セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 2003年 日本初の顔検知機能を内蔵した「セキュリフェースインターホン」を開発・発売


木曜コラム セコム50年の歩み

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

木曜コラム セコム50年の歩み

2003年 日本初の顔検知機能を内蔵した「セキュリフェースインターホン」を開発・発売

 たとえば、宅配業者を装って押し入る。たとえば、インターホンで在宅か否かを確認してから忍び込む。こうした悪質で巧妙な犯罪に対抗するために開発・発売したのが、わが国初の顔検知機能を内蔵したインターホン「セキュリフェースインターホン」です。

 顔検知機能を内蔵することで、インターホンを押す人物の顔がヘルメットなどで隠蔽(いんぺい)されている、あるいは姿が全く映っていないなど、インターホンが顔を検知できない場合、「不審者」と判断して親機のチャイム音を鳴らさない、あるいは別の音で家人に注意喚起することができます。

 その仕組みは次の通りです。
 まず来訪者の有無を判断します。「来訪者あり」の場合、顔の「隠蔽なし」(顔がはっきり映っている)であれば、親機のチャイム音が鳴ります。

 もし「隠蔽あり」(ヘルメットや帽子やマスクなどで顔がよくわからない)であれば、「不審者」と判断し、来訪者に向かって「もう一度ボタンを押してください」という音声メッセージが流れ、親機のチャイム音は鳴らない、または別の音でお知らせします。

 音声メッセージは従来のインターホンにはない機能であり、一定のけん制効果が期待でき、犯罪の未然防止につながります。

 一方、「来訪者なし」の場合、顔が映らないようにカメラの死角に隠れていると判断し、親機のチャイム音は鳴りません。鳴らさないか、別の音でお知らせするのは、チャイム音が鳴ったのにモニターに姿が映っていないと、つい気になって玄関を開けてしまい、強盗に押し入られる危険性があるからです。

 インターホン子機は屋外設置となるため、カメラ画像が日照や天候の影響を受けやすく、画像の品質は不安定で、従来の画像処理では顔を検知するのは難しいものでした。このため、「セキュリフェースインターホン」の開発に当たっては、開発センターで培った屋外センシングのノウハウとIS研究所の画像処理技術を融合させて、検知性能の安定化を追求し、実用化しました。

セキュリフェースインターホン」は、「セサモ-ID」同様、セコムの画像処理技術の結晶と言える、セコムだからこそ実現できたシステムの一つなのです。

(参考)
顔検知機能付き画像監視システム「セキュリフェースインターホン」
映像モニター付きインターホン「セサモFシリーズ」
セコム防犯・防災用語集
(関連記事)
"全体像"で理解する読み解くセコム50年の歩み
(参考)

セコム株式会社
コーポレート広報部

「セキュリフェースインターホン」

「セキュリフェースインターホン」



月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ