親子で楽しみながら防犯シミュレーション(その3)

セコムの舟生です。親子で楽しみながら防犯シミュレーション<その1>、<その2>とお届けしてきましたが、今回はその第3回です。

今回の防犯シミュレーションは、子供にひとりでのお使いごとを頼んで、その行動を観察するというものです。子供が危険な目にあわないような行動をとれているかをチェックすることが目的です。

大人の注意ポイントここでは、子供にひとりでお使いを頼んでみます。この場合行き先としては、初めてのところではとまどってしまうだけなので、普段から親と一緒に買い物などに行っている場所を選びましょう。そして、後ろからそっと子供の行動を観察しながらついて行きます。<その1>の時と同様に、不審者と間違われて通報されないように気をつけましょうね(笑)。

きちんと歩道を歩いているか、フラフラとふざけながら歩いていないか、知らない人と不用意に話をしていないか、近所の人に出会ったらあいさつができているかなど、チェックすることはたくさんあります。また、それまでに他の防犯シミュレーションを行っているなら、その"学習"がきちんと実践できているかも確認します。

そして子供が帰ってきたら、観察結果と照らし合わせながら報告を聞きましょう。子供はフラフラ歩いていても、近所の人へのあいさつを忘れていても「ちゃんとできたよ!」と言うかもしれません。でも、決して叱らないでください。観察結果と子供からの報告には、差があるはずです。その差が今後、子供の防犯を考えていくうえで大切なのです。できなかったことは、また教えればいいのですから、まずはひとりでお使いに行けたことを褒めてあげてください。

子供の防犯に取り組むうえでは、親が知識を教えるだけでは不十分です。子供が自ら考え、応用力をつけていくことが肝心なのです。防犯シミュレーションを何回も繰り返し丁寧に行うことにより、自らの身を守る力や防犯意識は自然と身に付いていきます。

そうそう、お使いを観察するときには、くれぐれも子供に気付かれないように注意してくださいね。





2006年2月21日(火)

カテゴリー: 子どもの防犯

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索