防犯・セキュリティのセコムトップ > ホームセキュリティ > 新築時こそ、ホームセキュリティ > セコムのこだわり > スタッフの質

ホームセキュリティも充実のセキュリティ(防犯・警備)のセコム公式サイト「スタッフの質/セコムのこだわり/新築時こそ、セコム・ホームセキュリティ」ページ。
セコム・ホームセキュリティの特長と新築時にホームセキュリティ導入するメリット。
ホームセキュリティ導入体験談やQ&Aも。

  • 知っておきたい「住まいの防犯」
  • 新築時はホームセキュリティ導入のチャンスです
  • セコムのこだわり
  • デザインにも自信があります
  • ホームセキュリティ導入体験談
  • よくあるご質問 Q&A
気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせ先
お問い合わせフォーム

セコムのこだわり スタッフの質

「人」こそ、セキュリティサービスの要です。

お客さまの生命や財産にかかわるサービスだからこそ、ホームセキュリティには最高の品質が求められます。まず問われるのは「スタッフの質」。機器を開発する技術者、お客さまに最適なプランをご提案する営業スタッフ、設置工事に伺う担当者、コントロールセンターの管制員、そして、万一のときに急行する緊急対処員。その一人ひとりが使命感と責任感を持ち、確かな技能を身につけていなければ、いざというとき、お客さまの安全を守ることはできません。

豊富なノウハウを継承しています

セコムホームセキュリティの原型は、セコムが1966年より実施した企業向けのオンライン・アラームシステムです。セコムのアラームシステムは、人力(マンパワー)と機械(マシン)が一体となりシステム化されたマン・マシンシステムで、当時、世界で初めてのビジネスモデルでした。その後40年以上にわたり、常に時代を先取りした最先端のマン・マシンシステムによるサービスを提供し続け、セコムには膨大なノウハウが蓄積されています。

「経験=現場対応力」が違います

非常事態が発生したとき、第一線でお客さまの安全確保に努めるのは、お客さま宅の異常信号を最初にキャッチする管制員と、迅速に現場へ急行する緊急対処員です。いざというときの判断力や行動力は、マニュアルだけでは習得できません。現場の状況は多種多様、まったく同じ事案はひとつとしてありません。個々の状況に応じた行動の適切さ、迅速さ、周到さ=現場対応力は、経験とノウハウを蓄積してこそ身につくものです。

「万が一」のときの心強い味方です

セコムコントロールセンター監視員

お客さまのご自宅から送信される異常信号を受けるのが、コントロールセンターに勤務する管制員です。
異常信号というデジタルな情報から、即時にお客さま宅で起きている状況を判断。現場に急行する緊急対処員(ビートエンジニア)に的確な指示を出します。

東京中央コントロールセンター 林 隆二郎

「機械的に対処指示を出すのではなく、異常信号を出した物件の場所や発生時刻、その時々の犯罪の傾向などをもとに、経験上考えられるさまざまな注意事項を緊急対処員に伝えるよう心掛けています」

緊急対処員(ビートエンジニア)

緊急対処員は、独自の訓練を受けた安全のプロフェッショナルです。
セコムが培った豊富なノウハウをもとに、自らの判断力によってお客さまの安全確保に努めます。

東京本部国立営業所 有馬 克昇

「緊急対処員になって6年以上経ちますが、異常発生現場へ急行するときは、今でも緊張感が走ります。最近の犯罪は手口が巧妙化し、さらにスピードが増していますし、お客さまのお宅へ少しでも早く到着できるよう、すぐに出発できる体制で待機するようにしています」

セコムのこだわりトップへ

新築時こそ、ホームセキュリティ。お客さまの様々な状況に合わせて最適なホームセキュリティのプランをご提案いたします。
防犯・防災なら「セコム・ホームセキュリティ」が24時間365日監視し、お客さまの安全を見守ります。防犯カメラ(監視カメラ)などの防犯対策商品や防犯グッズの設置などもセコムにご相談ください。