セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 犯罪数が減少しても、治安は悪い?


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

犯罪数が減少しても、治安は悪い?

  昨年の犯罪状況が警察庁から発表され、各紙にその概要が掲載されました。それによると、2012年の刑法犯の認知件数は138万2154件となり、戦後最多となった2002年の285万件から半分にまで下がったことになります。2002年より以前で、昨年と同水準の認知件数だったのは、1980年の136万件が最も近い数字です。したがって、ほぼ20年で倍増して、10年で半減したことになります。

窃盗犯の減少が効果を発揮
 窃盗犯の件数は、刑法犯全体の75%を占めます。ここ数年、その窃盗犯の減少割合が増えています。2008年の対前年比は4.0%減でしたが、2009年は5.3%減、2010年と2011年が6.6%減と推移し、2012年には8.2%減となりました。このように、窃盗犯の件数が年を追うごとに減ったことで、性犯罪などごく一部の犯罪の件数が増加したものの、全体として犯罪件数は減少傾向となりました。

伸び悩む検挙率
 このように、この10年の間に、犯罪件数は減ってきています。しかし、検挙率という観点では、2006年頃から伸び悩みが続いています。かつては6割ほどあった検挙率が、平成の時代に入ったころから低下し始めました。右の図のように、2001年に19.8%という史上最低の数字となった後、改善傾向が続きましたが、2006年に30%台に入ってからは、あまり変わっていません。

体感治安はいつ回復する?
 犯罪件数は確実に減少しているにもかかわらず、体感治安について論ずると、良くなっていないとよく言われます。その要因のひとつに、検挙率の低迷があるのかもしれません。警察官の増員などで対応を進めていますが、犯罪の複雑化や巧妙化にともない、簡単には検挙率は上がってきていないのが現状です。まずは、地域での防犯活動や、各自の防犯意識の向上を通じて、自分の街は自分で守るという気持ちを持つことが必要です。


セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
濱田宏彰

刑法犯の検挙率と認知件数の推移(警察庁)

刑法犯の検挙率と認知件数の推移
(警察庁)

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ