セコム防犯ブログ|泥棒は下見する。どこを見ているか知っておこう!| ホームセキュリティのセコム

  • Check

家庭の防犯対策

泥棒は下見する。どこを見ているか知っておこう!

2015年11月19日

泥棒の手口を知って未然に被害を防ぐために

みなさんは、泥棒がどのような風貌で、どのような手口で侵入するか知っていますか?泥棒は、不審に思われないような格好で、あなたの家をこっそり観察しています。

泥棒といえば、唐草模様の風呂敷をかついで、手ぬぐいで頬かむりしているイメージを浮かべる方も中にはいらっしゃるかと思います。しかし、そんな目立つ格好をした泥棒は、現実にはいません。近所の人に見られても不審に思われないような服装で、しっかりと下見をしているのです。

△泥棒は下見する。どこを見ているか知っておこう! TOPへ

 

泥棒の服装の例■泥棒はごく当たり前の服装をしています

住宅街を歩いているスーツ姿の人、屋根にハシゴをかけている作業着の人など、周囲の状況に合っていれば目立ちません。泥棒も同じように、目立たない格好を好みます。

泥棒は、隣近所との人間関係が希薄になっていることを逆手に取って、普通の恰好で紛れ込んできます。普段は見かけない人が近所を歩いていたら、あいさつをする習慣をつけましょう。声をかけられるだけで、犯行をあきらめる泥棒は多いのです。

●泥棒の服装の例
・スーツを着て訪問販売員になりすます。
・工事などの作業者になりすます。
・普段着で住人になりすます。
など

△泥棒は下見する。どこを見ているか知っておこう! TOPへ

■泥棒は事前に下見をします

一般的に泥棒は、住んでいる人の一週間の生活パターンを調べて、留守になる時間帯や来客数をつかむなど、時間をかけて調べます。また、複数犯で不正解錠、侵入を行う場合には、犯行時に見張りを立てるため、住宅やマンションの周辺を携帯電話をかけながら徘徊する不審者には十分に注意しましょう。

●主な下見のポイント

・扉や窓に鍵をかけているか、開けっ放しか

・入りやすいか、逃げやすいか
・近隣からの見通しが悪いか
・通行人が少ないか
・家族構成や生活パターン
・窓のクレセント錠は開けやすいタイプか
など

△泥棒は下見する。どこを見ているか知っておこう! TOPへ

■留守かどうかをこうして確認します

その家が留守かどうかを確認する方法として、泥棒が最も多く利用する手口はインターホンです。インターホンを押して住人が出てくるかどうかを確かめるわけです。

居留守を使うと、犯人と鉢合わせてしまうので危険です。近所の公園や広場に潜んで住人の動きを観察したり、電話をかけたり、カーテンや郵便物などの状態を見て判断したりする場合もあります。

気をつけなければいけないのが「マーキング」です。マーキングとは、正当な目的を持たない訪問者が、その家の特性を示す印を残していくこと。

女性の一人暮らしや、高齢者だけの世帯、日中の不在を示すマークなど、さまざまなものがあると言われています。表札の付近や玄関まわりなどで、不審なマーキングを見つけたらすぐに消しましょう。

下見の結果、泥棒の都合がよい家が狙われる傾向があります。泥棒が好む家の環境を確認し、対策しておくことをおすすめまします。


【関連記事 pick up!
空き巣が狙う時間帯と侵入の手口とは?

全国規模でみると住宅侵入盗
泥棒対策!侵入されやすい家とは?
在宅中に侵入されると身に危険が及ぶ可能性も
親子でできる!大掃除と一緒に「わが家の防犯チェック」
押し込み強盗対策
合かぎによる侵入手口
連休は空き巣に注意!親子で一緒におでかけ時の防犯チェック
秋の連休「シルバーウィーク」を前に~家を留守にする時のポイント~
住宅で発生する住居侵入

△泥棒は下見する。どこを見ているか知っておこう! TOPへ

■顔検知機能付き「セキュリフェースインターホン」

インターホンのチャイムにつられて、相手を確認せずに玄関を開けてしまい、被害に遭ってしまう。そんな危険を回避するためのシステムです。マスクや帽子などで顔を隠している場合や、カメラの死角に入って来訪者の顔が確認できない場合、「顔検知機能」が不審者を玄関払い。ご家族に注意を促します。
>>セキュリフェースインターホンを詳しく見てみる

  • Check
  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン

カテゴリ

  • セコム防犯ブログアンケート

  • アンケートにご回答いただいた方の中から、セコムの食「バウムクーヘン」を抽選で5名様にプレゼント!