セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 地域の医療機関、商業施設、高齢者支援機関などと連携
介護付有料老人ホーム「アライブ品川大井」を開設


金曜コラム セコムニュース

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

金曜コラム セコムニュース

地域の医療機関、商業施設、高齢者支援機関などと連携
介護付有料老人ホーム「アライブ品川大井」を開設

 セコムのグループ会社で介護付有料老人ホームを展開する(株)アライブメディケアは、セコムグループの介護付有料老人ホームとして10カ所目となる「アライブ品川大井」を竣工、2月1日から開設、サービスを開始しました。

 セコムがメディカル事業で培ってきた経験とノウハウを活かして開設する「アライブ品川大井」は、厚生労働省が推進する、高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、地域が一体となり支援する「地域包括ケアシステム(※)」の構築に貢献する、新しい形の介護付有料老人ホームです。

 セコムでは、「セキュリティ」「超高齢社会」「災害・BCP・環境」という3つの分野で、社会の不安や日常の困りごとをグループの総力を挙げて解決すべく、セキュリティ、防災、メディカル、保険、地理情報サービス、情報通信、不動産、7つの事業分野でさまざまなシステムやサービスを開発し、提供しています。
 その事業の1つであるメディカル事業では、1991年に日本初の民間企業による本格的な訪問看護サービスと薬剤提供サービスの提供を開始して以来、シニアレジデンスや介護付有料老人ホーム、医療・介護・健康・予防サービスを展開してきました。

 今回開設した「アライブ品川大井」では、セコムがこれまで培ってきたセキュリティのノウハウと、高齢者医療・介護のノウハウを融合させ、「安全・安心」で充実した介護サービスを提供します。さらに、地域とのつながりを重視し、医療機関や高齢者支援機関、商業施設などと連携して、ご入居者がより豊かな生活を送ることができる介護付有料老人ホームを実現します。

 具体的には、地域の総合病院と連携し、日々の健康管理から訪問診療、救急医療まで、地域の医療が継続して受けられるような環境を提供します。また、地域の百貨店と連携し、百貨店の循環バスの停留所を設置したり、大田区の地域包括支援センターや品川区の成年後見センターなど、地域の高齢者支援機関と連携し、ご入居者が地域とのつながりを維持しながら、地域の中で「安全・安心」かつ充実した生活を送ることを支援していきます。

■「アライブ品川大井」の特長

1.セコムのセキュリティを導入した「安全・安心」の施設
 (1)ICタグを使い、徹底した出入管理を実施
 (2)侵入異常・火災の発生や予兆をセコムが画像で見守る
 (3)「セコムAEDパッケージサービス」を設置
 (4)「セコム安否確認サービス」で事業継続計画(BCP)体制を構築

2.地域の総合病院と連携、充実した医療連携体制を構築
 大田区大森北にある社会医療法人財団仁医会牧田総合病院と連携。月2回の訪問診療を行うほか、「アライブ品川大井」内で年2回の健康診断を実施し、日々の健康管理を支援します。
 牧田総合病院との連携のもとで、健康管理から救急搬送、入院した際の回復期リハビリテーションまで、充実した医療連携体制を構築します。

3.ご入居者と地域とのつながりを重視し、充実した生活をサポート
 (1)地域の窓口となる専任スタッフを配置
 (2)ご入居者や地域住民の方のお買い物をサポート
 (3)「おおた高齢者見守りネットワークみまーも」、品川成年後見センターと連携、高齢者が安心した暮らしを送れるよう支援

「アライブ品川大井」では、地域の医療機関、商業施設、行政の地域包括支援センター、成年後見センターと連携し、介護サービスだけでなく、さまざまな面からご入居者の充実した生活をサポートします。地域と密接に連携し、「地域包括ケアシステム」の構築の一翼を担う介護付有料老人ホームを実現します。

■「アライブ品川大井」概要

・敷地面積  1221.67平方メートル
・建物概要  延床面積:2,306.75平方メートル/鉄筋コンクリート造/地上5階建てのうち1〜4階部分/事業主体賃借(所有(株)荒井商店)
・開設  2015年2月1日
・居室概要  居室数:58室 定員58人
        全室個室、介護ベッド、トイレ、洗面台、家具、エアコン、
        緊急通報装置設置
・共用施設  リビング・ダイニング、浴室、トイレ、ファミリーリビングルーム、健康管理室、ケアステーション、ロビー、事務室、理容室、応接室、多目的室、ラウンジ、自走式駐車場 4台

※地域包括ケアシステム
高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう支援する、地域の包括的な支援・サービス提供体制のこと。厚生労働省が推進しており、2025年までの構築が目指されている。

「アライブ品川大井」の外観

「アライブ品川大井」の外観


「アライブ品川大井」1F多目的室

「アライブ品川大井」1F多目的室


「アライブ品川大井」のモデルルーム(居室タイプA:18.00m2)

「アライブ品川大井」のモデルルーム
(居室タイプA:18.00m2)

セコム株式会社
コーポレート広報部

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ