調査中です。保護者の方は子どもの行動範囲にある危険箇所を日ごろから把握し、子どもだけでは近づかないよう注意を促してください。

2歳男児が手すりを乗り越えダクトの隙間に転落

2016年5月13日(金)

5月5日、東京都墨田区で、2歳男児が共同住宅の共有スペースのテラスから転落し、軽傷を負う事故がありました。男児は鳩を追いかけていて、手すりを乗り越えダクトの隙間に転落した模様。幼児は予測できない行動を取ることがあります。転落のおそれがある場所には近づかせないようにし、できるだけ大人の目や手が届くところで遊ばせるようにしましょう。

乳幼児のたばこ誤飲を厚労省が注意喚起

2016年4月15日(金)

平成26年度に確認された子どもの誤飲事故のうち、たばこの誤飲が最も多かったことが、厚生労働省の調査で明らかになりました。たばこの誤飲事故は1歳前後の乳幼児に集中。室内にあるたばこや灰皿の吸い殻を口にしたり、灰皿の代用にしたペットボトルや缶の中身を飲んだりした例もあります。子どもの手の届く場所にたばこを放置しないよう、管理を徹底しましょう。

小1女児が自宅マンションから転落して死亡

2016年4月12日(火)

4月10日、大阪府大阪市のマンションで、43階ベランダから転落したと見られる小1女児が死亡する事故がありました。家族が目を離したすきに転落したと見られています。高層階の住居では、1人で勝手にベランダに出ないよう子どもに教えましょう。また、転落の恐れがある場所には足場になるものを置かない、窓やドアをしっかりと施錠するなど、日ごろから対策をしましょう。

中型犬にかまれ、小2男児がけが

2016年4月8日(金)

4月6日、福岡県福岡市で、小2男児が中型犬にかまれて足や顔にケガを負いました。草むらで遊んでいたところ、突然襲われた模様。男児は「手を出したら襲いかかってきた」と話しています。犬は警戒心が強い動物です。飼い主がいる場合でも安易に近づかないようにしましょう。首輪やリードがない犬を見かけたら、急に動かず、ゆっくり離れるようにしてください。

小5男児が犬に足をかまれけが

2016年2月17日(水)

2月12日、福岡県福岡市で、小5男児が紀州犬に左足のふくらはぎをかまれてけがを負いました。飼い主は散歩のために犬を鎖から放して準備していましたが、目を離した隙に外に出て、路上で遭遇した男児にかみつきました。人に慣れた犬でも、突然かみつくことがあります。鎖やリードに繋がれていない犬には近づかないようにし、挑発しないようにゆっくりその場を離れましょう。

鉄製の照明柱が倒れ、小4女児が指を切断

2016年2月16日(火)

2月11日、大阪府池田市で、倒れてきた鉄製の照明柱に小4女児が左手を挟まれて、人差し指を切断する大けがを負いました。照明柱は根本がさびていて、腐食が原因で折れたものと見られます。標識など鉄製の柱が折れる事故は過去にも起きています。押したり登ったりしないよう子どもに言い聞かせ、劣化したものを見つけたらすぐに自治体に知らせましょう。

遊具による事故に注意!最多は「すべり台」

2016年2月15日(月)

2月10日、消費者庁は0~12歳までの子どもの遊具事故について分析した結果を発表。すべり台の事故が最も多く、ブランコ、鉄棒、ジャングルジムが続きました。けがのきっかけは「転落」が6割を占めます。特に事故が多い6歳以下の幼児は、保護者が目を離さないようにしましょう。また、引っかかりやすい服装や持ち物にも注意し、危険な遊び方をしないよう言い聞かせてください。

公園で幼児らが犬にかまれる

2016年2月10日(水)

2月9日、兵庫県姫路市の公園で、3歳~6歳の幼児3人を含む5人が、近所から逃げ出してきたブルドックにかまれたり追いかけられたりしてけがをしました。犬は動くものに襲いかかることがあるので、安易に近づくのは危険です。飼い主がいない犬やリードがついていない犬を見かけたら、急に動いたり走ったりせず、ゆっくりその場を離れるよう子どもに教えましょう。

2歳男児が流雪溝に流されるも無事

2016年1月25日(月)

1月18日、秋田県横田市で、2歳男児が道路脇の流雪溝に転落して約300m流されましたが、除雪作用中の男性に救助されました。命に別状はありません。積もった雪を流す流雪溝は、除雪作業のときにふたを開けるもの。男児は母親の後ろを歩いている際に、誤って転落した模様。幼児の事故は危険を予測することが大事です。屋外では子どもから目を離さないようにしましょう。

小5男児が沼に転落して意識不明の重体

2016年1月21日(木)

1月17日、福島県福島市で、小5男児が公園の沼に転落し意識不明の重体です。男児は友人らと遊んでいましたが、沼に張った氷を取ろうと柵を乗り越えて近づき、バランスを崩して転落したと見られます。水際は滑りやすく、寒い時期には凍っていることもあるので危険です。子どもだけのときは、池や川など水のそばで遊んだり、近づいたりしないことを約束させましょう。

1歳女児がつり橋から転落して死亡

2016年1月6日(水)

1月3日、奈良県宇陀市で、散歩中の1歳女児がつり橋から転落して死亡する事故が発生。母親が目を離したすきに、地面と手すりのわずかな隙間から誤って転落した模様。乳幼児はわずかな隙間でもすり抜けてしまうことがあります。子どもの思いがけない行動が大きな事故を招くこともありますので、高所や落下の危険がある場所では、手をつなぐなどして慎重に見守りましょう。

5歳男児が6階ベランダから転落

2015年12月2日(水)

11月28日、神奈川県横浜市で5歳男児が自宅マンション6階のベランダから転落し、重傷を負う事故が発生。事故当時、両親は在宅していましたが、気がついたら男児の姿が見えなくなっていたとのこと。男児はひとりでベランダに出て、誤って柵を乗り越え転落した模様。子どもを部屋に置いて離れるときは、窓に施錠したり足場になるものを除いたりして、転落の対策をしましょう。

保護者の3割以上が育児製品で「けが」や「ヒヤリ」を経験

2015年11月18日(水)

東京都は、未就学児を持つ保護者に育児製品による事故についてアンケートを実施。実際にけがをしたり、けがをしそうになったりした「ヒヤリ・ハット」を3割以上が経験。ベビーカーや抱っこ紐など、移動用品の事故が最多でした。乳幼児向け安全グッズ関連の事故も見られました。子どもの発達に応じた危険を予測して、事故を防ぎましょう。

2歳男児がマンション7階から転落、命に別状なし

2015年11月12日(木)

11月1日、東京都で2歳男児がマンション7階から転落する事故が発生。木の枝にあたってから地面に落下したため、命に別状はありません。事故当時、保護者は外出中で、男児はベランダの柵のそばにあった箱に上がって身を乗り出し、誤って転落した模様。転落の危険がある部屋では幼児をひとりにしないようにし、足場になるものをベランダや窓際に置かないようにしましょう。

4歳女児がマンション8階から転落して死亡

2015年10月28日(水)

10月25日、大阪府枚方市で、マンション8階から転落したと見られる4歳女児が死亡しました。5歳の姉と2人で留守番中に事故が発生。ベランダの窓の鍵が開いており、誤って転落した模様。幼児は頭が重く、下を見ようとして転落事故につながることがあります。なるべく子どもだけにしないようにし、足場をなくす、窓を施錠するなど、安全対策を徹底してください。

乳幼児のボタン電池の誤飲、2割の保護者がヒヤリ経験

2015年10月26日(月)

10月22日、東京都はボタン電池誤飲事故の危険について、乳幼児(1~5歳)の保護者1046人が回答したアンケート結果を発表。「手に持っていた、遊んでいた」「口に入れようとした」「口に入れていた、なめていた」などの回答が約2割ありました。家庭内でボタン電池を使用している製品を把握するとともに、未使用・使用済みにかかわらず保管場所には十分注意しましょう。

4歳女児が市営住宅7階から転落、命に別状なし

2015年10月16日(金)

10月11日、香川県善通寺市で、4歳女児が市営住宅7階から転落する事故が発生。両足骨折の重傷ですが命に別状はありません。保護者は女児に留守番をさせ、買い物のため外出。女児はひとりで通路に出て、吹き抜け部分の手すりを乗り越え、転落した模様。幼児は後追いをすることがあり、ひとりにするのは危険です。短時間でもそばを離れるときは、窓や玄関の施錠を徹底しましょう。

7歳女児が一酸化炭素中毒死、テント内で七輪を使用

2015年10月15日(木)

10月10日、三重県で小2女児が一酸化炭素中毒とみられる症状で死亡しました。自宅敷地内で家族とキャンプを行ない、テント内で炭に火をつけて就寝したことが原因とみられています。七輪や火鉢、石油ストーブなどの使用は、同様の事故に繋がる恐れがあります。一酸化炭素は無臭で気づきにくいので、こまめに換気し、狭い場所での使用には特に注意しましょう。

2歳女児が水で膨らむ樹脂製ボールを誤飲し重症

2015年10月2日(金)

10月1日、国民生活センターは、2歳女児が水で膨らむ樹脂製ボールを誤飲し、十二指腸閉塞になったことを発表。このボールはインテリア用品で、水を含むと膨らむ性質を持ち、吸水前は約1.5cmだったものが女児の体内で4cmほどまで膨らんだもよう。子どもが興味を示しやすく、口の中に入る大きさのものは、手の届かない場所に保管するようにしましょう。

1歳男児が6階から転落死、ベッドが足場に?

2015年9月3日(木)

8月29日、愛知県岡崎市で、1歳男児が集合住宅6階の窓から転落し、死亡しました。母親が物音に気づいて寝室をのぞいたところ、窓の網戸が半分開いており、男児が階下の駐車場に倒れていました。窓辺のベッドに登り、誤って転落したと見られています。転落の危険がある窓には補助錠や子ども用のロック錠などで転落対策をし、足場になりそうなものは窓際に置かないようにしましょう。

車から離れるときは注意!乳幼児の閉じ込め事故が続発

2015年8月25日(火)

8月18日、福島県須賀川市で、生後1カ月の女児がエンジンを止めた車に閉じ込められ、熱中症の疑いで搬送されました。母親は眠っている女児を助手席に置いて車から離れ、誤って鍵をトランク内に入れたため解錠できなくなりました。同市では16日にも乳幼児の車内閉じ込め事故が発生しました。車内に子どもだけを残したまま車から離れるのは危険ですので、注意してください。

幼児がマンションベランダから転落か

2015年7月31日(金)

7月22日、東京都渋谷区のマンション前の路上で、3~4歳の女児が倒れているのが見つかり、死亡が確認されました。女児はマンションの12階の自宅ベランダから転落したと見られています。幼児は頭が重く、高所から下をのぞき込むと転落する恐れがあります。子どもが簡単にベランダに出られないよう対策し、ベランダや窓辺に足場になりそうなものを置かないようにしましょう。

3歳男児がマンション5階から転落して死亡

2015年7月27日(月)

7月16日、京都府京都市で、5歳男児からマンション5階の自宅ベランダから転落して死亡する事故が発生しました。ベランダに踏み台になるものはなく、約10センチの柵の隙間から誤って転落したと見られています。幼児は狭い隙間をすり抜けてしまうことがあります。転落の恐れがある場所には近寄らせないようにし、隙間をふさぐなど事故防止対策をおこないましょう。

4歳男児がマンション14階から転落して死亡

2015年7月10日(金)

7月3日、神奈川県川崎市で、4歳男児がマンション14階のベランダから転落して死亡する事故がありました。保護者が目を離した隙に、ベランダに出て柵を越えて転落したと見られています。転落の恐れがある場所には、踏み台になるものを置かないようにしましょう。ベランダがある部屋では幼児をひとりにしないようにし、そばを離れるときは窓を施錠しましょう。

ドラム式洗濯乾燥機で7歳男児が窒息死

2015年7月1日(水)

6月上旬、7歳男児がドラム式の洗濯乾燥機の中に閉じ込められ、死亡する事故が発生。男児は家族が気づかないうちに洗濯機の中に入り、出られなくなって窒息したと見られています。洗濯機内に閉じ込められる事故は海外でも複数起きており、消費者庁が注意勧告しています。チャイルドロックをかけるなど、事故防止策を徹底してください。

小学校の遊具で首にロープ、小4男児がけが

2015年6月11日(木)

6月1日、静岡県沼津市の小学校の校庭で小4男児が遊具のロープで首をつった状態で見つかり、救急搬送されました。命に別状はありません。ロープにつかまって斜面を登り降りする木製アスレチック遊具で遊んでいる際、輪が首に引っかかった模様。子どもだけで遊ぶときは遊び方に注意し、互いに声をかけあって危険を認識するよう言い聞かせましょう。

1歳男児が宿泊施設の窓から転落して死亡

2015年6月9日(火)

5月31日、愛媛県松山市で、ホテルの12階出窓から1歳男児が転落し死亡する事故がありました。男児は出窓の突き出し部分で遊んでいた模様。窓は閉まっていましたが、家族が目を離した隙に何らかの原因で窓が開き、誤って転落したと見られています。転落の可能性がある箇所は施錠を徹底するとともに、子どもの足場になりそうなものは排除するようにしましょう。

3歳女児がマンション・ベランダから転落して死亡

2015年6月3日(水)

5月27日、福岡県北九州市で12階の自宅ベランダから転落したと見られる3歳女児の死亡が確認されました。母親がごみ出しのため不在にしていたわずかな時間に事故が発生した模様。幼児は保護者の姿が見えないと、後を追ったり探しまわったりします。保護者がいるときでも、窓や玄関は子どもが開けられないようにし、なるべくひとりにしないようにしましょう。

小3男児がマンション12階から転落して死亡

2015年5月27日(水)

5月16日、大阪府八尾市のマンション敷地で、同マンション12階に住む小3男児が倒れているのが見つかり、死亡が確認されました。男児は就寝するために自分の部屋に入った後、何らかの理由でベランダに出て、誤って転落した模様。高層住宅ではベランダや窓辺に足場になるものを置かないようにし、転落につながるような危険な行動をとらないよう、繰り返し伝えましょう。

小1男児がマンションで転落死

2015年5月19日(火)

5月11日、福岡県北九州市で、マンションの屋上から転落したとみられる小3男児が死亡しました。男児は同マンション内の自宅玄関付近で遊んでいましたが、何らかの理由で屋上に上がり、誤って転落した模様。男児は以前も屋上に出入りしていたということです。子どもにとって危険な場所を普段から把握し、近づかないよう言い聞かせるとともに、事故防止対策を検討しましょう。

1歳女児がエスカレーターに指をはさみけが

2015年5月14日(木)

5月5日、茨城県結城市の商業施設で、1歳女児がエスカレーターの階段引き込み口に指をはさまれる事故が発生。女児が何らかの理由でエスカレーター付近の床に手をついた際、左手の中指と薬指の先端をはさまれた模様。外出先では、エスカレーターや駐車場など危険な場所での子どもの行動に特に注意し、いつも以上に目を配りましょう。

小2男児が遊び中に誤って首をつり重体

2015年4月30日(木)

4月25日、北海道旭川市で、小2男児がアパートの外階段に結びつけた袋で誤って首をつり、意識不明の重体。事故当時、男児は友人らと、ひも状にした袋で輪をつくり首にかけて遊んでいました。過去にもひも状のものにぶら下がって遊んでいて、誤って首をつる事故が発生しています。危険な遊び方をしている子どもを見かけたら、ただちに声をかけてやめさせましょう。

4歳女児が階段鉄柵の隙間から転落死

2015年4月13日(月)

4月4日、東京都世田谷区のマンションで、4歳女児が10階付近から転落して死亡。女児は母親と外出するため、先に部屋を出た直後に行方不明になり、非常階段の手すりの鉄柵(さく)の隙間から、誤って転落したと見られています。集合住宅やマンションでは、通路や階段でも転落の恐れがあります。子どもから目を離さないようにし、できるだけ一緒に行動するようにしましょう。

4歳男児が8階から転落し、意識不明の重体

2015年4月9日(木)

3月31日、東京都で、集合住宅の8階ベランダから転落したとみられる4歳男児が敷地内芝生で見つかり、意識不明の重体。両親は留守で男児はひとりで家にいました。ベランダにあるものを踏み台にして乗り越えたと見られています。普段からドアや窓の施錠を厳重にし、幼児が外に出ないよう徹底しましょう。転落の危険がある場所に足場になるものを置かないでください。

地面から1mの高さに張られた糸で8歳女児がけが

2015年4月3日(金)

3月29日、群馬県太田市で、道路を横切るように張られた糸に、自転車で通行中の8歳女児の首がひっかかり軽傷。現場付近に住む60代の男が逮捕されました。男は「女児を知っていた」と供述しており、警察が動機を調査中です。道路や遊び場では周囲に十分注意するとともに、いつもと違うできごとがあった際は、すぐ親に知らせるよう子どもに言い聞かせましょう。

ジェル洗剤(パック型洗剤)の事故が増加

2015年3月19日(木)

3月18日、消費者庁と国民生活センターは、パック型ジェル洗剤が目や口に入るなどの事故が多発していることを受け、注意を呼びかけました。昨年4月~今年1月までに報告された事故情報は152件。7割以上が3歳以下の乳幼児です。万一、口に入ったらうがい後に少量の水や牛乳を飲ませ、目に入ったら弱い水流で10分以上洗い、すぐ医療機関を受診してください。

公園のブランコの真下に深さ2mの穴

2015年3月17日(火)

3月15日、愛知県春日井市の公園で、ブランコの真下の地面が陥没。直径5m、深さ最大2mの穴が空いているのが見つかりました。けが人はいないとのことです。現在、原因を調査中。公園では、遊びはじめる前に周囲の安全を確かめるよう子どもに言い聞かせましょう。遊具の故障や不審物などの異常を発見したら、放置せずただちに保護者が自治体などに知らせましょう。

小2男児2人が除雪機と接触してけが

2015年3月16日(月)

3月12日、岩手県盛岡市で、小2男児2人が作業中の手押し式除雪機と接触し、足を切るけがを負いました。現場は児童センターの駐車場。男児らは除雪機の前で転倒し、事故にあった模様。除雪機をはじめ作業車両の近くには行かないよう言い聞かせましょう。危険をともなう作業時には、必ず周囲の安全を確認し、子どもの居場所には特に注意を払ってください。

「パック型洗剤」にご用心!幼児の誤飲事故が多発

2015年3月6日(金)

洗濯洗剤をフィルムに包んだ「パック型洗剤」の誤飲事故が発生しています。日本中毒センターによると、昨年4月~12月に報告された子どもの事故は125件。2歳以下の幼児が7割を占めます。パック型洗剤はお菓子と間違えやすく、子どもの手の届く場所にあると口にしてしまうことがあります。重大な中毒症状を招く恐れがありますので、保管や使用に十分ご注意ください。

小6男児が遊び中に縄に首がかかり重体

2015年2月20日(金)

2月14日、熊本県の河川敷で、小6男児が木の枝につけられた縄に首がかかった状態で発見され、意識不明の重体。現場は日ごろから子どもたちの遊び場になっており、男児は遊んでいて誤って縄に首がかかったと見られています。重大事故につながる恐れのある要素はできるだけ事前に取り除く必要があります。子どもの遊び場は大人が定期的に点検し、安全確保に努めましょう。

1歳男児がホームと電車の隙間に転落

2015年2月18日(水)

2月14日、神奈川県横浜市の駅で、1歳男児が電車とホームの隙間から転落する事故が発生。男児にケガはありませんでした。事故発生時、母親はもうひとりの子どもを抱っこしていて、男児から手が離れたと見られています。幼児連れで移動する際は、手をつなぐか抱き上げるかし、手が足りない時は周囲に助けを求めるなどして、子どもの安全を確保しましょう。

男児2人が校庭で犬に噛まれてけが

2015年2月10日(火)

2月3日、愛媛県新居浜市の小学校で、小1男児2人が校庭に侵入した犬に噛まれました。顔や唇などにけがを負い、1人は15針縫う大けが。校庭は参観日で駐車場として利用されており、児童らは犬と遊んでいた模様。飼い犬でも、近づいたりそばで急に動いたりすると噛まれる恐れがあります。飼い主がそばにいない犬を見たら、静かに、ゆっくりその場を離れましょう。

7歳男児が除雪機に足を挟まれ重傷

2015年2月5日(木)

1月30日、福島県須賀川市の小学校で7歳男児が除雪機に左足を挟まれる事故が発生。男児は左足指4本を折る重傷です。男児が除雪作業中の除雪機の前を横切ろうとしたところ、転倒し除雪機に挟まれた模様。重機操作などの危険な作業中は決して周辺に近づかないよう、十分に言い聞かせるとともに、作業者も子どもの所在をよく確認しながら行ってください。

小2男児が雪に埋もれて死亡

2015年1月28日(水)

1月22日午後、長野県で下校途中の小2男児が、雪捨て場で雪に埋もれ死亡する事故が発生。除雪で集められた雪に登って遊んでいたところ、雪が崩れました。事故当時は雨が降り、雪がゆるんでいた模様。日差しが出て気温が上がったときや、雨が降ったときなどは、雪崩や落雪の恐れがあります。雪を積み上げた場所や建物の軒下には近づかないようにしましょう。

抱っこひも事故防止へ改良提言

2015年1月5日(月)

抱っこひもからの転落事故が発生していることを受け、東京都は12月25日、事故防止のため提言書をまとめ、関係省庁や業界団体に対して製品改良を要望。抱っこひもの利用者には、椅子に座るなどして低い姿勢で装着することや、前かがみ時は子どもの頭を手で支えるなどのポイントをホームページで公表。ひもの緩みや留め具なども必ず確認するようにしましょう。

行方不明の6歳男児、電車で保護

2014年12月12日(金)

12月2日、福井県鯖江市で、行方不明の6歳男児をJR北陸線の普通電車内で保護。男児は家族が外出中にひとりで家を出て、最寄り駅から乗車。男児は電車が大好きで、ひとりで切符を買い、複数の列車を乗り継いでいました。子どもは興味関心から思わぬ行動をとることがあります。子どもの性格にあわせ、やってはいけないことをルール化しておきましょう。

園児、児童らが犬に襲われ軽傷を負う

2014年11月27日(木)

11月19日、大分県中津市で、登園・登校中の幼稚園児や小学生児童7人が犬に噛まれ、足などに軽いけがをしました。犬は首輪をつけていましたが、飼い主はいませんでした。犬は急に動くものに反応する習性があるので、子どもに襲いかかることがあります。散歩は必ずリードをつけてください。飼い主の許可なく犬に近づかないよう、子どもにも言い聞かせましょう。

マンション11階から4歳男児が転落して死亡

2014年11月26日(水)

11月16日、大阪府守口市で、マンション11階に住む4歳男児が転落して死亡する事故。母親が大きな音に気づいて外を見ると、閉めたはずの寝室の窓が開いており、下で倒れている男児を発見。窓は床から1mほどの位置にあり、手前には台が置いてありました。幼児でも鍵を開けてしまうことがあります。転落の可能性がある場所は、厳重に対策をおこないましょう。

マンション9階から女児が転落するも命に別状なし

2014年11月21日(金)

11月16日、大分県宇佐市で、マンション9階ベランダから4歳女児が転落。右足太ももを骨折しましたが、命に別状はありませんでした。ベランダの柵の前には子ども用のいす、おもちゃの入った箱などが置かれていました。転落の危険がある場所には、足場になるものを置かないようにしましょう。高層階の方は、子どもをベランダに出さないことも検討してください。

1歳男児、集合住宅3階から転落して死亡

2014年10月27日(月)

10月18日、大阪府大阪市の集合住宅で、3階に住む1歳男児が窓から転落し死亡しました。事故は母親が目を離した隙に発生。窓はリビングの床から高さ80cmの位置にあり、男児は窓際にあるテーブルに登って窓を乗り越えた模様。窓下やベランダに足場になるものを置くのは危険です。短時間でも子どものそばから離れるときは、必ず窓に施錠しましょう。

スズメバチに注意!児童26人が社会科見学で被害

2014年10月23日(木)

10月16日、熊本県熊本市の小学生が、社会科見学に訪れた先でキイロスズメバチと見られるハチに襲われ、26人が病院に搬送されました。現場は山間の遊歩道で、外から見えない場所に巣があり、通りかかった子どもが次々襲われました。秋はスズメバチの活動が活発になります。巣には近づかず、飛び回っているところを見かけたら静かにその場を離れましょう。

マンション3階から転落した1歳男児が重体

2014年9月29日(月)

9月22日、埼玉県さいたま市のマンションで3階の自宅出窓から1歳男児が転落。頭などを強く打って重体です。男児は出窓下にあったダンボールに登り、窓から転落した模様。事故当時、両親は外出中で、小学生の兄弟らが一緒に部屋にいました。窓辺やベランダ周りには足場になりそうなものを置かず、小さな子が窓を開けられないよう補助錠などの工夫をしましょう。

マンション8階から6歳女児が転落死

2014年9月17日(水)

9月13日深夜、兵庫県伊丹市で、6歳女児がマンション駐輪場で倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡しました。女児は8階の自宅ベランダから約30m下の駐輪場の屋根に転落、はずみで通路に落ちた模様。両親は女児を寝かしつけたあと、外出中でした。高層階では子どもがベランダに出ないよう教え、子どもが開けられない補助鍵なども検討しましょう。

列車ドアの戸袋に1歳児の手が引き込まれる

2014年9月11日(木)

9月5日、宮城県仙台市で、1歳男児が列車の戸袋に右手を手首まで引きこまれ、軽いけがをする事故がありました。列車は押しボタンでドアが開閉するもので、乗車時に引き込まれたようです。ドア付近に子どもがいる場合は、戸袋に引き込まれる可能性があります。子どもの身体をなるべくドアから離し、開閉中の扉には絶対に手を触れないよう注意しましょう。

マンション高層階から男児転落死、大阪と横浜で

2014年8月27日(水)

8月23日、大阪市でマンション14階の自宅ベランダから4歳男児が転落して死亡。ベランダ柵の手前にゴミ箱が逆さに置いてあり、よじ登って落下した可能性。25日には、横浜市で13階から10歳男児が転落して死亡。自宅の出窓から誤って落ちたと見られています。転落の可能性のある場所には足場になるものを置かず、落下防止の対策を厳重におこなってください。

1歳女児がマンション8階から転落し死亡

2014年8月20日(水)

8月12日、神奈川県横須賀市のマンションの8階から1歳女児が転落し、搬送先の病院で死亡しました。夏場は窓やドアを開放する機会が増えます。小さなお子さんがいるご家庭では、できるだけ子どもをひとりにしないようにし、市販の補助カギや子ども用ロックなど安全グッズの活用や、窓下やベランダに足場になるものを置かないなどの対策をしましょう。

宿泊施設の窓から4歳女児が転落して重傷

2014年8月19日(火)

8月11日、山形県村山市の宿泊施設で、4歳女児が3階客室の窓から約4.7m下の2階サンデッキに転落。脳挫傷や肺挫傷などの重傷を負いました。外を眺めようとした際、開いていた窓から誤って転落した模様。旅行先では、子どもにとって危険な場所がないか、最初に確認してください。窓やベランダなど転落の危険がある場所には子どもを近づかせないようにしましょう。

公園の遊具に宙吊りになった小4男児が死亡

2014年8月14日(木)

8月6日、兵庫県神戸市の公園で発生した事故で意識不明になっていた小4男児が、11日に搬送先の病院で死亡しました。男児は、うんていに犬用リードをかけて遊んでいて、リードが首に巻きつき、宙吊りの状態になりました。公園では、服のフードや首から下げたストラップが遊具に絡まる危険があります。窒息を招く可能性がある服装や危険な遊びに注意しましょう。

団地のガス管点検窓から女児が転落

2014年7月11日(金)

7月7日、金沢県金沢市の市営アパートで、建物内の配管スペースに7歳女児が転落。2階と1階の間で宙吊りになり、間もなく救助されました。女児は、ガス管の点検用窓から入り込んで転落した模様。集合住宅の共有部には建物点検のための鍵付き扉が複数あります。子どもの安全のため施錠を再確認し、開いていたら絶対に近づかず、管理会社に連絡しましょう。

エスカレーターに注意!幼児がベルトに手を挟まれる

2014年6月24日(火)

6月18日、東京都港区の商業施設で、2歳男児がエスカレーターのベルトに手を挟まれる事故が発生。男児は近くにいた人に助けられ、軽傷です。ベルトが巻き込まれる隙間は、幼児の小さな手が引き込まれることがあります。付近では遊ばせず、目を離さないようにしましょう。また、乗っているときは必ず手をつなぎ、ステップの縁には立たせないでください。

マンションからの転落事故、同じ市内の2カ所で

2014年6月16日(月)

6月7日、兵庫県明石市のマンションの3階ベランダから、1歳男児が転落して重傷。エアコンの室外機の上で遊んでいて転落した模様。また同日、同市内のマンションの4階屋上から、11歳女児が転落して重傷。5階の自宅ベランダの柵を乗り越えて4階の屋上に入り、転落した模様。ベランダや窓辺には足場になるものを置かず、子どもの様子に注意を払いましょう。

マンション11階から9歳男児が転落。木に引っかかり無事

2014年5月30日(金)

5月27日、大阪府のマンション11階の階段踊り場から9歳男児が転落しました。男児は友人と遊んでいて誤って転落。男児は、マンションに設置された落下防止のガラス板にあたり、立ち木に引っかかりながら地面に落ち、足や胸に怪我を負いましたが、大事に至らずに救助されました。転落事故は男児に多い傾向があります。危険な場所で遊ばないよう徹底しましょう。

立体駐車場での事故に注意!子どもが挟まれる危険

2014年5月27日(火)

国土交通省によると、機械式立体駐車場での重傷・死亡事故が、過去7年で26件発生。子どもの死亡事故も含みます。立体駐車場は、中に人が残されていると、下の駐車スペースに転落したり、挟まれたりすることがあります。「駐車場で遊ばない」「装置に触らない」「機械に入らない」ことを徹底し、子どもが取り残された時は、直ちに非常停止ボタンを押しましょう。

自転車に乗った小3男児、いきなり顔を殴られる

2014年5月21日(水)

5月12日、埼玉県春日部市の小学校近くで、自転車に乗っていた小3男児が突然見知らぬ男に胸をつかまれ、顔を殴られました。男児は小学校に逃げ込みましたが、鼻血が出て頬が腫れるなどのけがを負いました。犯人は逃走中です。不審な人物が近づいてきた時や危険を感じた時は、大声をあげたり防犯ブザーを鳴らすなどして、身を守る行動を取りましょう。

マンション10階から4歳男児が転落死

2014年5月13日(火)

5月2日、東京都葛飾区の高層住宅の10階から4歳男児が落下し、死亡する事故が発生。ベランダにあった踏み台に登り、誤って転落した模様。事故当時、保護者は1階に降りていて、部屋には男児と1歳の妹だけがいました。わずかな時間でも家を空けるときは、落下の危険がある場所の施錠を徹底し、子どもの足場になりそうなものに注意しましょう。

商業施設内のゲームセンターで9歳女児が痴漢被害

2014年5月9日(金)

4月30日、愛知県名古屋市の商業施設内にあるゲームセンターで、母親らと遊びに来ていた9歳女児が、10代の男に服の上から体を触られる被害。警察が余罪を含めて調べています。商業施設やイベント会場などでの痴漢や盗撮の被害が多数報告されています。外出先では、常に子どもとその周辺に目を配り、服装に配慮するなどの対策をしましょう。

公園で鉄棒が折れる事故、9歳男児が重傷

2014年4月24日(木)

4月17日、北海道札幌市の公園で、高さ1.5mの鉄棒の接続部分が折れ、9歳男児が地面に転落。右手首を骨折する重傷です。冬に積もった雪の重みや老朽化が原因と見られています。子どもがよく行く公園で、老朽化した遊具や危険を感じる箇所があれば、自治体の公園管理担当に連絡してください。保護者や地域の方も協力し、遊具の事故防止に努めましょう。

女児が頭を杖(つえ)で殴られけが

2014年4月4日(金)

3月28日、宮崎県宮崎市の公園で、友人と遊んでいた8歳女児が頭を杖で殴られ、軽傷を負いました。女児を殴った40代男は飲酒しており、現行犯逮捕されました。公園や駅、商業施設など不特定多数の人が出入りする場所では、挙動がおかしい人を見かけたり、見知らぬ人にじっと見られていると感じたりしたら、その場からすぐに離れて大人に知らせましょう。

公園で女児の体を触った男を逮捕

2014年4月3日(木)

3月15日、東京都八王子市の公園で、小5女児の体を服の上から触った疑いで、20代男が逮捕されました。男は「女の子の体を触りたい欲求があり、コントロールできなかった」「他にも数件やった」と供述。周辺では女児へのわいせつ事件が3件起きていました。関心を引くような服装を避け、1人で行動しないようにするなど、性犯罪対策を徹底してください。

2歳児の頭をフォークで刺した男を逮捕

2014年3月27日(木)

3月19日、岡山県岡山市で、公園で遊んでいた2歳女児の頭部を、金属製のフォークで突き刺した疑いで50代男を逮捕。女児は全治3日のけがを負いました。男は「にらまれたので、フォークで突くふりをした」と供述。街中や公園で、挙動のおかしい人物を見かけたり、見知らぬ人からじっと見られたりしたら、すぐにその場を離れて安全を確保しましょう。

新幹線ホームから3歳児が転落

2014年3月24日(月)

3月16日、兵庫県神戸市で、新幹線に乗車しようとしていた3歳男児が、列車とホームの間に転落。ただちに母親と駅員が救出し男児にけがはありませんでした。小さなお子さんは、手をつなぐか、抱き上げて乗車するようにしましょう。もしものことがあった場合は、駅員や近くの人に知らせ、一刻も早く非常停止ボタンを押すようにしてください。

子どもへの暴行が全国で相次ぐ

2014年3月18日(火)

3月12日、岩手県のホームセンターで、2歳女児が30代の男に足払いされ転倒。13日には、広島県の路上で小6女児が60代の男に首をつかまれ、腹部を膝蹴りされるなどの暴行を受けました。さらに16日、東京都の路上で小6男児が自転車に乗った男に顔を殴られる事件が発生。子どもへの暴力被害が全国で相次いでいます。緊急時は、大声で助けを求めましょう。

体育館屋上につながるはしご転落、男児が重傷

2014年3月13日(木)

3月10日、大分県佐伯市の小学校で、体育館屋上から小5男児が転落し重傷を負いました。男児は、地上から約1.5mのところについた、体育館の屋上に続くはしごに登って遊んでいた模様。遊具や高所からの転落事故は、小学生の男児に多い傾向です。危険な遊びをしているところを見かけたら、その場で注意しましょう。

犬に襲われ、登校中の児童4人が重軽傷

2014年3月12日(水)

3月7日、香川県高松市の小学校そばの路上で、登校中の児童4人が相次いで中型犬に噛まれ、小2男児が重傷、ほか3人が軽傷を負いました。犬は首輪をしており、現場から逃げていきました。飼主がそばにいない犬を見かけたら、近づかないようにしましょう。また、急に動いたり大声を出したりして刺激することは避け、静かにその場を離れましょう。

小6男児が6mの縦穴に転落、積雪で穴に気づかず

2014年2月21日(金)

2月13日、青森県三沢市で、下校中の小6男児が深さ6mの浄化槽用の縦穴に転落。男児は救出されて無事でした。雪で覆われて、穴がわからなかったとのこと。落雪の影響でふたがずれた可能性もあると見られています。積雪時は足元に注意し、危険な場所には近づかないようにしましょう。

河川敷で子ども2人が大型犬にかまれる

2014年2月14日(金)

2月8日、福岡県朝倉市の河川敷で、祖母と散歩中の小2女児と5歳男児が大型犬にかまれ、助けようとした祖母も軽傷を負いました。当時、飼い主は、首ひもを外して犬を運動させていました。犬を散歩させる際は必ずリードをつけましょう。また、知らない犬には近づかないよう、お子さんに言い聞かせましょう。

ニュースカテゴリから探す ニュースカテゴリから探す
  • 誘拐・連れ去り
  • 窃盗・その他の犯罪
  • 火災・やけど
  • ネット犯罪・盗撮
  • 感染症・熱中症
  • 交通事故
  • 転落・誤飲事故
  • 溺水事故

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索