セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 万が一に備える「セコムAEDパッケージサービス」


火曜コラム セコム商品ニュース

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

火曜コラム セコム商品ニュース

万が一に備える「セコムAEDパッケージサービス」

 2004年にAEDが一般の方でも使用できるようになってから、医療機関のみならず、駅、空港、学校などの公共施設を中心に、急速な普及をしておりさまざまな場所で見かけるようになりました。

 AED(Automated External Defibrillator)とは、日本語で「自動体外式除細動器」といわれています。「心室細動(しんしつさいどう)」と呼ばれる心臓が痙攣(けいれん)して血液が送り出せない状態になったときに、電気ショックを与え心臓の状態を正常にする医療機器です。セコムでも2004年9月から「セコムAEDパッケージサービス」を販売開始しています。「セコムAEDパッケージサービス」は、お客さまの手をわずらわせないAEDのレンタルサービスを基本としています。何かあった際にはお客様サービスセンターが24時間休みなくお客さまをサポートします。

 今回の現場レポートでは、AEDや食事支援ロボット「マイスプーン」などさまざまな商品の販売促進を行っている特品部を訪ね、内田睦己さんに話しを伺いました。内田さんはセコムにして入社6年のキャリアを持ち、入社半年後から現在までAEDに関わっています。

Q.担当されているお仕事を教えてください。
 今の部署に配属される前は、資材部門でAEDの納期の調整など、AEDを安定供給するための業務に取り組んでいました。現在は、AEDの販売計画や事業所からの問い合わせなど、お客さまへAEDを販売するところから、その後のフォローまでAEDに関わるほとんどのことを担当しています。
 AEDは事業が開始され8年になるのですが、初期に納品したAEDが有効期限切れになる時期であり、現在のそのための準備をしています。私は入社してからほとんどの期間をAEDに携わってきました。多くのAEDでの貢献事例を見聞きするたびに、今まで救えなかった命を救うことができるAEDというサービスに関われたことが私の誇りとなっています。

Q.仕事で心がけていることを教えてください。
 いつも人に対して丁寧でやさしい対応を心がけています。私の仕事は直接お客さまと会話することはあまりないのですが、事業所からの問い合わせも私が丁寧に対応することで、その気持ち良さがお客さまへのレスポンスとなり、お客さまの満足度向上につながっていくのだと思います。
 また、ここ数年でAEDの普及が進んできましたが、まだいつでも、どこでもAEDが使用できるという環境にはありません。私にはAEDを社会に普及する使命があります。ですから、私の一つ一つの丁寧な仕事がAEDを社会に広めるための一部なんだと思っています。「AEDのことなら内田さん」と言われるような仕事をしたいと思っています。

Q.セコムAEDパッケージの特長を教えてください。
「セコムAEDパッケージサービス」はレンタル方式を採用しています。レンタル方式のメリットとしては、AEDに付属している電極パッドなど消耗品も、セコムから自動的にお届けし交換忘れを防ぎます。
 また、万が一AEDを使用した場合には、電極パッドやバッテリーの交換を行う必要がありますが、セコムに連絡をいただくことで、ただちに代替品を送ります。さらに、万一の盗難、破損、故障時でも無料で交換可能なので安心です。

 幅広いラインアップもセコムの強みだと思っています。現在、通常のAEDとして3タイプを用意しています。たとえば商業施設などでは、お子さまがいることを考えて、スイッチ一つで子ども用のAEDになるタイプや耳の聞こえない方には、液晶画面のAEDなどお客さまのご利用するシーンに合わせてAEDをお選びいただけるようになっています。
 また、AEDをオンラインで管理できる「セコムAEDオンライン管理サービス」など、万全の安心をご提供できるようにサービス展開の幅も広がっています。

Q.今後の抱負を教えてください。
「セコムAEDパッケージサービス」は、現在、6万6千件のお客さまにご利用いただいています。また、セコムのAEDを使用して500名の尊い命を救うことができました。
 セコムでは、AEDを設置した施設にステッカーを付けていただいているのですが、そのステッカーが増えれば増えるほど、それが人の命を救うことができる指標になると思うんです。実は、私はセコムの赤いステッカーを見てセコムに入社を決めたのですが、今度はAEDのステッカーで街を真っ赤にしたいと思っています。

  (参考)
・「セコムAEDパッケージサービス」
・「セコムAEDオンライン管理サービス」

セコム株式会社
コーポレート広報部

本社特品部内田睦己さん)

本社特品部
内田睦己さん




「セコムAEDパッケージサービス」

「セコムAEDパッケージサービス」




セコムのAEDステッカーは救命の道しるべ

セコムのAEDステッカーは
救命の道しるべ

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ