セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 身近にある危険物を再確認する「危険物安全週間」


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

身近にある危険物を再確認する「危険物安全週間」

 今週6月7日(日)から13日(土)まで、危険物安全週間となっています。毎年6月の第2週に実施されています。ガソリンや軽油、灯油といったものや、カセットボンベなどの燃料は、"危険物"という認識があると思います。しかし、家庭内にある身近なものの中にも"危険物"が存在します。今回は、このような身近な危険物についてみてみましょう。

火災の原因となりうる危険物
 消防庁の資料によると、危険物が原因とされる火災は、2014年に203件発生しています。これを発生割合で表すと、1万施設当たり4.76件となります。
 危険物施設の分類で中でも、特に多いのは燃料や塗料などを製造する施設で、同70.48件となっています。次いで、燃料を補充したり、塗装を行ったり、ボイラーやバーナーを用いるなどの、危険物を取り扱う施設は、同11.78件となっています。
 一方で、これらを貯蔵する施設は、同0.51件と少ないようです。貯蔵しておく施設は、普段は人手がかからないために、地震などの災害がない限り事故は少ないようです。それに引き替え、人手が必要な施設では人的要因が増大するために、相対的に火災が多く発生しているといえそうです。

ウォッカが火災の原因に
 もっと身近な危険物といえば、ヘアスプレーや制汗消臭剤、殺虫剤などのスプレー缶があります。噴射させるために、LPガスやジメチルエーテルなどの可燃性ガスが使われています。不燃性ガスが使われているケースもありますが、缶の注意書きに「危険物第4類、アルコール類」とか「第2石油類」などと記されているものは危険物にあたります。
 また、インフルエンザやノロウイルス対策としての、手指の消毒用アルコールも、危険物に該当するものもあります。さらに、度数の高いお酒も危険物である場合があります。先日、ワゴン車の中でウォッカを飲みながらタバコに火をつけようとしたら、引火して車が全焼するという事件があったばかりです。

オフィスや家庭内の危険物を再確認!
 前出のスプレー缶もタバコと同時に使用するのは危険です。こんなことはないと思いますが、タバコを吸いながら髪をセットしようとヘアスプレーを使ったら、先のウォッカの事件のようなことになりかねません。また、塗料のスプレーに引火したという事件は時々耳にしますので、こちらも注意が必要です。このように、誤使用などのヒューマンエラーによるものは、火災に限らず事故の要因としては少なくありません。
 普段、何げなく使っているモノの中に、危険物は潜んでいます。今回の危険物安全週間を機に、家の中にある危険物を探し出して、使用方法に誤りがないか改めて考えてみましょう。そして、万が一、火が出てしまった場合を想定して、消火する方法を再確認しておいてください。

【参考情報】
片手で操作できる新しい消火器「トマホークマッハ」
事業所向けオンライン火災監視システム
出火を遠隔でキャッチ「フレームチェッカー」

セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
濱田宏彰

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • あんしん介護のススメ
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ