セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 災害を乗り切るための備蓄を


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

災害を乗り切るための備蓄を

 明日、11月19日は備蓄の日です。先ごろ、東京都が新しく設定したもので、「1年に1度は備蓄(19)の確認を」という語呂合わせのようです。
 地震などの災害時は、自宅などに備蓄しておいた水や食料で生活することになります。以前は3日分の水や食料を備蓄するようにいわれてきましたが、いまでは一週間分といわれています。
 備蓄の日を機会に、ご自宅の備蓄品の準備状況を確認してみましょう。

水や食料を備蓄していない方は半数以上
 2013年の12月に調査した、内閣府の「防災に関する世論調査」によると、「大地震が起こった場合に備えて、どのような対策をとっていますか」との問いに、「食料や飲料水を準備している」と答えた方は46.6%となっています。また、「携帯ラジオ、懐中電灯、医薬品などを準備している」と答えた方は62.2%となっています。
 東日本大震災の前の調査(2009年調査)と比べて、水や食料の準備については13パーセント増となっていますが、いまだ半数以上の方は準備していないようです。

水や食料も大事だがトイレも大事
 "一週間分"というと、おおごとのように聞こえますが、防災備蓄専用の食料だけを考えずに、いつも使ったり食べたりしているものの延長で考えてみれば、そんなに高いハードルではありません。
 まず、電気の供給がストップした冷蔵庫や冷凍庫に残っているものを順番に消費していき、それがなくなってきたら、レトルト食品や缶詰などの備蓄品を食べていけば、家族で一週間を乗り切ることができると思われます。
 問題は、食料よりもトイレです。建物は大丈夫でも、上下水道が途中で破断していたら、水洗トイレは使えません。ぜひとも、備蓄品の中に非常用トイレを準備しておいてください。


【参考情報】
データから読む「非常用食料より大事な"トイレ"」
企業やご家庭の備蓄に災害対策用備蓄品「しのげール」

セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
濱田宏彰

大地震に備えた対策(上位5項目) (防災に関する世論調査、 2013.12.調査、内閣府)
大地震に備えた対策(上位5項目)
(防災に関する世論調査、
2013.12.調査、内閣府)

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ