セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > セコムがサイバー犯罪対策新組織
「日本サイバー犯罪対策センター(JC3)」に参画


金曜コラム セコムニュース

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

金曜コラム セコムニュース

セコムがサイバー犯罪対策新組織
「日本サイバー犯罪対策センター(JC3)」に参画

 セコムは、日本版NCFTAとして11月13日(木)から業務を開始した、サイバー空間の脅威に対処するための非営利団体「一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター(Japan Cybercrime Control Center、以下JC3)」に、セキュリティ企業として、参画することになりました。

 NCFTA(National Cyber-Forensics & Training Alliance)とは、アメリカでFBIなどの法執行機関や民間企業、学術機関を構成員として設立された非営利団体のことです。産学官で協力してサイバー犯罪に関する情報の集約、分析、捜査機関の職員に対するトレーニングなどを実施しています。

 昨今のサイバー空間の脅威の深刻化や複雑化に対処するためには、脅威に関する情報やその動向をグローバルな視点で把握することが重要です。それができる産業界、情報通信技術に関わる研究開発などを通じて最先端の知識とノウハウを蓄積する学術研究機関、そして犯罪者の取締りを担う捜査機関との間での柔軟な情報共有や深い分析が必要不可欠となります。

 JC3は2013年、政府の情報セキュリティ政策会議で決定したサイバーセキュリティ戦略において、“日本版NCFTA”として産学官が同じ場を共有する目的で創設されました。産学官それぞれが持つサイバー空間の脅威への対処経験などを蓄積・共有するとともに、警察による捜査権限のより効果的な行使をはじめとする、脅威への先制的・包括的な対応を可能とした、新たな連携の枠組みです。

 セコムはこれからもJC3の活動を通して、サイバー攻撃に対する社会的な対処力向上を図り、「安全・安心」な社会の実現に貢献していきます。

セコム株式会社
コーポレート広報部

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • あんしん介護のススメ
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ