子供の防犯お役立ち情報リスト

セコムの舟生です。

子供の注意ポイント5月も半ばを過ぎました。子供たちも新しいクラスにすっかり慣れた頃でしょう。お子さんは元気に登校をしていますか? 4月の慌ただしさが一段落したところで、そろそろ子供の防犯について、いま一度、親子で確認しておきたいものですね。

今回は、子供の防犯などについて情報を提供しているホームページをピックアップしてご紹介します。

********************************

子どもの危険回避研究所

子どもの危険回避研究所先日、対談に登場していただいた横矢真理さんが所長を務める "子どもの危険回避研究所"では、病気や事故、犯罪、いじめ・虐待、災害のほか、環境問題といった子供を取り巻く危険について研究し、いかに危険を回避すればよいかを提案しています。

ホームページには、「生活習慣危険度チェック」などもあり、周囲に潜む日常生活の危険箇所をチェックすることができます。

「生活習慣危険度チェック」には大人用と子供用がありますが、小学校の低学年以下のお子さんには、少々難しい質問事項もあるかもしれません。ご両親などがお子さんに「こういったことは、どう思う?」と質問事項について説明をしてあげれば、親子で一緒に日常生活の危険箇所をチェックできていいですね。

********************************

■小宮信夫の犯罪社会学の部屋

小宮信夫の犯罪社会学の部屋地域安全マップの開発者で、立正大学教授 小宮信夫先生が運営するホームページです。

「地域安全マップ スケジュール/歴史」のページでは、子供たちと安全マップをつくったレポートが紹介されています。

********************************

警視庁 子どもを犯罪から守るために 防犯チェックポイント

4つの"よい子の約束"など、子供に必ず守らせるべき約束などが書かれています。

"よい子の約束"とは、

(1)知らない人についていかない
(2)ひとりで遊ばない
(3)外に出掛けるときは、おうちの人に「だれとどこで遊ぶか」「何時に帰るか」を伝えてからでかける
(4)連れていかれそうになったら大声で「たすけてー!」と叫ぶ

です。
この4つの約束を子供に繰り返し教えることが大切だそうです。

そのほかにも犯罪事例と防犯対策など、子供を犯罪から守るためのポイントがイラストでわかりやすく紹介されています。


********************************

警視庁 ドキドキまあちゃんゲーム

子供自身が、主人公・まあちゃんになって、近所のお店に買い物に出かけるゲームです。その途中で、まあちゃんをいろいろな誘惑や怪しい人たちが待ち受けます。

・お友達に近所のゲームセンターに誘われたら?
・優しそうなお兄さんに「ネコがいなくなったから、一緒に探して」と頼まれたら?
・道路にお財布が落ちていたら?
・怪しい人が後ろからついてきたら?

...など。
子供自身がゲームをしながら、自分の周囲にも起こり得る危険に対する防犯対策が学べます。

********************************

Benesse 教育情報サイト「子どもの安全特集」

子供の安全をどのようにして守っていくのかをテーマに、「子どもの安全特集」を企画。子供の防犯における第一人者である小宮信夫先生や、横矢真理氏の講演会を動画で紹介するなど、保護者に向けた具体的なノウハウを提供しています。

********************************

■子供の安全と防犯対策を考える親の広場

"防犯パパ"こと野口力天氏が運営するホームページ。子供を取り巻く危険から、いかにして子供たちを守っていくのかを親の視点から情報発信しています。

ホームページのほかにもメールマガジン「今そこにある危機!子供を守る!防犯の心得7か条」の発行もおこなっています。

********************************

アサヒ・コム 「子どもを守る」特集

"子どもを守る"ことに主眼をおいて、ニュースをピックアップしています。どこでどのような事件が起きているのかを知ることは、"子供の防犯"において重要なことです。

過度に不安を覚えるよりも、身のまわりに起きている危険を知り、事前に備えておきましょう。また万一、危険に遭遇したときには、どのように対処するのかを子供にしっかりと教え、防犯シミュレーションなどを通じて練習しておくことが大切です。

********************************

子供の安全ネットワーク・ジャパン

子供の安全ネットワーク・ジャパン"子供に対するさまざまな身体的危険から子供を守り、子供が健やかで安全に成育していくための活動"をおこなう団体が運営するホームページです。なかでも「どう防ぐ子供の事故」というページでは、28項目にわたって実践的な情報を紹介しています。

親は、防犯だけでなく不慮の事故から子供を守っていかなくてはなりません。そのためには、さまざまな情報を知ることが重要なのです。

********************************

これから夏に向けて薄着になる季節は、子供たちが痴漢や変質者の目にとまらないか、とくに心配になりますね。

防犯を考える上では、身のまわりに潜む危険を知ることがとても大切です。また、子供たちに適切な情報を伝えることが、子供が自らの身を守る力を高めることにつながります。危険に対する事前の備えと、万一のときの対策をしっかりと考えてあげたいものです。

※各ホームページの内容については、それぞれの法人・個人の責任において管理・運営されているものですので、ご自身の責任においてご利用ください。





2006年5月23日(火)

カテゴリー: お知らせ

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索