鳥インフルエンザ(H5N1)対策情報サイト - 知っていますか?強毒性インフルエンザの脅威

信頼される安心を、社会へ。 セキュリティ・防犯・警備のセコム
 
鳥インフルエンザ(H5N1)対策情報サイト > 鳥インフルエンザはなぜ怖い?

鳥インフルエンザはなぜ怖い?

高い致死率の強毒性

鳥インフルエンザ(H5N1)に感染したヒトの致死率は、これまでのところ全体で約60%(2010年8月時点)と非常に高い数値を示しています。季節性インフルエンザの致死率が0.1%未満ですから、これらと比べても鳥インフルエンザ(H5N1)の病原性は驚異的と考えられます。

ワクチンによる予防が困難

これまでにヒトに感染したことがないに等しい新種のウイルスであるため、流行初期にはぴったりなワクチンが存在しません。事前予防ができないことから、鳥インフルエンザ(H5N1)をはじめとする新型インフルエンザの大流行につながりかねません。現在、これまでにヒトに感染したケースのH5N1ウイルスで暫定的に作ったワクチン(プレパンデミックワクチン)が一定量備蓄されていますが、実際のパンデミックの際のウイルスとは型が異なることから効果は限定的といわざるを得ません。

感染するとどうなるの?

感染すると突然の高熱や呼吸器症状のほか、全身倦怠感、筋肉痛などの全身症状を伴うと言われています。中には軽症で済んだ例もありますが、多臓器不全や重症肺炎などにより、急激に悪化して死に到るケースも報告されているため十分な注意が必要です。

重症化しやすい10〜20歳代

若者(とくに10〜20歳代)は生体防御機能がよく働いているため、身体の免疫機能が過剰に反応してしまう「サイトカイン・ストーム」が起こりやすく、重症化しやすいと言われています。また、妊婦や乳幼児、高齢者についても重症化しやすいことが指摘されていますので、感染予防を心がけ、かかりつけの医師の指導を受けるようにしましょう。

5歳以下の乳幼児は「インフルエンザ脳症」にも注意

インフルエンザ脳症とは、インフルエンザ発病後、急激に病状が悪化する病気で、主に5歳以下の乳幼児に見られます。この場合、インフルエンザの症状に加えて、(1)呼びかけに答えないなどの意識障害、(2)意味不明の言動、(3)持続性のけいれん、といった症状が現れると言われています。このような症状が見られた際には、速やかに医療機関を受診するようにしましょう。
鳥インフルエンザ(H5N1)対策情報サイトトップへ ページの先頭へ
セコム株式会社
Copyright(C) SECOM CO.,LTD All Rights Reserved.