子どもの変化を見逃さないために

セコムの舟生です。

4月に入りました!気分一新。気持ちよくスタートを切りたいものですね。

進学や進級によって、子どもの置かれている環境は変化します。なかでも小学校入学は、大きな節目です。毎日送り迎えのある保育園や幼稚園時代は、先生から直接、その日の子どもの様子を聞くこともできたと思います。しかし小学校ではそういうわけにはいきません。

子どもがどのような経験をして、どんなことを考えているのか。それを知るには、子ども自身に話を聞くしかありません。

そこで今回は、子どもとのコミュニケーションのポイントをご紹介します。子どもの変化を感じ取るための参考にしてください。

* * * * * * * * *

▼ 子どもとのコミュニケーションのポイントは?
子どもの変化を見逃さないためには、親子のコミュニケーションが不可欠です。子どもからうまく話を引き出すためのポイントを挙げてみましょう。

(1) 「聞く」スタンスで接する
親は基本的に聞き役です。子どもとの会話を途中で遮ったりせず、「それから?」「ほかには?」と話を促し、なるべくたくさんの言葉を引き出してあげましょう。また、話を否定しないことも大切。「あなたは本当にダメなんだから」などの言葉は、子どもを萎縮させてしまうことがあります。

(2) 聞きたいことをイメージする
「今日はどうだった?」となんとなく声をかけるだけでは、子どもから表面的な話しか聞きだすことはできません。大事なのは、聞き役である親が子どもの何を知りたいと思っているか。聞きたいことをイメージしてコミュニケーションに臨めば、会話をうまくコントロールできます。

(3) 子どもの話に興味を持つ
仕事や家事の片手間に「あら、そう」「ふーん」と相槌を打つだけでは、「お母さん(お父さん)は聞いていない」と話す気をなくしてしまいます。短い時間でもいいので仕事の手を止めて、きちんと子どもと向き合いましょう。

(4) 表情の変化をよく見る
小学生くらいになると、強がってみたり、無理をしたりする面も出てきて、口に出しているすべてが本音ではないこともあると思います。ですから、表情が非常に重要になります。互いの顔が見える距離、場所で会話ができるようにしましょう。

(5) おおらかに構える
親のほうに気持ちのゆとりがないと、子どもの話をうまく受け止めることができません。どんな話に対しても、「大丈夫!」と言ってあげられるのが理想です。子どもは親に話すことで大きな安心感を得て、「困ったことがあったらまずお母さん(お父さん)に話そう」という気持ちになります。


▼ 子どもの日常を把握しよう
言葉でのコミュニケーションが重要ですが、うまく言葉で伝えきれないこともあると思います。子どもが言葉にできなくても、察してあげられるよう、学校で何があるのかを予測するといいでしょう。たとえば、時間割や日直の日、掃除当番の予定、学校から帰ってくる時間帯など、小学校での日常のスケジュールは把握しておくと良いと思います。

「今日は体育の授業があったでしょ?」とか「日直はどうだった?だれとやったの?」などと声をかければ、「うん、あのね...」と子どもも話をしやすくなります。

またコミュニケーションのきっかけづくりとしても役に立ちますから、プリント物など学校から得られる情報は、なるべく細かく目を配るようにしてくださいね。

* * * * * * * * *

ご紹介したような親子のコミュニケーションを日ごろから心がけていれば、子どもの小さな変化にも気付きやすくなります。

「楽しそうに話しているかな?」「自分からすすんで話をしてくれているかな?」「何かを言いたい様子はないかな?」といったことを、いつも気にかけながら会話してみてください。





2012年4月 2日(月)

カテゴリー: 子どもの防犯

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索