新学期応援シリーズ[4] ハインリッヒの法則から学ぶ防犯対策

新学期応援シリーズ個別記事セコムの舟生です。

ゴールデンウイークも終わり、そろそろ新生活の疲れが出てくるころではないでしょうか。この時期、腹痛や頭痛などの体調不良を訴える子供も少なくないようです。

こんなときこそ、いつも以上にお子さんとのコミュニケーションを密にして、小さな変化を見逃さないようにしましょう。

さて、皆さんは、「ハインリッヒの法則」という言葉をお聞きになったことがありますか?

新学期応援シリーズの第4回は、子供の防犯を考えるときにも参考になる「ハインリッヒの法則」についてお話します。

* * * * * *

「ハインリッヒの法則」とは 「ハインリッヒの法則」とは、アメリカの技師ハインリッヒ氏が労働災害の発生確率を分析して導き出した「1対29対300」という比率のこと。

重大災害を1としたとき、軽傷の事故が29、ケガはなかったがヒヤッとした体験が300の割合で発生しているということをあらわしています。


子供の防犯に置き換えてみると、

「子供の連れ去り」「誘拐」などの重大な事件が1件発生したとき、
「不審者と遭遇した」「知らない人に声をかけられた」などの小さな事件が29件、
「壁の落書きが放置されている」などの、あまり意識されない異変が300件

の割合で発生していると言えるのです。


「壁の落書きがいつまでも放置されている」「道路にゴミが散乱している」「公園の水道が壊れている」といった日常の"些細な異変"の積み重ねは、重大事件へとつながる危険性を秘めているのです。


"意識されない小さな異変"を見逃さないために
大きな事件と日常の些細な異変は密接につながっています。だからこそ、親子のコミュニケーションを密にして、お子さんを取り巻く環境のちょっとした変化を見逃さないように気をつけてみてください

先に挙げた「壁の落書きが放置されている」などのちょっとした異変は、お子さん自身も意識していないことが多いでしょう。子供との日常の会話の中で、そうした"些細な異変"がないか探るほか、私たち親自身も、通学路や公園・学校など、子供を取り巻く環境の変化に敏感になり、ちょっとした異変を見逃さないように気をつけたいものです。もし"些細な異変"が見つかったときは、積極的に改善していきましょう。

もちろん、お子さんが何か異変を報告してくれたときは、「たいしたことではない」と聞き流すのではなく、「事件の予兆が隠れているかもしれない」と意識し、行動してください。


次回の「新学期応援シリーズ」は、子供の生活リズムについてご紹介します。
公開は、5月13日の予定です。どうぞ、お楽しみに。

* * お知らせ[1] * * 「ココセコム安心通学キャンペーン」実施中! キャンペーン期間 : 2月1日(月)~5月31日(月)

オリジナルリフレクターココセコムは、お子さんの外出を見守る屋外用携帯緊急通報システムです。

キャンペーン期間中に「ココセコム」をお申し込みいただくと、セコムの「オリジナルリフレクター」をプレゼント!リフレクター(写真)は、車やバイクのライトを反射してドライバーに注意を促す交通安全グッズです。ホームページからのお申し込みは加入料金が500円割引になります。この機会に、ぜひ「ココセコム」をご検討ください。詳しくは、「ココセコム」ホームページをご覧ください。

※クルマ・バイク専用タイプ(車両取付タイプ、カーアラーム1)、携帯電話タイプ、法人でのご契約はキャンペーン対象外です。
※プレゼントの発送は3月中旬頃の予定です。


* * お知らせ[2] * *
新小学一年生のための「セコム新入学防犯チェックシート」公開中!

4月に小学校に入学されたお子さんがいらっしゃる保護者のみなさん、防犯チェックはされましたか?1年生になると、お子さんの行動範囲が広がります。セコムでは、新入学を迎えたこの時期に最低限知っておきたい防犯の基本を、15のチェック項目と解説が付いた「セコム新入学防犯チェックシート」にまとめました。

「セコム新入学防犯チェックシート」は、「ココセコム」のサイト右側にある緑のバナーをクリック。プリントアウトしてお使いいただくことができます。防犯対策にお役立てください。





2010年5月10日(月)

カテゴリー: 子どもの防犯

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索