セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 住宅に関する侵入犯罪って何? (その1) 〜侵入窃盗〜


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

住宅に関する侵入犯罪って何? (その1) 〜侵入窃盗〜

 先日、2010年の犯罪についてまとめた「平成22年の犯罪情勢」が警察庁から発表になりました。今回と次回のコラムは、この中から住宅に侵入される犯罪について見てみようと思います。

 住宅で起こる犯罪で真っ先に思い浮かぶのは住宅侵入盗、いわゆる泥棒です。昨年1年間に発生した住宅侵入盗は7万8592件です。犯罪件数がピークとなっていた2003年頃に比べると、11万件以上も減っています。

 ところで、泥棒はどこから入ってきたのでしょうか。皆さんが普段、出入りするのは玄関だと思いますが、泥棒が最もよく使う出入口は窓です。戸建ての場合は61%の泥棒が窓から侵入しています。4階建て以上のマンションの場合は55%、3階建て以下のマンションの場合は64%となっています。

 2009年の統計と比べると、戸建てもマンションも窓からの割合がわずかですが増えています。窓からの侵入を阻止するためにも、補助錠も組み合わせて、しっかりと施錠をしていただきたいと思います。

 次に、侵入の手口という観点で泥棒を見てみます。最近、多い手口は無施錠個所からの侵入です。以前は、「無施錠」は「ガラス破り」に次ぐ2位というのが定位置でした。
 ところが、戸建てを例に取ると、2009年、2010年は1位となっています。4階建て以上のマンションも1位と2位は、戸建ての順位と同じですが、3階建て以下のマンションでは、「ガラス破り」「無施錠」の順番になっています。

 もう少し細かく見てみましょう。右の図は、戸建てにおける、ガラス破り侵入はどこが多かったのか(上)、無施錠侵入はどこが多かったのか(下)を示したものです。ガラス破りで侵入された場所を見ると、やはり窓がほとんどです。
 一方、無施錠侵入の半分ほどは、窓となっています。統計上は表出入口となっている玄関は2番目となっています。マンションについても傾向は同じで、窓が大半を占めています。カギのかけ忘れというと玄関を思い浮かべそうですが、窓の方も忘れずに施錠していただきたいと思います。


セコムIS研究所
セキュリティコンサルティンググループ
濱田宏彰

無施錠侵入された場所別の割合  
無施錠侵入された場所別の割合
(警察庁)
月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ