セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 日本初の新型ホームセキュリティで安全を生み出すセコム開発センター


火曜コラム セコム商品ニュース

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

火曜コラム セコム商品ニュース

日本初の新型ホームセキュリティで安全を生み出すセコム開発センター

 セコムの開発センターは、セキュリティの基幹となる技術やシステムの開発を行っています。同センターでは、社会のニーズを先取りしたシステム、独創性のあるシステム、信頼性の高いシステムの開発に取り組んでいます。家庭用から大規模施設向けまでの安全システム、センサー開発、出入管理システム、監視カメラシステム、消火システムなど、社会のニーズにあったシステムや商品を次々に生み出しています。

 今回の「現場レポート」では、開発センターを訪ね、ホームシステムGの小原 太チーフエンジニアに話を聞きました。小原チーフは、セコムに入社して16年目を迎えます。セキュリティスタッフを経験後、開発センターに配属され、機器の品質管理や企業向けセキュリティシステムの開発など幅広いシステムの開発を手がけてきました。現在は、ホームシステムグループに所属し、ご家庭向けセキュリティシステムの開発に携わっています。

Q.現在の担当されているお仕事を教えてください。
 私は、12月15日に発売された新型ホームセキュリティ「セコム・ホームセキュリティ G-カスタム」の開発に携わっています。新型ホームセキュリティは、従来のセキュリティ機能に加え、個人情報やさまざまな暮らしに役立つ機能も搭載されました。
 私はもともと、企業向けオンライン・セキュリティシステムの開発を担当してましたが、ホームセキュリティの開発を担当するようになり、最初に手掛けたのが「セコム・ホームセキュリティ グランデ」という2世帯住宅などの比較的大きな住居向けのホームセキュリティでした。「グランデ」はシステムとしての規模も大きくなったので、企業向けのシステムで培った経験が少なからず生かされたのではないかと思っています。

 今回の新型ホームセキュリティは、企業向けオンライン・セキュリティシステムと「セコム・ホームセキュリティ グランデ」という何でもできるホームセキュリティのノウハウを生かしつつも、「セコム・ホームセキュリティ カスタム」をベースに個人情報のお預かりや便利機能という新たなコンセプトを盛り込み、新たに生まれたシステムになります。

Q.新型ホームセキュリティの特長を教えてください。
 まず、大きな特長の一つとして「ホームモニター機能」があげられます。センサー、ライト、監視カメラが一体となった「センサーライトカメラ」をホームセキュリティに付加することで、カメラが撮影・録画した映像をホームコントローラーで確認できます。監視カメラとホームコントローラーの間は、無線方式を採用しており、工事費用や別のモニターを購入しなければならないというコストも低減できます。
 また、東日本大震災の影響で多くの方が、家族の写真や身分証明書、通帳、服用中の薬などの情報を失ってしまったという声を取り入れ、お客さまの個人情報をセコムの情報系グループ会社であるセコムトラストシステムズ(株)が運営する「セキュアデータセンター」でお預かりする機能も付加しました。
 さらに、セコムグループやセコムが提携する企業によるさまざまなサービスを安心してご利用いただける「オンライン便利機能」や、暮らしをより便利にする機能として、「データ共有機能」や「伝言メモ機能」、「フォトフレーム機能」なども新たに追加した画期的なホームセキュリティとなっています。

Q.今回の開発でこだわった部分は、どのような点でしょうか。
 一番にホームセキュリティを導入したお客さまの安全がしっかり守れること。当たり前ですが、この機能は従来のホームセキュリティ同様、もっとも重要視され設計されています。また、ホームセキュリティはさまざまな方が簡単、且つ安心して操作できなければなりません。今回のホームセキュリティでは、表示される文字の大きさや色、デザインなど、お客さまが機器を操作するところをイメージしながら細部にまでこだわりを持って開発しました。
 さらに便利機能である各機能は、ホームセキュリティが防犯ということだけではなく、普段の生活の中でも役立つことをめざして開発しています。

Q.今後の抱負を教えてください。
 私は開発職という立場でもあり、「いいものを創りたい」といつも思っています。私たちの作り出す機器は単なる機器ではなく、お客さまを安全にする、社会を安全するというコンセプトがあります。このコンセプトの実現に向けてどこまで自分を追い込んでいけるかが、商品化の生命線なのだと思っています。
 今回の開発においても確かに苦労はありました。しかし、その苦労が一件一件のお客さまの安全をきっと守ってくれるものと信じています。これからも世の中にない先進的で独創的なシステムを開発し、社会の安全、安心化をめざしていきます。

(参考)

・"全体像"で理解する現場レポート

セコム株式会社
コーポレート広報部

技術開発本部 開発センター ホームシステムG 小原 太チーフエンジニア

技術開発本部 開発センター
ホームシステムG
小原 太チーフエンジニア




月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ