セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 全国出火率ランキングの1位は?


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

全国出火率ランキングの1位は?

 先日、都内のホテルで火災がありました。このホテルには、残念ながらスプリンクラーが設置されていなかったようで、消防署が到着するまで消火するすべがなかったようです。
 全国の火災の件数をみると、やはり東京都が最も多くなっています。しかし、出火率でみると1位ではありません。毎年発表される消防白書にランキングが載っていますが、2014年の火災をみると、東京都は18位となっています。では、どこの県が上位にあるのでしょうか。

 右の図は、2014年の都道府県別の出火率を示したものです。人口1万人当たりの出火件数となっており、全国平均は3.4件です。ワースト1位は山梨県の5.1件、2位は群馬県の4.7件となっています。
 最下位、つまり火災が最も少ない県は富山県で、2.0件となっています。富山県は、1991年以来連続して最も出火率が低くなっています。ちなみに、山梨県は4年連続の1位です。また、図にはなっていませんが、単位人口当たりの死者数をみると、ワースト1位は秋田県で、次いで鹿児島県、高知県と続き、最も少ないのは神奈川県となっています。それに次ぐ46位が東京都です。

建物火災の原因は、こんろ、たばこが上位となっています。しかし今回のホテル火災では、フロント付近が激しく燃えたとのことで、別の要因も考えられます。このような思わぬ要因としては、コンセントや電灯線などの配線器具、電気装置などがあります。接触不良やほこりが原因となる場合もありますので、定期的にチェックしてみることをお勧めします。また、初期消火が重要です。消火器は必ず用意しておきましょう。

【参考情報】
片手で操作できるセコムの消火器「トマホークマッハ」
「電気設備機器による火災に注意!」
「クリスマスイルミネーション設置の際の注意事項」

セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
濱田宏彰

2014年の都道府県別の出火率(消防白書をもとに作成)


2014年の都道府県別の出火率
(消防白書をもとに作成)

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • あんしん介護のススメ
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ