創立50周年記念イベントALL SECOM「セコムフェア2012」をレポート

セコムの舟生です。

セコムフェア2012発見!あたらしいセコムグループ去る7月7日、創立50周年を迎えたセコム
日頃からご愛顧いただいているお客様をはじめ、取引先の関係者様をお招きして、感謝の気持ちを伝えるとともに、セコムの"これから"をご覧いただくイベント、ALL SECOM「セコムフェア2012」を全国5都市で開催してきました。

5月に仙台からスタートした「セコムフェア2012」。名古屋、福岡、大阪をまわり、東京では7月10日から12日までの3日間開催しました。いずれの会場も大盛況。5会場で6万人以上の方々がお忙しいなか足をお運びくださいました。本当にありがとうございました。

今回は、この子どもの防犯ブログを読んでくださる方々に、「セコムフェア2012」の様子を知っていただきたいと思い、「セコムフェア2012」東京会場の様子をレポートさせていただきます。

子どもたちが安全に、安心して暮らせる社会を目指すセコムの取り組みを、ぜひご覧ください。

セコム創立50周年記念イベント、ALL SECOM「セコムフェア2012」をご案内します










 

* * * * * *

▼ セキュリティを超えた「安全・安心」をオールセコムが創る
セコムならではの技術を凝縮したさまざまな防犯カメラ「セコムフェア2012」では、セコムグループが関わる最新技術やシステムなど、"最先端のセコム"をご覧いただきました。

なかでも多くのお客様が関心を示してくださったのは、最新のセキュリティシステムです。385件もの特許を持つ最新の「画像認証技術」や、位置把握まで可能な「ICタグ」などを駆使して、かつてない高度なオンライン・セキュリティシステムや出入管理システムをすでに実用化しています。
日本初の本格的な屋外巡回監視ロボット「セコムロボットX」も展示セコムの強みは、基盤技術の研究・開発から製造、営業、セキュリティプランニング、機器取付工事、24時間監視、緊急対処、メンテナンスまで一貫して行っていること。業界でも群を抜く機動性を誇り、最先端の技術とサービスの融合をどこよりも早く実現しているんですよ。

セコムがお届けしているのは、セキュリティ事業だけではありません。防災事業メディカル事業保険事業地理情報サービス事業情報系事業不動産事業の、7つの事業で成り立っています。グループ各社が総合力を結集して新しいサービスを創造し、社会により大きな「安全・安心」をお届けするのがセコムグループの使命です。

「セコム・ホームセキュリティG・カスタム」、セコムだからこそ実現できる「安全・安心」をご家庭にもセコムは日本初となるご家庭向けセキュリティを始めましたが、昨年12月には「セコム・ホームセキュリティ G‐カスタム」を開発し、発売。セキュリティだけでなく、災害時や非常時に備えて写真や通帳など個人情報を預かる「データお預かり機能」を融合させるなど、幅広く「安全・安心」をご提供しています。

 

 

 

(左は)食事支援ロボット「マイスプーン」(右は)「セコムAEDパッケージサービス」ほかにも、このブログで以前にご紹介したAED(自動体外式除細動器)や、防災用品セット「セコム・スーパーレスキュー」食事支援ロボット「マイスプーン」などを展示。セコムのさまざまなサービスや商品が、皆さんの「安全・安心」に貢献することを願うばかりです。

 

 

 

 

▼ セコムの考える未来予想図
また「セコムフェア2012」では、セコムグループが実現する近未来を、3m×24mの大型スクリーンをつかってご紹介しました。実は、この未来予想図は、私も楽しみにしていた展示です。

巨大スクリーンで、映像と役者の演技を組み合わせてセコムが描く15年先の未来を体感いただきました

セコムグループが実現する近未来は、セコムが持つさまざまな情報や技術を活用して、だれもが安心して心豊かに暮らしている...そんな世界。「こんな未来が早く来たらいいな」と強く感じさせてくれるものでした。

未来の緊急対処車両イメージ大型スクリーンの映像と役者の演技が繰り広げられる当コーナーでは、緊急対処車両の一部が展示され、多くの来場者の注目を集めていました。社会の安全を守るためには、あらゆる情報をトータルで把握し、情報を常に更新し続ける必要があります。近い将来、この緊急対処車両がそれを実現してくれることでしょう。

 

▼ 子どもたちの未来を守るセコムの取り組み
全国の安心して美味しく食べられるものを集めた「セコムの食」は大好評セコムでは、子どもの防犯ブログや、「セコム子ども安全教室」などに取り組んできましたが、セコムのさまざまなサービスには、子どもたちの未来につながるものがたくさんあります。

たとえば「セコムの食」。安心して食べられるだけでなく、「本当においしい」ものを「セコムの食」のバイヤーが全国各地から厳選してお届けしています。

会場では、実際に試食していただく機会があり、「おいしい」という声があちこちで聞こえ、おかわりに足を運ばれる方の姿も見られました。

* * * * * *

本当に多くの方々にお越しいただいた「セコムフェア2012」。お客様からセコムへお寄せいただく期待がこれほどにも高いということを実感し、身を引き締めました。

皆さまとともに、ご家族、そしてなによりお子さんが安全に、そして安心して暮らせる社会を目指して、セコムグループも進化し続けたい。私も決意をあらたにしました。

50周年は通過点。さらなる飛躍を目指してまいります。
これからのセコムの可能性に、どうぞご期待ください!





2012年7月26日(木)

カテゴリー: お知らせ

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索