来年もよろしくお願いします! - セコムと話そう「子供の防犯」ブログ -

セコムの舟生です。

大人の注意ポイントいよいよ今年も残りあとわずかとなりました。今日あたりから仕事納めを行い、年末年始の休暇に入る会社が多いようですね。家族で旅行へ行ったり、帰省して正月を迎えたりする方も多いことでしょう。事件・事故に巻き込まれないように注意して、楽しいお正月の思い出をつくってくださいね。 (^o^)

「セコムと話そう『子供の防犯』ブログ」がスタートしたのは、今年の2月。子供たちが被害者となる事件が続くなか、防犯のプロとして、そして小さな子供を持つ父親として、子供の防犯を中心にみなさんの身の周りで実際に起きているような事例を交えながら、できるだけわかりやすい内容でお伝えできるよう努めてきました。

残念ながら子供の防犯に「これをすれば絶対大丈夫」という特効薬のような対策はありません

それでも、情報を集め、子供といっぱい話をして、ひとつひとつ小さな心がけを積み重ねていくことが、子供を守ることにつながるのだと確信しています。

たくさんの方にご覧いただき、またご意見やご感想も頂戴しています。ありがとうございます。私もまだまだ勉強中、これからも、あらゆる危険から子供を守るための方法をみなさんと一緒に考え、子供をとりまく不安を少しでも解決していけるような"情報提供の場"になれば幸いです。

先日も「今年一番のわが家のニュースは?」と題して、「2006年一番のわが家、わが子のニュース」を募集いたしました。

早速、たくさんの"ニュース"をお寄せいただきましたので、ご紹介したいと思います。

>「マンションに隣接する公園で、うちの子どもが友達と遊んでいたのですが、公園で石投げをしていて、その石がマンションのエントランスの大きなガラス窓を割ってしまったことです。1辺が50センチ四方の大きなガラスで、修理費用に約10万円かかりました。けが人がいなかったことが、不幸中の幸いかな...。費用は、遊んでいた友達3人で折半。けっこう大きな出費です。」(緑の森さん)

ケガをされた方がいなくて、本当に良かったですね。子供は、元気が一番! とはいえ、子供が遊んでいる場所には実はまだまだ気がついていないたくさんの危険が潜んでいます。もう一度、子供の環境を再確認し、危険性については十分話しあっていきましょう。


>「ドライブ中にドロップを口に入れたまま、後部座席でウトウト昼寝をしてしまい「のどを詰まらせるのでは」と、ドッキリしました。すぐに路肩に車を止めて、口からドロップを出しました。」(ハルカちゃんのママさん)

楽しいドライブのあと、ちょっと疲れてしまったのでしょうか? 私も同じようにドキッとした経験があります。ドライブ中に限らず、大人がちょっと目を話した隙にあめやガムなどをのどに詰まらせてしまう子供の誤嚥による事故もたくさん起きています。この方は素早い的確な対処のおかげで大事に至らず、本当によかったですね。


>「いろいろ注意していたにも関わらず、目を放した隙に、加湿器の蒸気口に前々から興味を持っていたようで、息子は小さな人差し指を蒸気が出ている口に差込込み・・・。痛い、熱いで、泣いて大騒ぎ。病院で手当てをしてもらい大事にならなくホッと。傷も残らなく、今は、大丈夫なのですが、本人は、それ以来、加湿器は危険なモノと認識しているようです。今は、家におとづれる人達へ「あれは、いたいの」と加湿器を差しつつ教えてくれます。注意を払うことに際限はないのですが、大きな事故につながらないことをこれからも願いつつ。」(しょうこさん)

幼い子供の興味というというものは、大人には想像できないところへ向けられることがあります。ユラユラと立ち上る湯気にも興味をもつのでしょう。以前、「子供の事故は家庭のなかで起こっている」と題して、"その1" "その2" "その3"を掲載していますので、ぜひ一度ご覧ください。

今年はこの記事が最後となります。来年も、どうぞよろしくお願いします。
よいお年をお迎えください (^_^)/


次回は、1月4日(木)に記事アップ予定です、お楽しみに。





2006年12月28日(木)

カテゴリー: お知らせ

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索