セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 新しい「それ」をどう表現する?


月曜コラム 安心豆知識

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

月曜コラム 安心豆知識

新しい「それ」をどう表現する?

 今から約100年前、「昆布だしの味」の成分をつきとめ、それを調味料にすることに成功した日本人研究者がいました。本日7月25日は、その特許が成立した1908年7月25日にちなんで「うま味調味料の日」とされています。

 昆布や鰹節などから感じる「うまい」、「うま味」という「日本語の言葉」は、この意味ではもともとの日本語の体系には存在しませんでした。この言葉の使い方は、昆布や鰹節のあの味を指し示すために、その成分を抽出した研究者が提唱したものなのです。

 それまでの日本人も、その味を感じていたのは間違いありません。しかし、それまでの日本人は、その味を区別して認識していませんでした。うま味調味料が存在しなかった時代、味覚全般から、その味を分けて認識したり、指し示したりする必要性が薄かったからです。

 セコムが、日々の生活に「安全・安心」をもたらすサービスとして「ホームセキュリティ」を提供しはじめてから今年で35年になります。言葉で説明する(言葉にする)ことはなかなか難しいのですが、「ホームセキュリティ」によって感じる「安全・安心」は、一般的な日本語にある安全、安心よりも強く、実際「ホームセキュリティ」を使われた多くの方が実感をもってこれを語られています。

 人は言葉によって物事を認識、区別します。昆布や鰹節などによる味覚を表す必要性から「うまい、うま味」という言葉が使われるようになったように、「ホームセキュリティ」のようなセキュリティサービスによって感じる「安全・安心」を指し示す言葉として、「セコムする」「セコム、してますか?」が世の中に広まったのだと思います。

【関連情報 pick up!
安心豆知識 コードとは何か?

セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
甘利康文

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ