セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 1件あたりの被害額の高い架空請求詐欺


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

1件あたりの被害額の高い架空請求詐欺

 先週、2015年の特殊詐欺に関する統計が警察庁から発表されました。1年間の被害総額は476億8000万円となり、2014年と比べると15.7%の減少となりました。
 内訳をみると、オレオレ詐欺などを含む振り込め詐欺は、件数で前年比13.2%の増加、被害額で2.8%の増加となっています。
 一方、振り込め詐欺以外の特殊詐欺は、件数で51.1%の減少、被害額で53.5%の減少となっています。相変わらず、振り込め詐欺が猛威を振るっている様子が見て取れます。

 振り込め詐欺を手口別に見たものを上の図に示しました。1件あたりの被害額を、2014年と2015年で比較したものとなっています。オレオレ詐欺が339万円、架空請求詐欺が483万円と、特に高額になっています。
 このうち、還付金等詐欺だけは前年比増加となっています。また、下の図に示した、振り込め詐欺以外の特殊詐欺については、金融商品等取引名目の特殊詐欺の被害が、いまだ大きくなっています。
 手口別にみると唯一、1件あたり被害額が1000万円を超えています。しかも、2014年の1078万円から、2015年は1124万円に増加しています。

 ここ数年の件数のトレンドをみると、振り込め詐欺以外の特殊詐欺については減少となっていますが、振り込め詐欺については増加となっています。特に架空請求詐欺は増分が大きく、2011年に1000件以下でしたが、2015年は4000件に迫るほどとなっています。
 一見、架空請求に見えない「あなたに賞金が当たりました」といったメールも、反応してしまうと個人情報が流出し、あらぬ請求をされる可能性があります。絶対に連絡してはいけません。また、架空請求詐欺の被害者は、すべての年齢層に散らばっています。「私は大丈夫」と考えないでいただきたいと思います。

【参考情報】
安心豆知識「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる?〜犯罪者側から見た特殊詐欺〜」
データから読む「犯罪のトレンドは窃盗から詐欺へ」

セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
濱田宏彰

特殊詐欺の手口別の1件あたりの被害額 振り込め詐欺 警察庁のデータをもとに作成

特殊詐欺の手口別の1件あたりの被害額 振り込め詐欺以外の特殊詐欺 警察庁のデータをもとに作成
特殊詐欺の手口別の1件あたりの被害額(上の図:振り込め詐欺、下の図:振り込め詐欺以外の特殊詐欺)
(警察庁のデータをもとに作成)

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ